DiskPart

更新日: 2005年1月

適用対象: Windows Server 2003, Windows Server 2003 R2, Windows Server 2003 with SP1, Windows Server 2003 with SP2

DiskPart

DiskPart.exe は、スクリプトを使用するか、コマンド プロンプトから直接入力して、オブジェクト (ディスク、パーティション、またはボリューム) を管理することができるテキスト モードのコマンド インタープリタです。DiskPart.exe コマンドを使用するためには、まず、フォーカスを与えるオブジェクトの一覧を表示し、オブジェクトを選択する必要があります。入力したすべての DiskPart.exe コマンドは、フォーカスを持つオブジェクトに対して動作します。

list disklist volume、および list partition を使用すると、利用可能なオブジェクトを一覧表示して、オブジェクトの番号またはドライブ文字を調べることができます。list disk コマンドと list volume コマンドは、コンピュータ上のすべてのディスクとボリュームを表示します。ただし、list partition コマンドは、フォーカスのあるディスク上のパーティションだけを表示します。list コマンドを使用する場合は、フォーカスのあるオブジェクトの横にアスタリスク (*) が表示されます。ディスク 0、パーティション 1、ボリューム 3、またはボリューム C などの番号またはドライブ文字でオブジェクトを選択します。

オブジェクトを選択すると、別のオブジェクトを選択するまで、フォーカスはそのオブジェクトにあります。たとえば、フォーカスをディスク 0 に設定してから、ディスク 2 のボリューム 8 を選択すると、フォーカスはディスク 0 からディスク 2 のボリューム 8 に移動します。一部のコマンドは自動的にフォーカスを変更します。たとえば、新しいパーティションを作成すると、フォーカスは自動的に新しいパーティションに切り替わります。

選択したディスクのパーティションだけにフォーカスを与えることができます。パーティションにフォーカスがある場合、関連するボリュームがあれば、そのボリュームもフォーカスを持ちます。ボリュームにフォーカスがある場合、そのボリュームが単一の固有なパーティションにマップされている限り、関連するディスクとパーティションもフォーカスを持ちます。これ以外の場合は、ディスクとパーティションのフォーカスが失われます。

DiskPart コマンド

コマンドの構文を確認するには、次のコマンドをクリックしてください。

active

ベーシック ディスクで、フォーカスのあるパーティションをアクティブとしてマークします。これで、基本入出力システム (BIOS) または拡張ファームウェア インターフェイス (EFI) に、そのパーティションまたはボリュームがそれぞれ、有効なシステム パーティションまたはシステム ボリュームであることが通知されます。

パーティションだけをアクティブとしてマークできます。

重要

  • DiskPart で確認できるのは、パーティションにオペレーティング システムのスタートアップ ファイルを収容できるという点のみです。DiskPart では、パーティションの内容は確認できません。間違ってパーティションをアクティブとしてマークし、その中にオペレーティング システムのスタートアップ ファイルが含まれていない場合は、コンピュータが起動しないことがあります。

構文

active

add disk

フォーカスのあるシンプル ボリュームを、指定されたディスクにミラー化します。

構文

add disk= N [noerr]

パラメータ
N
既存のシンプル ボリュームを含まないディスクを、ミラー収容先のディスクとして指定します。シンプル ボリュームだけをミラー化することができます。指定されたディスクには、少なくともミラー化するシンプル ボリュームのサイズと同じ大きさの未割り当て領域が必要です。

noerr
スクリプト専用です。エラーが発生しても、エラーが発生しなかったかのように DiskPart がコマンドの処理を続けます。noerr パラメータがないと、DiskPart はエラー コードを生成して終了します。

assign

フォーカスのあるボリュームにドライブ文字またはマウント ポイントを割り当てます。ドライブ文字またはマウント ポイントを指定しない場合は、次に利用できるドライブ文字が割り当てられます。ドライブ文字またはマウント ポイントが既に使用されている場合は、エラーが発生します。

assign コマンドを使用すると、リムーバブル ドライブと関連付けられたドライブ文字を変更できます。

システム ボリューム、ブート ボリューム、またはページング ファイルを格納するボリュームにドライブ文字を割り当てることはできません。また、OEM (相手先供給ブランド) パーティション、またはベーシック データ パーティション以外の GUID パーティション テーブル (GPT) のパーティションにもドライブ文字を割り当てることはできません。

構文

assign [{letter=D | mount=Path}] [noerr]

パラメータ
letter= D
ボリュームに割り当てるドライブ文字です。

mount= Path
ボリュームに割り当てるマウント ポイントのパスです。

noerr
スクリプト専用です。エラーが発生しても、エラーが発生しなかったかのように DiskPart がコマンドの処理を続けます。noerr パラメータがないと、DiskPart はエラー コードを生成して終了します。

attributes

選択したボリュームの属性を表示、設定、または解除します。

構文

attributesvolume [{set | clear}] [{hidden | readonly | nodefaultdriveletter | shadowcopy}] [noerr]

パラメータ
attributes volume
選択したボリュームの属性を表示します。

set
指定した属性 (非表示、読み取り専用、既定のドライブ文字なし、またはシャドウ コピー ボリューム) を選択したボリュームで設定します。

clear
指定した属性 (非表示、読み取り専用、既定のドライブ文字なし、またはシャドウ コピー ボリューム ) を選択したボリュームで設定解除します。

hidden
ボリュームを非表示に指定します。

readonly
ボリュームを読み取り専用に指定します。

nodefaultdriveletter
既定では、ボリュームにドライブ文字を割り当てないように指定します。

shadowcopy
ボリュームをシャドウ コピー ボリュームに指定します。

noerr
スクリプト専用です。エラーが発生しても、エラーが発生しなかったかのように DiskPart がコマンドの処理を続けます。noerr パラメータがないと、DiskPart はエラー コードを生成して終了します。

automount

有効の場合 (既定)、Windows は、新しいベーシック ボリュームがシステムに追加されるとそのファイル システムを自動的にマウントし、そのボリュームにドライブ文字を割り当てます。システム エリア ネットワーク構成では、自動マウントを無効にすると、システムに追加された新しいベーシック ボリュームに対して、Windows からファイル システムのマウントやドライブ文字の割り当てを自動的に実行することはできなくなります。

構文

automount [enable] [disable] [scrub] [noerr]

パラメータ
enable
システムに追加された新しいベーシック ボリュームに対して Windows がマウントおよびドライブ文字の割り当てを自動的に行えるようにします。

disable
システムに追加された新しいベーシック ボリュームに対して Windows がマウントを自動的に行えないようにします。

scrub
システムに存在していないボリュームのボリューム マウント ポイント ディレクトリとレジストリ設定を削除します。これにより、以前にシステムに存在したボリュームを再度システムに追加したとき、自動的にボリュームがマウントされて、以前のボリューム マウント ポイントを与えられることがなくなります。

noerr
スクリプト専用です。エラーが発生しても、エラーが発生しなかったかのように DiskPart がコマンドの処理を続けます。noerr パラメータがないと、DiskPart はエラー コードを生成して終了します。

break disk

ダイナミック ディスクだけに適用されます。フォーカスのあるミラー ボリュームを 2 つのシンプル ボリュームに分割します。一方のシンプル ボリュームには、元のドライブ文字とミラー ボリュームのすべてのマウント ポイントが保持されます。もう一方のシンプル ボリュームにはフォーカスが与えられるので、ドライブ文字を割り当てることができます。

既定では、ミラーの両半分の内容が保持されます。それぞれの半分のミラーは、シンプル ボリュームになります。nokeep パラメータを使用すると、ミラーの一方のみがシンプル ボリュームとして保持され、他方は削除されて、空き領域に変換されます。どちらのボリュームもフォーカスされません。

構文

break disk= N [nokeep] [noerr]

パラメータ
N
ミラー ボリュームを格納するディスクを指定します。このディスクにフォーカスが与えますが、ドライブ文字やマウント ポイントは保持されません。指定したディスクが現在のシステム ディスクまたはブート ディスクである場合、コマンドは失敗します。

nokeep
ミラー ボリュームの一方のみを保持し、シンプル ボリューム N を削除して、空き領域に変換することを指定します。ボリュームも空き領域もフォーカスされません。

noerr
スクリプト専用です。エラーが発生しても、エラーが発生しなかったかのように DiskPart がコマンドの処理を続けます。noerr パラメータがないと、DiskPart はエラー コードを生成して終了します。

clean

フォーカスのあるディスクからすべてのパーティション フォーマットまたはボリューム フォーマットを削除します。マスタ ブート レコード (MBR) ディスクでは、MBR パーティション情報と隠しセクタ情報のみが上書きされます。GUID パーティション テーブル (GPT) ディスクでは、プロテクティブ MBR を含む GPT パーティション情報が上書きされます。隠しセクタ情報はありません。

構文

clean [all]

パラメータ
all
ディスク上のすべてのセクタを 0 に設定することを指定します。これにより、そのディスクに格納されているすべてのデータが完全に削除されます。

convert basic

空のダイナミック ディスクをベーシック ディスクに変換します。

重要

  • ダイナミック ディスクに変換するディスクは空であることが必要です。ディスクを変換する前に、データをバックアップしてから、すべてのパーティションまたはボリュームを削除します。

構文

convert basic [noerr]

パラメータ
noerr
スクリプト専用です。エラーが発生しても、エラーが発生しなかったかのように DiskPart がコマンドの処理を続けます。noerr パラメータがないと、DiskPart はエラー コードを生成して終了します。

convert dynamic

ベーシック ディスクをダイナミック ディスクに変換します。ディスク上の既存パーティションがすべてシンプル ボリュームになります。

構文

convert dynamic [noerr]

パラメータ
noerr
スクリプト専用です。エラーが発生しても、エラーが発生しなかったかのように DiskPart がコマンドの処理を続けます。noerr パラメータがないと、DiskPart はエラー コードを生成して終了します。

convert gpt

マスタ ブート レコード (MBR) パーティション スタイルを持つ空のベーシック ディスクを、GUID パーティション テーブル (GPT) パーティション スタイルを持つベーシック ディスクに変換します。

重要

  • GPT ディスクに変換するディスクは空であることが必要です。ディスクを変換する前に、データをバックアップしてから、すべてのパーティションまたはボリュームを削除します。

構文

convert gpt [noerr]

パラメータ
noerr
スクリプト専用です。エラーが発生しても、エラーが発生しなかったかのように DiskPart がコマンドの処理を続けます。noerr パラメータがないと、DiskPart はエラー コードを生成して終了します。

convert mbr

GUID パーティション テーブル (GPT) パーティション スタイルを持つ空のベーシック ディスクを、マスタ ブート レコード (MBR) パーティション スタイルを持つベーシック ディスクに変換します。

重要

  • MBR ディスクに変換するディスクは空であることが必要です。ディスクを変換する前に、データをバックアップしてから、すべてのパーティションまたはボリュームを削除します。

構文

convert mbr [noerr]

パラメータ
noerr
スクリプト専用です。エラーが発生しても、エラーが発生しなかったかのように DiskPart がコマンドの処理を続けます。noerr パラメータがないと、DiskPart はエラー コードを生成して終了します。

create partition efi

Itanium ベースのコンピュータでは、GUID パーティション テーブル (GPT) ディスク上に拡張ファームウェア インターフェイス (EFI) システム パーティションを作成します。パーティションを作成すると、新しいパーティションがフォーカスされます。

構文

create partition efi [size=N] [offset=N] [noerr]

パラメータ
size= N
パーティションのサイズ (MB 単位) です。サイズを指定しないと、現在の空き領域全体がパーティションに割り当てられます。

offset=N
パーティションを作成する位置のバイト オフセットです。オフセットを指定しないと、パーティションを保持する上で十分な大きさを持つ最初のディスク位置にパーティションが配置されます。

noerr
スクリプト専用です。エラーが発生しても、エラーが発生しなかったかのように DiskPart がコマンドの処理を続けます。noerr パラメータがないと、DiskPart はエラー コードを生成して終了します。

create partition extended

現在のドライブ上に拡張パーティションを作成します。パーティションを作成すると、フォーカスは自動的に新しいパーティションに移動します。1 台のディスクには、1 つの拡張パーティションしか作成できません。別の拡張パーティション内に拡張パーティションを作成しようとすると、このコマンドは失敗します。論理ドライブを作成する前に、拡張パーティションを作成する必要があります。

構文

create partition extended [size=N] [offset=N] [noerr]

パラメータ
size= N
拡張パーティションのサイズ (MB 単位) です。サイズを指定しないと、現在の空き領域全体がパーティションに割り当てられます。このサイズは、シリンダ境界で区切られます。つまり、このサイズは最も近いシリンダ境界に丸められます。たとえば、500 MB のサイズを指定すると、パーティションは 504 MB に丸められます。

offset= N
マスタ ブート レコード (MBR) ディスクにのみ適用されます。拡張パーティションを作成する位置のバイト オフセットです。オフセットを指定しないと、パーティションはディスク上の最初の空き領域から開始されます。オフセットは、シリンダ境界で区切られます。つまり、このオフセットは最も近いシリンダ境界に丸められます。たとえば、オフセットを 27 MB に、シリンダ サイズを 8 MB に指定すると、オフセットは 24 MB の境界に丸められます。

noerr
スクリプト専用です。エラーが発生しても、エラーが発生しなかったかのように DiskPart がコマンドの処理を続けます。noerr パラメータがないと、DiskPart はエラー コードを生成して終了します。

create partition logical

拡張パーティション内に論理ドライブを作成します。パーティションを作成すると、フォーカスは自動的に新しい論理ドライブに移動します。

構文

create partition logical [size=N] [offset=N] [noerr]

パラメータ
size= N
論理ドライブのサイズ (MB 単位) です。サイズを指定しないと、現在の空き領域全体がパーティションに割り当てられます。このサイズは、シリンダ境界で区切られます。つまり、このサイズは最も近いシリンダ境界に丸められます。たとえば、500 MB のサイズを指定すると、パーティションは 504 MB に丸められます。

offset= N
マスタ ブート レコード (MBR) ディスクにのみ適用されます。論理ドライブを作成する位置のバイト オフセットです。オフセットは、シリンダ境界で区切られます (つまり、オフセットは使用するシリンダ サイズを完全に占有するように丸められます)。オフセットを指定しないと、パーティションを保持する上で十分な大きさを持つ最初のディスク位置にパーティションが配置されます。パーティションは、少なくとも size=N に指定した大きさになります。論理ドライブのサイズを指定する場合は、拡張パーティションよりも小さくする必要があります。

noerr
スクリプト専用です。エラーが発生しても、エラーが発生しなかったかのように DiskPart がコマンドの処理を続けます。noerr パラメータがないと、DiskPart はエラー コードを生成して終了します。

create partition msr

GUID パーティション テーブル (GPT) ディスク上に Microsoft 予約 (MSR) パーティションを作成します。

注意

  • create partition msr コマンドを使用する場合は、十分に注意してください。GPT ディスクには特定のパーティション レイアウトが必要なため、Microsoft 予約パーティションを作成することによって、ディスクを読み取ることができなくなる可能性があります。Windows XP 64-bit Edition (Itanium) を起動するために使用する GPT ディスクでは、EFI システム パーティションがディスク上の最初のパーティションで、次に Microsoft 予約パーティションが続きます。データの保存だけに使用される GPT ディスクでは、EFI システム パーティションを持たず、Microsoft 予約パーティションが最初のパーティションです。

    Windows XP 64-bit Edition (Itanium) では、Microsoft 予約パーティションはマウントされません。このパーティションにデータを保存したり、削除することはできません。

構文

create partition msr [size=N] [offset=N] [noerr]

パラメータ
size= N
パーティションのサイズ (MB 単位) です。パーティションは、少なくとも size=N に指定した大きさになります。サイズを指定しないと、現在の空き領域全体がパーティションに割り当てられます。

offset= N
パーティションを作成する位置のバイト オフセットです。パーティションは、offset=N で指定されたバイト オフセットから始まります。これはセクタ境界で区切られます。つまり、オフセットは使用するセクタ サイズを完全に占有するように丸められます。オフセットを指定しないと、パーティションを保持する上で十分な大きさを持つ最初のディスク位置にパーティションが配置されます。

noerr
スクリプト専用です。エラーが発生しても、エラーが発生しなかったかのように DiskPart がコマンドの処理を続けます。noerr パラメータがないと、DiskPart はエラー コードを生成して終了します。

create partition primary

現在のベーシック ディスク上にプライマリ パーティションを作成します。パーティションを作成すると、フォーカスは自動的に新しいパーティションに移動します。パーティションにドライブ文字は割り当てられません。パーティションにドライブ文字を割り当てるには、assign コマンドを使用する必要があります。

構文

create partition primary [size=N] [offset=N] [ID={Byte | GUID}] [align=N] [noerr]

パラメータ
size= N
パーティションのサイズ (MB 単位) です。サイズが与えられていないと、パーティションは現在の未割り当て領域がなくなるまで続行します。このサイズは、シリンダ境界で区切られます。つまり、このサイズは最も近いシリンダ境界に丸められます。たとえば、500 MB のサイズを指定すると、パーティションは 504 MB に丸められます。

offset= N
パーティションを作成する位置のバイト オフセットです。オフセットを指定しないと、パーティションはディスク上の最初の空き領域から開始されます。マスタ ブート レコード (MBR) ディスクでは、オフセットはシリンダ境界で区切られます。つまり、このオフセットは最も近いシリンダ境界に丸められます。たとえば、オフセットを 27 MB に、シリンダ サイズを 8 MB に指定すると、オフセットは 24 MB の境界に丸められます。

ID={Byte | GUID}
相手先ブランド供給 (OEM) 専用です。

注意

  • このパラメータを使ってパーティションを作成すると、使用中のコンピュータに障害が発生したり、起動できなくなる可能性があります。OEM 元、または GPT ディスクに関する詳しい知識を持つ IT 専門家でない限り、ID={Byte | GUID} パラメータを使って GPT ディスク上にパーティションを作成しないでください。その代わりに、GPT ディスク上では必ず create partition efi コマンドを使って EFI システム パーティションを作成し、create partition msr コマンドを使って Microsoft 予約パーティションを作成します。さらに、ID={Byte | GUID} パラメータを指定せずに create partition primary コマンドを使ってプライマリ パーティションを作成します。

MBR ディスクでは、16 進数形式でパーティションにパーティション タイプ バイトを指定できます。MBR ディスクでパーティション タイプ バイトが指定されていない場合、create partition primary コマンドでタイプ 0x6 のパーティションが作成されます。すべてのパーティション タイプ バイトは、ID={Byte | GUID} パラメータで指定できます。DiskPart は、パーティション タイプ バイトの有効性の確認も、ID パラメータの他の確認も実行しません。

GPT ディスクでは、作成するパーティションにパーティション タイプ GUID を指定できます。

  • EFI システム パーティション : c12a7328-f81f-11d2-ba4b-00a0c93ec93b

  • Microsoft 予約パーティション : e3c9e316-0b5c-4db8-817d-f92df00215ae

  • ベーシック データ パーティション : ebd0a0a2-b9e5-4433-87c0-68b6b72699c7

  • ダイナミック ディスク上の LDM Metadata パーティション : 5808c8aa-7e8f-42e0-85d2-e1e90434cfb3

  • ダイナミック ディスク上の LDM Data パーティション : af9b60a0-1431-4f62-bc68-3311714a69ad

パーティション タイプ GUID が指定されていない場合、create partition primary コマンドでベーシック データ パーティションが作成されます。どのパーティション タイプでも、ID={Byte | GUID} パラメータで指定できます。DiskPart は、パーティション GUID の有効性の確認も、ID パラメータの他の確認も実行しません。

align= N
通常、論理ユニット (LU) がシリンダ単位でないときに、パフォーマンスを向上させるためにハードウェア RAID の論理ユニット番号 (LUN) アレイで使用されます。ディスクの先頭でシリンダ単位でないプライマリ パーティションを調整し、最も近いシリンダ境界にオフセットを丸めます。ここで、N は、ディスクの先頭から最も近いシリンダ境界へのキロバイト数 (KB) です。プライマリ パーティションがディスクの先頭にない場合、align=N コマンドは失敗します。offset=N と共に使用すると、オフセットは、ディスク上の使用可能な最初のシリンダ内に含まれます。

noerr
スクリプト専用です。エラーが発生しても、エラーが発生しなかったかのように DiskPart がコマンドの処理を続けます。noerr パラメータがないと、DiskPart はエラー コードを生成して終了します。

create volume raid

指定した 3 台以上のダイナミック ディスクを使用して RAID-5 ボリュームを作成します。ボリュームを作成すると、フォーカスは自動的に新しいボリュームに移動します。

構文

create volume raid [size=N] disk=N,N,N[,N,...][noerr]

パラメータ
size= N
ボリュームが各ディスクで占有するディスク領域の容量 (MB 単位) です。サイズを指定しないと、可能な範囲で最大の RAID-5 ボリュームが作成されます。利用できる連続した空き領域が最も小さいディスクが RAID-5 ボリュームのサイズを決定し、同じ容量の領域が各ディスクから割り当てられます。RAID-5 ボリュームで使用できるディスク領域の実際の容量は、ディスク領域の合計容量よりも小さくなります。これは、ディスク領域の一部がパリティとして使われるためです。

disk= N , N , N[ ,N,...]
RAID-5 ボリュームを作成するダイナミック ディスクです。RAID-5 ボリュームを作成するには、3 台以上のダイナミック ディスクが必要です。size=N と同じ容量が、各ディスクに割り当てられます。

noerr
スクリプト専用です。エラーが発生しても、エラーが発生しなかったかのように DiskPart がコマンドの処理を続けます。noerr パラメータがないと、DiskPart はエラー コードを生成して終了します。

create volume simple

シンプル ボリュームを作成します。ボリュームを作成すると、フォーカスは自動的に新しいボリュームに移動します。

構文

create volume simple [size=N] [disk=N] [noerr]

パラメータ
size= N
ボリュームのサイズ (MB 単位) です。サイズを指定しないと、新しいボリュームはディスク上の残りの空き領域を占有します。

disk= N
ボリュームを作成するダイナミック ディスクです。ディスクを指定しないと、現在のディスクが使用されます。

noerr
スクリプト専用です。エラーが発生しても、エラーが発生しなかったかのように DiskPart がコマンドの処理を続けます。noerr パラメータがないと、DiskPart はエラー コードを生成して終了します。

create volume stripe

指定した 2 台以上のダイナミック ディスクを使用してストライプ ボリュームを作成します。ボリュームを作成すると、フォーカスは自動的に新しいボリュームに移動します。

構文

create volume stripe [size=N] disk=N,N[,N,...][noerr]

パラメータ
size= N
ボリュームが各ディスクで占有するディスク領域の容量 (MB 単位) です。サイズを指定しないと、新しいボリュームは最小のディスクで残りの空き領域を占有し、それ以外のディスクでそれと同じ容量の空き領域を占有します。

disk= N , N[ ,N,...]
ストライプ ボリュームを作成するダイナミック ディスクです。ストライプ ボリュームを作成するには、ダイナミック ディスクが少なくとも 2 つ必要です。size=N と同じ容量が、各ディスクに割り当てられます。

noerr
スクリプト専用です。エラーが発生しても、エラーが発生しなかったかのように DiskPart がコマンドの処理を続けます。noerr パラメータがないと、DiskPart はエラー コードを生成して終了します。

delete disk

ディスク一覧から、不足しているダイナミック ディスクを削除します。

構文

delete disk [noerr] [override]

パラメータ
noerr
スクリプト専用です。エラーが発生しても、エラーが発生しなかったかのように DiskPart がコマンドの処理を続けます。noerr パラメータがないと、DiskPart はエラー コードを生成して終了します。

override
DiskPart でディスク上のすべてのシンプル ボリュームを削除できるようにします。ディスクにミラー ボリュームの半分が格納されている場合は、ディスク上のその半分は削除されます。ディスクが RAID-5 ボリュームのメンバの場合は、delete disk override コマンドは失敗します。

delete partition

ベーシック ディスク上で、フォーカスのあるパーティションを削除します。システム パーティション、ブート パーティション、またはアクティブなページング ファイルやクラッシュ ダンプ (メモリ ダンプ) を含んでいるパーティションは削除できません。

注意

  • ダイナミック ディスク上のパーティションを削除すると、そのディスク上のダイナミック ボリュームがすべて削除されます。これにより、すべてのデータが破棄され、ディスクは破損状態のままになります。ダイナミック ボリュームを削除するには、代わりに必ず delete volume コマンドを使用います。

ダイナミック ディスクからパーティションを削除することはできますが、パーティションを作成することはできません。たとえば、ダイナミック GPT ディスクで認識されない GUID パーティション テーブル (GPT) パーティションを削除することはできます。このようなパーティションを削除することによって生じる空き領域は利用できません。このコマンドは、clean コマンドを使用できない緊急事態に、破損したオフライン ダイナミック ディスク上で領域の再取得を可能にすることを目的としています。

構文

delete partition [noerr] [override]

パラメータ
noerr
スクリプト専用です。エラーが発生しても、エラーが発生しなかったかのように DiskPart がコマンドの処理を続けます。noerr パラメータがないと、DiskPart はエラー コードを生成して終了します。

override
パーティションの種類にかかわらず、DiskPart で任意のパーティションを削除できるようにします。一般に、DiskPart で削除できるのは既知のデータ パーティションのみです。

delete volume

選択されたボリュームを削除します。システム ボリューム、ブート ボリューム、またはアクティブなページング ファイルやクラッシュ ダンプ (メモリ ダンプ) を含んでいるボリュームは削除できません。

構文

delete volume [noerr]

パラメータ
noerr
スクリプト専用です。エラーが発生しても、エラーが発生しなかったかのように DiskPart がコマンドの処理を続けます。noerr パラメータがないと、DiskPart はエラー コードを生成して終了します。

detail disk

ディスク上の選択したディスクとボリュームのプロパティを表示します。

構文

detail disk

detail partition

選択したパーティションのプロパティを表示します。

構文

detail partition

detail volume

現在のボリュームが格納されているディスクを表示します。

構文

detail volume

exit

DiskPart コマンド インタープリタを終了します。

構文

exit

extend

フォーカスのあるボリュームを次の連続した未割り当て領域に拡張します。ベーシック ボリュームでは、未割り当て領域は、フォーカスのあるパーティションと同じディスク上にあることが必要です。また、未割り当て領域は、フォーカスのあるパーティションの後に続く (フォーカスのあるパーティションよりセクタ オフセットが上位である) 必要があります。ダイナミック シンプル ボリュームまたはダイナミック スパン ボリュームは、すべてのダイナミック ディスク上のあらゆる空き領域に拡張できます。このコマンドを使って、既存のボリュームを新たに作成した領域に拡張できます。

以前にそのパーティションを NTFS ファイル システムを使ってフォーマットしている場合、このファイル システムは、自動的に拡張されてより大きなパーティションを占有するようになります。データ損失は発生しません。以前にそのパーティションを NTFS 以外のファイル システム形式でフォーマットしている場合、このコマンドは失敗しパーティションに変更は行われません。

現在のシステム パーティションまたはブート パーティションを拡張することはできません。

構文

extend [size=N] [disk=N] [noerr]

extend filesystem [noerr]

パラメータ
size= N
現在のパーティションに追加する領域の容量 (MB 単位) です。サイズを指定しないと、ディスクは拡張されて、次の連続した未割り当て領域をすべて占有します。

disk= N
ボリュームを拡張するダイナミック ディスクです。size=N に等しい領域が、各ディスクに割り当てられます。ディスクが指定されていない場合、ボリュームは現在のディスク上で拡張されます。

filesystem
ファイル システムがボリュームで拡張されていないディスクでのみ使用します。フォーカスのあるボリュームのファイル システムを拡張し、そのファイル システムがボリューム全体で占められるようにします。

noerr
スクリプト専用です。エラーが発生しても、エラーが発生しなかったかのように DiskPart がコマンドの処理を続けます。noerr パラメータがないと、DiskPart はエラー コードを生成して終了します。

gpt attributes

ベーシック GPT ディスク上で、フォーカスのあるパーティションに GPT 属性を割り当てます。GPT パーティション属性は、パーティションの使用に関する追加情報を与えるものです。パーティション タイプ GUID に固有な属性もあります。

重要

  • GPT 属性を変更すると、使用中のベーシック データ ボリュームがマウント不能になったり、ドライブ文字を割り当てられなくなったりする可能性があります。相手先ブランド供給元 (OEM)、または GPT ディスクに関する詳しい知識を持つ IT 専門家でない限り、GPT 属性を変更しないでください。

構文

gpt attributes= N

パラメータ
N
フォーカスのあるパーティションに適用する属性に関係する 16 進数です。GPT 属性フィールドは、2 つのサブフィールドから成る、64 ビットのフィールドです。上位フィールドは、パーティション ID との関係でのみ解釈され、下位フィールドは、すべてのパーティション ID に共通です。

すべてのパーティションに次の属性があります。

0x0000000000000001 は、そのパーティションが必須であることを示します。これは、そのパーティションを削除してはいけないことをすべてのディスク管理ユーティリティに示します。EFI システム パーティションには、オペレーティング システムの起動に必要なバイナリのみが含まれます。これによって、OEM やオペレーティング システムに固有のバイナリを別のパーティションに配置することが容易になります。

ベーシック データ パーティションについては、次の属性が定義されます。

0x8000000000000000 は、そのパーティションに対するドライブ文字の自動割り当てを禁止します。既定では、各パーティションに新しいドライブ文字が割り当てられます。この属性を設定すると、ディスクを新しいコンピュータに移設しても新しいドライブ文字が自動生成されません。代わりに、ユーザーがドライブ文字を手動で割り当てることができます。

  • 他の属性はいつでも追加できます。

help

利用可能なコマンドの一覧を表示します。

構文

help

import

形式の異なるディスク グループをローカル コンピュータのディスク グループにインポートします。import コマンドは、同じグループ内のすべてのディスクを、フォーカスのあるディスクとしてインポートします。

構文

import [noerr]

パラメータ
noerr
スクリプト専用です。エラーが発生しても、エラーが発生しなかったかのように DiskPart がコマンドの処理を続けます。noerr パラメータがないと、DiskPart はエラー コードを生成して終了します。

inactive

ベーシック マスタ ブート レコード (MBR) ディスク上で、フォーカスのあるシステム パーティションまたはブート パーティションを非アクティブとしてマークします。コンピュータを再起動すると、コンピュータは BIOS で指定された次のオプションから起動します。次のオプションでは、CD-ROM ドライブや PXE (Pre-Boot eXecution Environment) ベースのブート環境 (たとえば、リモート インストール サービス (RIS)) などが指定できます。

注意

  • アクティブ パーティションがないコンピュータは、起動しない可能性があります。Windows Server 2003 オペレーティング システムに関する詳しい知識を持っていない限り、システム パーティションやブート パーティションを非アクティブにしないでください。

    システム パーティションやブート パーティションを非アクティブにした後でコンピュータを起動できなくなった場合は、CD-ROM ドライブにセットアップ CD を挿入してコンピュータを再起動し、回復コンソールで Fixmbr コマンドや Fixboot コマンドを使用してパーティションを修復します。回復コンソールの詳細については、「回復コンソールの概要」と「回復コンソールのコマンド」を参照してください。

構文

inactive

list disk

ディスクの一覧とディスクに関する情報を表示します。ディスクに関する情報には、ディスクのサイズ、使用可能な空き領域の量、ディスクがベーシック ディスクであるかダイナミック ディスクであるか、ディスクが使用しているパーティション スタイルがマスタ ブート レコード (MBR) であるか GUID パーティション テーブル (GPT) であるかなどがあります。アスタリスク (*) のマークが付いたディスクにフォーカスがあります。

構文

list disk

list partition

現在のディスクのパーティション テーブルに記録されているパーティションを一覧表示します。ダイナミック ディスクでは、これらのパーティションは、ディスク上のダイナミック ボリュームと対応していないことがあります。この不一致は、ダイナミック ディスクが、システム ボリュームまたはブート ボリューム (ディスク上に存在する場合) のパーティション テーブルにエントリを持つために発生します。また、ダイナミック ディスクには、ダイナミック ボリュームで使用する領域を確保するためにディスクの残りの部分を占有するパーティションもあります。

構文

list partition

list volume

すべてのディスク上のベーシック ボリュームとダイナミック ボリュームの一覧を表示します。

構文

list volume

online

フォーカスのあるオフライン ディスクまたはオフライン ボリュームをオンラインにします。フォーカスのあるミラー ボリュームや RAID-5 ボリュームを同期化し直します。

構文

online [noerr]

パラメータ
noerr
スクリプト専用です。エラーが発生しても、エラーが発生しなかったかのように DiskPart がコマンドの処理を続けます。noerr パラメータがないと、DiskPart はエラー コードを生成して終了します。

rem

スクリプトにコメントを追加できるようにします。

構文

rem

次のスクリプト例では、スクリプトの動作内容に関するコメントを rem で示しています。

rem These commands set up 3 drives.

create partition primary size=2048

assign d:

create partition extend

create partition logical size=2048

assign e:

create partition logical

assign f:

remove

フォーカスのあるボリュームからドライブ文字またはマウント ポイントを削除します。ドライブ文字またはマウント ポイントが指定されていない場合、DiskPart は、最初に検出したドライブ文字またはマウント ポイントを削除します。all パラメータを使用すると、現在のドライブ文字とマウント ポイントがすべて削除されます。dismount パラメータが使用されていると、DiskPart は、ボリュームに対して開いているハンドルをすべて閉じ、そのボリュームのマウントを解除します。

remove コマンドを使って、リムーバブル ドライブに関連付けられたドライブ文字を変更することができます。システム ボリューム、ブート ボリューム、またはページング ボリュームのドライブ文字を削除することはできません。また、OEM パーティション、認識できない GUID を持つ GPT パーティション、または EFI システム パーティションなどの特別な非データの GPT パーティションに対して、ドライブ文字を削除することはできません。

構文

remove [{letter=D | mount=Path | all}] [dismount] [noerr]

パラメータ
letter= D
削除するドライブ文字です。

mount= Path
削除するマウント ポイントのパスです。

all
現在のドライブ文字とマウント ポイントをすべて削除します。

dismount
ベーシック ボリュームからすべてのドライブ文字とマウント ポイントが削除されたときに、そのベーシック ボリュームのマウントを解除し、オフラインにしてマウント不可にします。そのボリュームを他のプロセスで使用している場合、DiskPart は、開いているハンドルをすべて閉じてから、そのボリュームのマウントを解除します。ボリュームをマウント可能にするには、ボリュームにドライブ文字を割り当てるか、そのボリュームへのマウント ポイント パスを作成します。ドライブ文字またはマウント ポイントが残っているボリュームに対してこのパラメータを使用すると、マウントの解除が失敗します。スクリプトでは、remove all dismount の使用をお勧めします。

noerr
スクリプト専用です。エラーが発生しても、エラーが発生しなかったかのように DiskPart がコマンドの処理を続けます。noerr パラメータがないと、DiskPart はエラー コードを生成して終了します。

repair disk=N

障害が発生した RAID-5 メンバを、指定されたダイナミック ディスクで置き換えることにより、フォーカスのある RAID-5 ボリュームを修復します。指定されたダイナミック ディスクには、障害が発生した RAID-5 メンバの全容量以上の空き領域が必要です。

構文

repair disk= N [noerr]

パラメータ
N
障害が発生した RAID-5 メンバを置き換えるダイナミック ディスクを指定します。指定されたディスクには、障害が発生した RAID-5 メンバの全容量以上の空き領域が必要です。

noerr
スクリプト専用です。エラーが発生しても、エラーが発生しなかったかのように DiskPart がコマンドの処理を続けます。noerr パラメータがないと、DiskPart はエラー コードを生成して終了します。

rescan

コンピュータに追加されている新しいディスクを検索します。

構文

rescan

retain

既存のダイナミック シンプル ボリュームをブート ボリュームまたはシステム ボリュームとして使用するために準備します。

フォーカスのあるダイナミック シンプル ボリューム上のマスタ ブート レコード (MBR) にパーティション エントリを作成します。MBR パーティションを作成するには、ダイナミック シンプル ボリュームは、シリンダ単位のオフセットで開始し、シリンダ サイズの整数倍にする必要があります。

フォーカスのあるダイナミック シンプル ボリューム上の GUID パーティション テーブル (GPT) にパーティション エントリを作成します。

構文

retain

select disk

指定したディスクを選択し、それにフォーカスを移動します。

構文

select disk=[N]

パラメータ
N
フォーカスを受け取るディスクのディスク番号です。ディスク番号を指定しない場合は、現在フォーカスのあるディスクの一覧が表示されます。list disk コマンドを使用すると、コンピュータ上のすべてのディスクの番号を表示できます。

select partition

指定されたパーティションを選択し、それにフォーカスを与えます。パーティションを指定しない場合は、現在のパーティションがフォーカスされて一覧表示されます。パーティションは番号で指定できます。list partition コマンドを使用すると、現在のディスク上のすべてのパーティションの番号を表示できます。パーティションを選択するには、まず、DiskPart select disk コマンドを使用してディスクを選択する必要があります。

構文

select partition=[N]

パラメータ
N
フォーカスを受け取るパーティションの番号です。

select volume

指定されたボリュームを選択し、それにフォーカスを与えます。ボリュームを指定しない場合は、現在のボリュームがフォーカスされて一覧表示されます。ボリュームの指定は、番号、ドライブ文字、またはマウント ポイント パスで行うことができます。ベーシック ディスク上でボリュームを選択すると、対応するパーティションもフォーカスされます。list disk コマンドを使用すると、コンピュータ上のすべてのボリュームの番号を表示できます。

構文

select volume=[{N | D}]

パラメータ
N
フォーカスを受け取るボリュームの番号です。

D
フォーカスを受け取るボリュームのドライブ文字またはマウント ポイント パスです。

DiskPart スクリプト

DiskPart を使用すると、ボリュームの作成やダイナミック ディスクへのベーシック ディスクの変換などのディスク関連タスクを自動化するスクリプトを作成できます。これらのタスクをスクリプトにすると、ブート ボリューム以外のボリュームの作成をサポートしていない無人セットアップや Sysprep を使用して Windows を展開する場合に役立ちます。さらに、スクリプトからの出力をテキスト ファイルに送信できます。DiskPart によってタスクが正常に実行されたかどうかを伝えるメッセージで構成されるスクリプト出力は、スクリプトのデバッグを行うときに役立ちます。

重要

  • スクリプトの一部として DiskPart コマンドを使用するときは、DiskPart による操作をすべて 1 つの DiskPart スクリプトで行うことをお勧めします。いくつかの DiskPart スクリプトを続けて実行することもできますが、スクリプトとスクリプトの間は 15 秒以上空ける必要があります。これは、以降のスクリプトで DiskPart コマンドを再び実行する前に、直前の実行のシャットダウンを完了するための時間です。このようにしないと、以降のスクリプトが失敗することがあります。連続する DiskPart スクリプトの間に一時停止を追加するには、DiskPart スクリプトと共に timeout /t 15 コマンドをバッチ ファイルに追加します。

スクリプトを作成して実行する

メモ帳を使用して DiskPart スクリプト ファイルを作成するには、1 行に 1 つずつ DiskPart コマンドを入力します。DiskPart スクリプト ファイルは、.txt 拡張子を持つテキスト ファイルです。たとえば、ダイナミック ディスク上にシンプル ボリュームを作成してドライブ文字を割り当てる simple_volume.txt という単純な 2 行のスクリプトを作成できます。

このスクリプトを使用して、DiskPart は既存のダイナミック ディスクであるディスク 2 に 3 GB のシンプル ボリュームを作成し、このボリュームにドライブ文字 G を割り当てます。

DiskPart スクリプトを実行するには、コマンド プロンプトでスクリプト ファイルがあるディレクトリに移動し、次のように入力します。

diskpart /s ScriptName.txt

ScriptName.txt は、スクリプトが記述されているテキスト ファイルの名前 (simple_volume.txt など) です。

DiskPart のスクリプト出力をテキスト ファイルにリダイレクトするには、次のように入力します。

diskpart /s ScriptName.txt > LogFile.txt

LogFile.txt は、出力が書き込まれるテキスト ファイルの名前です。

DiskPart の起動時に、DiskPart のバージョンとコンピュータ名がコマンド プロンプトに表示されます。既定では、スクリプト化されたタスクの実行中にエラーが発生した場合は、スクリプトの処理が停止し、noerr パラメータを指定していない場合はエラー メッセージが表示されます。ただし、noerr パラメータの使用にかかわらず、構文エラーが見つかった場合は常にエラーが返されます。noerr パラメータを使用すると、便利なタスクを実行できます。たとえば、ディスクの総数がいくつであっても、すべてのディスクにあるすべてのパーティションを 1 つのスクリプトで削除できます。

次の表は、DiskPart のエラー コードの一覧を示しています。

 

エラー 説明

0

エラーは発生していません。すべてのスクリプトは問題なく実行されました。

1

致命的な例外が発生しました。重大な問題がある可能性があります。

2

DiskPart コマンドで指定されたパラメータが無効です。

3

指定されたスクリプトまたは出力ファイルを開くことができませんでした。

4

DiskPart が使用するサービスの 1 つがエラーを返しました。

5

コマンド構文エラーが発生しました。オブジェクトの選択が不適切であるか、このコマンドでは無効であったため、スクリプトが失敗しました。

表記規則

 

表記 説明

斜体

ユーザーが指定する必要のある情報

太字

表記されているとおりに入力する必要がある要素

省略記号 (...)

コマンド ラインで繰り返すことができるパラメータ

角かっこ ([ ])

オプション項目

中かっこ ({ }) で囲まれ、パイプ (|) で区切られた選択肢。例 : {even|odd}

ユーザーが 1 つだけ選択しなければならない選択肢

等幅フォント

コードまたはプログラムの出力

関連項目

コミュニティの追加

表示: