ユーザー ログオフ スクリプトを割り当てる

適用対象: Windows 7, Windows Server 2008 R2

ユーザー ログオフ スクリプトを割り当てるには
  1. ローカル グループ ポリシー エディターを開きます。

  2. コンソール ツリーで、[スクリプト (ログオン/ログオフ)] をクリックします。パスは、ユーザーの構成\Windows の設定\スクリプト (ログオン/ログオフ) です。

  3. 結果ウィンドウで、[ログオフ] をダブルクリックします。

  4. [ログオフのプロパティ] ダイアログ ボックスの [追加] をクリックします。

  5. [スクリプトの追加] ダイアログ ボックスで、次の操作を行います。

    • [スクリプト名] で、スクリプトのパスを入力するか、[参照] をクリックして、ドメイン コントローラーの Netlogon 共有フォルダーにあるスクリプト ファイルを検索します。

    • [スクリプトのパラメーター] で、コマンド ラインに入力するときと同じ方法で必要なパラメーターを入力します。たとえば、スクリプトに //logo (バナーの表示) および //I (インタラクティブ モード) というパラメーターを含める場合は、「//logo //I」と入力します。

  6. [ログオフのプロパティ] ダイアログ ボックスで、次のオプションから必要なものを指定します。

    • [ログオフ スクリプト (<グループ ポリシー オブジェクト>)]。選択したグループ ポリシー オブジェクト (GPO) に現在割り当てられているすべてのスクリプトの一覧が表示されます。複数のスクリプトを割り当てると、指定した順番でスクリプトが処理されます。一覧でスクリプトを上へ移動するには、そのスクリプトをクリックし、[上へ] をクリックします。一覧でスクリプトを下へ移動するには、そのスクリプトをクリックし、[下へ] をクリックします。

    • [追加]。[スクリプトの追加] ダイアログ ボックスが開きます。このダイアログ ボックスで、使用する追加スクリプトを指定できます。

    • [編集]。[スクリプトの編集] ダイアログ ボックスが開きます。このダイアログ ボックスで、名前やパラメーターなどのスクリプト情報を変更できます。

    • [削除]。[ログオフ スクリプト] ボックスの一覧から、選択したスクリプトが削除されます。

    • [ファイルの表示]。選択した GPO に保存されているスクリプト ファイルが表示されます。

その他の考慮事項

  • この手順を完了するには、GPO を編集するための [設定の編集] アクセス許可が必要です。既定の設定では、Domain Administrators セキュリティ グループ、Enterprise Administrators セキュリティ グループ、または Group Policy Creator Owners セキュリティ グループのメンバーには、GPO を編集するための [設定の編集] アクセス許可が与えられています。

  • ログオフ スクリプトは、管理者としてではなくユーザーとして実行されるので、権利は制限されています。

  • ログオフ スクリプトを同期的に実行するように設定すると、ログオフ プロセスの速度が遅くなる可能性があります。

  • ローカル グループ ポリシー エディターおよびポリシーの結果セット スナップインは、Windows Server 2008 R2、Windows 7 Professional、Windows 7 Ultimate、および Windows 7 Enterprise で使用できます。詳細については、http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=139815を参照してください。

その他の参照情報

コミュニティの追加

追加
表示: