Office 2013 のインターネット プロトコル バージョン 6 のサポート

 

適用先:Office 2013

トピックの最終更新日:2016-12-16

概要: Office 2013 アプリケーション、Project 2013、および SharePoint Designer 2013 の Internet Protocol version 6 (IPv6) アドレス指定情報を提供します。

対象ユーザー: IT 担当者

Office 2013 アプリケーション:

  • Access 2013

  • Excel 2013

  • InfoPath 2013

  • OneNote 2013

  • Outlook 2013

  • PowerPoint 2013

  • Publisher 2013

  • Visio 2013

  • Word 2013

その他の Microsoft 2013 アプリケーション:

  • Project 2013

  • SharePoint Designer 2013

この記事の内容 :

Windows XP Service Pack 3 (SP3) で実行される Office 2013 のアプリケーション、Windows Vista、Windows 7、または Windows 8 では、次の環境をサポートしています。

  • 完全な Internet Protocol version 4 (IPv4)

  • IPv4 と IPv6 の混在

  • 完全な IPv6

Windows 環境では、「混在」 として定義できる環境として、以下のいずれかのシナリオが考えられます (ただし、これだけに限りません)。

  • この環境では、IPv4 プロトコルと IPv6 プロトコルの両方を実行できます。

  • 一部のクライアント コンピューターは IPv4 を使用しており、一部のクライアント コンピューターは IPv6 を使用しています。

  • クライアント コンピュータでは IPv4 を使用していますが、SQL Server 2005 を実行しているコンピュータでは IPv6 を使用しています。

また、Office 2013 アプリケーションの各ユーザー インターフェイス (UI) では、IPv4 と IPv6 の両方のアドレスの表示がサポートされています。

Office 2013 アプリケーションは、Windows オペレーティング システムでのサポートに合わせて IPv6 アドレス方式をサポートしています。IPv6 環境、IPv4 環境、および混在 IP のどの環境でも、ユーザーは、ネットワーク上の場所を参照したり、オブジェクト、画像、およびファイルをオープン、保存、公開、挿入したり、データ ソースを開いたり、共有ワークスペースにアクセスしたり、ネットワーク パスからドキュメントの更新を取得したり、以下のいずれかを使用する他のタスクを実行することができます。

  • 汎用名前付け規則 (UNC)

  • サーバー名 (この場合、ドメイン ネーム システム (DNS) で IPv6 のアドレスが使用されます (例 : \\server\share))

  • HTTP (ハイパーテキスト転送プロトコル)

  • HTTPS (HTTP over SSL)

  • ファイル転送プロトコル (FTP)

  • リテラル アドレス

特定のシナリオやアプリケーションにおける IPv6 のサポートの詳細については、以下のリソースを参照してください。

表示: