利用状況モニタ

利用状況モニタを使用すると、SQL Server プロセスおよびこれらのプロセスが現在の SQL Server インスタンスに与える影響に関する情報を取得できます。

利用状況モニタは、[概要][アクティブなユーザー タスク][リソースの待機][データ ファイル I/O]、および [最新のコストの高いクエリ] の展開と折りたたみが可能なペインを含むタブ付きドキュメント ウィンドウです。ペインを展開すると、利用状況モニタによってインスタンスに対して情報のクエリが実行されます。ペインを折りたたむと、そのペインのすべての利用状況クエリが停止します。また、1 つ以上のペインを同時に展開し、インスタンスのさまざまな利用状況を表示することもできます。

[アクティブなユーザー タスク][リソースの待機][データ ファイル I/O]、および [最新のコストの高いクエリ] ペインに含まれている列は、次の方法で表示をカスタマイズできます。

  • 列の順序を並べ替えるには、列見出しをクリックして見出しのリボン内の別の場所にドラッグします。

  • 列を並べ替えるには、列名をクリックします。

  • 1 つ以上の列をフィルタ処理するには、列見出しの下矢印をクリックして値を選択します。

SQL Server 2005 および SQL Server 2008 で利用状況モニタを表示するには、VIEW SERVER STATE 権限が必要です。

SQL Server 2000 サーバーで利用状況モニタを表示するには、master データベースの sysprocesses テーブルおよび syslocks テーブルに対する SELECT 権限が必要です。既定では、これらのテーブルを表示する権限は、public データベース ロールに与えられます。

プロセスを強制終了するには、sysadmin 固定サーバー ロールまたは processadmin 固定サーバー ロールのメンバである必要があります。

このペインには、次のインスタンス情報がグラフィカルに表示されます。

[% プロセッサ時間]

すべての CPU 間でプロセッサがインスタンスのアクティブ スレッドを実行するために要した時間の比率。

[待機中のタスク]

プロセッサ、I/O、またはメモリ リソースを待機しているタスクの数。

[データベース I/O]

メモリからディスク、ディスクからメモリ、またはディスクからディスクへのデータの転送速度 (MB/秒単位)。

[バッチ要求数/秒]

インスタンスが受信した SQL Server バッチの数。

このペインでは、インスタンス情報だけではなく、利用状況モニタのオプションにもアクセスできます。[概要] を右クリックして、次のオプションから選択できます。

[更新間隔]

利用状況モニタの更新間隔を設定できます。このオプションでは、利用状況モニタがインスタンスに対して新しい情報のクエリを実行する頻度を構成します。更新間隔を 10 秒未満に設定すると、これらのクエリを実行する時間がサーバーのパフォーマンスに影響を与える可能性があります。

注意

最新のコストの高いクエリの更新間隔は常に 30 秒です。

[一時停止]

利用状況モニタを一時停止します。これにより、すべての利用状況モニタ プロセスが一時停止されます。

[再開]

[一時停止] の選択後に利用状況モニタを再開します。これにより、すべての利用状況モニタ プロセスが再開されます。

[更新]

次の更新間隔までの現在の利用状況モニタの情報を取得します。

このペインには、インスタンスへのアクティブなユーザー接続に関する情報が表示され、次の列が示されます。

[セッション ID]

接続されたときに各ユーザー接続に割り当てられる一意の整数 (int 型)。

[ユーザー プロセス]

システム プロセスの場合は 0 を、ユーザー プロセスの場合は 1 を表示します。既定では、この列のフィルタ設定は 1 です。ユーザー プロセスのみが表示されます。

[ログイン]

現在セッションを実行している SQL Server ログイン名。

[データベース]

現在実行されているプロセスの接続プロパティに含まれているデータベースの名前。

[タスクの状態]

タスクの状態。実行可能状態またはスリープ状態のタスクの場合、タスクの状態は空白です。それ以外の場合は、次のいずれかの値になります。

  • [バックグラウンド]

  • [実行中]

  • [中断状態]

[コマンド]

タスクで処理中のコマンドの種類。

[アプリケーション]

接続を確立したアプリケーション プログラムの名前。

[待機時間 (ミリ秒)]

このタスクがリソースを待機している時間 (ミリ秒単位)。タスクが待機していない場合、待機時間は 0 です。

[待機の種類]

最後または現在の待機の種類の名前。

[待機リソース]

必要なリソースの名前。

[ブロック元]

タスクをブロックしているセッションの ID (ブロックしているセッションがある場合)。

[先頭ブロック]

最初のブロック状態の原因となっているセッションを識別します (ブロックしているセッションがある場合)。値 1 は、その他のセッションの先頭ブロックを表します。

[メモリ使用量 (KB)]

タスクで使用されているメモリの量 (KB 単位)。

[ホスト名]

SQL Server のインスタンスに接続したコンピュータの名前。

[ワークロード グループ]

セッションのリソース ガバナ ワークロード グループの名前。詳細については、「リソース ガバナを使用した SQL Server ワークロードの管理」を参照してください。

このペインには、リソースの待機に関する情報が表示され、次の列が示されます。

[待機のカテゴリ]

待機の種類の統計を累積するカテゴリ。個々の待機の種類は、[アクティブなユーザー タスク] ペインに表示されます。詳細については、「sys.dm_os_wait_stats (Transact-SQL)」を参照してください。

[待機時間 (ミリ秒/秒)]

前回の更新間隔から待機のカテゴリの 1 つ以上のリソースを待機しているすべてのタスクの待機時間 (ミリ秒/秒単位)。

[最新の待機時間 (ミリ秒/秒)]

前回の更新間隔から待機のカテゴリの 1 つ以上のリソースを待機しているすべてのタスクの加重平均待機時間 (ミリ秒/秒単位)。

[待機処理の平均数]

最後のサンプル期間中の標準的なタイミングで待機のカテゴリの 1 つ以上のリソースを待機しているタスクの数。

[累積待機時間 (秒)]

SQL Server がインスタンスで最後に起動されてから、または DBCC SQLPERF がインスタンスで実行されてからタスクが待機のカテゴリの 1 つ以上のリソースを待機した時間の合計 (秒単位)。

このペインには、インスタンスに属するデータベースのデータベース ファイルに関する情報が表示されます。このペインには、次の列があります。

[データベース]

データベースの名前。

[ファイル名]

データベースに属するファイルの名前。

[MB/秒 (読み取り)]

データベース ファイルの最近の読み取り操作 (MB/秒単位)。

[MB/秒 (書き込み)]

データベース ファイルの最近の書き込み操作 (MB/秒単位)。

[応答時間 (ミリ秒)]

データベース ファイルの最近の読み取り操作と書き込み操作の平均応答時間 (ミリ秒単位)。

このペインには、過去 30 秒間にインスタンスで実行されたクエリの中で最も負荷がかかったクエリに関する情報が表示されます。この情報は sys.dm_exec_requests と sys.dm_exec_query_stats の和集合から取得され、処理中のクエリや時間内に完了したクエリなどを示します。このペインには、次の列があります。

[クエリ]

監視されているクエリ ステートメント。

[実行回数/分]

1 分あたりのクエリの実行回数。

[CPU 時間 (ミリ秒/秒)]

クエリによる CPU 使用率。

[物理読み取り数/秒]

クエリによる 1 秒あたりの物理読み取り数。

[論理書き込み数/秒]

クエリによる 1 秒あたりの論理書き込み数。

[論理読み込み数/秒]

クエリによる 1 秒あたりの論理読み込み数。

[平均実行時間 (ミリ秒)]

このクエリの平均実行時間 (ミリ秒単位)。

[プランの数]

このクエリのキャッシュされたクエリ プランの数。数が多い場合は、明示的なクエリのパラメータ化が必要になる場合があります。詳細については、「プラン ガイドを使用したクエリのパラメータ化動作の指定」を参照してください。

コミュニティの追加

追加
表示: