ゾーンのエージングと清掃のプロパティを設定する

適用対象: Windows Server 2008, Windows Server 2008 R2

DNS サーバー サービスは、エージング機能と清掃機能をサポートしています。これらの機能は、時間の経過に伴ってゾーン データに蓄積される、古くなったリソース レコードの清掃と削除を実行するためのメカニズムを提供します。次の手順を使用して、指定のゾーンについて、エージングと清掃のプロパティを設定できます。

この手順を実行するためには、Administrators グループのメンバーシップ、またはそれと同等のメンバーシップが最低限必要です。 適切なアカウントおよびグループ メンバーシップの使用の詳細については、http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=83477 をご確認ください。

ゾーンのエージングと清掃のプロパティを設定する

Windows インターフェイスを使用してゾーンのエージングと清掃のプロパティを設定するには
  1. DNS マネージャーを開きます。

  2. コンソール ツリーで該当するゾーンを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

  3. [全般] タブで [エージング] をクリックします。

  4. [古いリソース レコードの清掃を行う] チェック ボックスをオンにします。

  5. 必要に応じて他のエージングおよび清掃のプロパティを変更します。

その他の考慮事項

  • DNS マネージャーを開くには、[スタート] ボタンをクリックして [管理ツール] をポイントし、[DNS] をクリックします。

コマンド ラインを使用してゾーンのエージングと清掃のプロパティを設定するには
  1. コマンド プロンプトを開きます。

  2. 次のコマンドを入力して、Enter キーを押します。

    dnscmd <ServerName> /Config <ZoneName> {/Aging <Value>|/RefreshInterval <Value>|/NoRefreshInterval <Value>}
    

 

パラメーター 説明

dnscmd

DNS サーバーの管理用コマンド ライン ツールの名前を指定します。

<サーバー名>

必須です。DNS サーバーのドメイン ネーム システム (DNS) ホスト名を指定します。DNS サーバーの IP アドレスを入力することもできます。ローカル コンピューター上の DNS サーバーを指定するには、ピリオド (.) を入力することもできます。

/Config

必須です。コマンドにより、指定されたゾーンが構成されることを指定します。

<ゾーン名>

必須です。エージングと清掃を設定するゾーンの名前を指定します。

/Aging

必須です。ゾーンのエージングを有効にします。

/RefreshInterval

必須です。清掃を有効にしたゾーンの更新間隔を指定します。

/NoRefreshInterval

必須です。清掃を有効にしたゾーンの非更新間隔を指定します。

<値>

必須です。/Aging では、エージングを有効にする場合は「1」を入力します。エージングを無効にする場合は「0」を入力します。/RefreshInterval の値は時間で入力します。既定の設定は 168 時間 (1 週間) です。/NoRefreshInterval の値は秒で入力します。標準設定は、3600 秒 (1 時間) です。

このコマンドの完全な構文を表示するには、コマンド プロンプトで次のように入力し、Enter キーを押します。

dnscmd /Config /help 

その他の考慮事項

  • 高度なコマンド プロンプト ウィンドウを開くには、[スタート]、[すべてのプログラム]、[アクセサリ] の順にクリックし、[コマンド プロンプト] を右クリックして、[管理者として実行] をクリックします。

その他の参照情報

コミュニティの追加

追加
表示: