この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Sc

サービス コント ローラーおよびインストールされているサービスと通信します。 SC.exe のプログラムと同様に、コントロール パネルサービスで提供される機能を提供します。

コマンドを次の表のいずれかの構文については、コマンドの名前をクリックします。

Sc コマンド

Sc コマンド 説明

Sc boot

最後のブートを前回の正常なブート構成として保存かどうかを示します。

Sc config

サービスのエントリ、レジストリおよびサービス コントロール マネージャーのデータベースの値を変更します。

Sc continue

一時停止中のサービスを続行の制御要求を送信します。

Sc control

コントロールをサービスに送信します。

Sc create

サブキーとエントリをレジストリおよびサービス コントロール マネージャーのデータベースを作成します。

Sc delete

レジストリから、サービスのサブキーを削除します。

Sc description

サービスの説明の文字列を設定します。

Sc enumdepend

指定されたサービスが実行されていない限り、実行できないサービスの一覧が表示されます。

Sc failure

特定のサービスに障害が発生したときに実行する 1 つまたは複数のアクションを指定します。

Sc failureflag

エラーの結果として、サービスを停止したときの回復操作をトリガーするかどうかを指定します。

Sc getdisplayname

特定のサービスに関連付けられた表示名を取得します。

Sc getkeyname

表示名を入力として使用して、特定のサービスに関連付けられたキーの名前を取得します。

Sc interrogate

サービスに INTERROGATE 制御要求を送信します。

Sc lock

サービス コントロール マネージャーのデータベースをロックします。

Sc pause

サービスに PAUSE 制御要求を送信します。

Sc qc

サービスの構成情報を照会します。

Sc qdescription

サービスの説明文字列が表示されます。

Sc qfailure

指定されたサービスが失敗した場合に実行されるアクションを表示します。

Sc query

取得し、指定されたサービス、ドライバー、サービスの種類、またはドライバーの種類に関する情報が表示されます。

Sc queryex

取得し、指定されたサービス、ドライバー、サービスの種類、またはドライバーの種類に関する詳細情報が表示されます。

Sc querylock

クエリし、サービス コントロール マネージャーのデータベースのロック状態を表示します。

Sc sdset

セキュリティ記述子定義言語 (SDDL) を使用して、サービスのセキュリティ記述子を設定します。

Sc sdshow

SDDL を使用して、サービスのセキュリティ記述子を表示します。

Sc start

サービスを開始します。

Sc stop

サービスに STOP 制御要求を送信します。

解説

  • SC.exe は、取得し、サービスに関する制御情報を設定します。

  • テストおよびサービス プログラムをデバッグするのには、SC.exe を使用できます。

  • サービス アプリケーションがブート時に起動してバック グラウンド プロセスとして実行することができますどのように制御する、レジストリに格納されているサービスのプロパティを設定できます。

  • 特定のサービスの構成、サービスの現在のステータスを取得し停止してサービスを開始するには、SC.exe のパラメーターを使用できます。

  • サービスの起動時またはシャット ダウン シーケンスを自動化するために、さまざまな SC.exe コマンドを呼び出すバッチ ファイルを作成することができます。

コミュニティの追加

追加
表示: