この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Wbadmin

コマンド プロンプトで、オペレーティング ・ システム、ボリューム、ファイル、フォルダー、およびアプリケーションを復元することができます。

定期的にスケジュール バックアップを構成するには、 Administratorsグループのメンバーでする必要があります。 このコマンドで他のすべてのタスクを実行するには、 Backup OperatorsAdministratorsグループのメンバーでする必要がありますまたはがあります、適切なアクセス許可を委任します。

Wbadmin Wbadmin を管理者特権でコマンド プロンプトから実行する必要があります。 (管理者特権のコマンド プロンプトを開くには、 [スタート] ボタンコマンド プロンプトを右クリックし、[管理者として実行] をクリックします。)

サブコマンド

サブコマンド 説明

wbadmin enable backup

定期的にスケジュールされたバックアップを構成し、有効にします。

このサブコマンドには、Windows Server 2008 と Windows Server 2008 R2 のバージョンにのみ適用されます。

Wbadmin disable backup

毎日バックアップを無効にします。

このサブコマンドには、Windows Server 2008 と Windows Server 2008 R2 にのみ適用されます。

wbadmin start backup

1 回限りのバックアップを実行します。 パラメーターなしで使用する場合は、日単位のバックアップ スケジュールの設定を使用します。

Wbadmin stop job

現在進行中のバックアップもしくは回復の操作を停止します。

Wbadmin get versions

ローカル コンピューターまたは他のコンピューターに格納されている、回復可能なバックアップの詳細情報を一覧表示します。

Wbadmin get items

バックアップに含まれる項目の一覧が表示されます。

Wbadmin start recovery

ボリューム、アプリケーション、ファイル、または指定したフォルダーのリカバリを実行します。

このサブコマンドには、Windows Server 2008 と Windows Server 2008 R2 にのみ適用されます。

Wbadmin get status

現在バックアップを実行して、回復操作の状態を示しています。

Wbadmin get disks

現在オンラインのディスクの一覧が表示されます。

このサブコマンドには、Windows Server 2008 と Windows Server 2008 R2 にのみ適用されます。

Wbadmin start systemstaterecovery

システム状態の回復を実行します。

このサブコマンドには、Windows Server 2008 と Windows Server 2008 R2 にのみ適用されます。

Wbadmin start systemstatebackup

システム状態のバックアップを実行します。

このサブコマンドには、Windows Server 2008 と Windows Server 2008 R2 にのみ適用されます。

Wbadmin delete systemstatebackup

1 つまたは複数のシステム状態のバックアップを削除します。

このサブコマンドには、Windows Server 2008 と Windows Server 2008 R2 にのみ適用されます。

Wbadmin start sysrecovery

完全なシステム (オペレーティング システムの状態を含むには、少なくともすべてのボリューム) の回復を実行します。 このサブコマンドは、Windows Server 2008 と Windows Server 2008 R2 にだけの適用し、Windows 回復環境を使用している場合のみ利用可能です。

Wbadmin restore catalog

指定した保存場所では、ローカル コンピューター上のバックアップ カタログが壊れて 場合は、バックアップ カタログを回復します。

このサブコマンドには、Windows Server 2008 と Windows Server 2008 R2 にのみ適用されます。

Wbadmin delete catalog

ローカル コンピューター上のバックアップ カタログを削除します。 このサブコマンドは、このコンピューター上のバックアップ カタログが破損しており、さらに別の場所に保存されているバックアップからもカタログを復元することができない場合にのみ使用してください。

このサブコマンドには、Windows Server 2008 と Windows Server 2008 R2 にのみ適用されます。

解説

wbadmin コマンドは、以前のバージョンでリリースされた ntbackup コマンドを置き換えます。 ntbackup で作成したバックアップを wbadmin を使用して回復することはできません。 ただし、 ntbackupのバージョンは、 ntbackupを使用して作成したバックアップを復元する Windows Server 2008、Windows Vista、Windows Server 2008 R2 または Windows 7 のユーザー向けのダウンロードとして利用可能です。 このダウンロード可能なバージョンのntbackupの従来のバックアップ、リカバリを実行することができ、Windows Server 2008、Windows Vista、Windows Server 2008 R2 または Windows 7 を実行しているコンピューターに新しいバックアップを作成するのには使用できません。 このバージョンのntbackupをダウンロードするを参照してください。 http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=82917 . クリックしてこのダウンロードを使用しての詳細についてを参照してください。 記事 974674 Microsoft Knowledge Base (記事 160324LinkId 194761 =)。

その他の参照

コミュニティの追加

追加
表示: