UEFI ベースの推奨ディスク パーティション構成

発行: 2009年10月

更新日: 2010年7月

適用対象: Windows 7, Windows Server 2008 R2

このトピックでは、Unified Extensible Firmware Interface (UEFI) ベースのコンピューターに推奨されるディスク パーティションの構成を紹介します。

BIOS ベースのコンピューターのディスク パーティションの構成については、「BIOS ベースの推奨ディスク パーティション構成」を参照してください。

また、このトピックでは、既定の構成のほかに回復パーティションを使用した構成についても説明します。その他の構成は、「ディスク パーティションとは」に説明した要件を満たしている限り、サポートされます。

Windows® システム イメージ マネージャー (Windows SIM) を使用してこれらのパーティション構造を作成するには、「Windows SIM を使用して UEFI ベースのハード ディスク パーティションを作成する」を参照してください。

イメージベースの展開の場合は、DiskPart ツールを使用して対象コンピューターにパーティション構造を作成します。手順については、「ImageX を使用してイメージを適用する」を参照してください。

既定の構成

新しいインストールでは、Windows セットアップにより既定で拡張ファームウェア インターフェイス システム パーティション (EFI システム パーティション、または ESP)、Microsoft® 予約パーティション (MSR)、プライマリ Windows パーティションが作成されます。

既定の UEFI パーティション構造の図

以下の表に、パーティション構造を示します。

 

説明 パーティション ID サイズ パーティションの種類 形式 ドライブ文字

EFI システム パーティション (ESP)

1

100 MB

EFI

FAT32

なし

Microsoft 予約パーティション

2

128 MB

MSR

なし

なし

Windows

3

ディスクの残り

プライマリ

NTFS

W

noteメモ
この例では、ドライブ文字の衝突を避けるため、Windows パーティションに文字 "W" が割り当てられます。コンピューターの再起動後、プライマリ ハード ディスクには、自動的に文字 "C" が再割り当てされます。

次の場合、Windows セットアップでコンピューター上に ESP が作成されます。

  • 既存の ESP が存在しない。

  • 100 MB のパーティションを作成するのに十分なディスク領域がある。

次の場合、Windows セットアップで MSR が作成されます。

  • 既存の MSR が存在しない。

  • 128 MB のパーティションを作成するのに十分なディスク領域がある。

ESP にはコンピューターの起動が必要なため、ESP の作成は MSR よりも優先されます。

Windows を以前のバージョンからアップグレードする場合、Windows セットアップによってパーティションの配置が変更されることはありません。

次のコードは、イメージベースの展開の場合に DiskPart コマンドで使用するスクリプトです。このスクリプトによって、既定のパーティション構造が作成されます。

select disk 0
clean
convert gpt
create partition efi size=100
format quick fs=fat32 label="System"
assign letter="S"
create partition msr size=128
create partition primary
format quick fs=ntfs label="Windows"
assign letter="W"

システムの回復

Windows パーティションとは別のパーティションに Windows 回復環境 (Windows RE) などの回復ツールをインストールすることを検討してください。こうすると、エンド ユーザーは回復ツールを削除しなくても Windows を修復または再インストールすることができます。Windows RE をインストールする場合は、システム パーティションにインストールすることをお勧めします。

回復ツールをインストールしておくと、Windows を起動できなくなった場合に Windows ブート マネージャーを構成し、回復ツールにフェールオーバーすることができます。

別個の回復パーティションを構成するには、次のようにパーティションの種類を設定し、パーティションをユーティリティ パーティションとして指定します。

  • Windows SIM では、Microsoft-Windows-Setup\ DiskConfiguration\Disk\ModifyPartition\TypeIDde94bba4-06d1-4d40-a16a-bfd50179d6ac に設定します。

  • DiskPart ツールでは、パーティションを作成しフォーマットした後、set id= de94bba4-06d1-4d40-a16a-bfd50179d6ac コマンドを使用します。

    回復およびユーティリティ パーティションは、ドライブの先頭に配置することをお勧めします。回復パーティションは Windows エクスプローラーには表示されません。

以下の例には、プライマリ回復パーティション、ESP、MSR、プライマリ Windows パーティションが含まれています。

回復情報が含まれる UEFI パーティションの図

次の表は、この例の構成を設定するために Windows SIM の Microsoft-Windows-Setup \DiskConfiguration\Disk で使用する設定を示すものです。

 

説明 CreatePartition:Order CreatePartition:Extend CreatePartition:Size CreatePartition:Type ModifyPartition:Order ModifyPartition:PartitionID ModifyPartition:Format ModifyPartition:Label ModifyPartition:Letter ModifyPartition:TypeID

回復パーティション

1

250

Primary

1

1

NTFS

Recovery

de94bba4-06d1-4d40-a16a-bfd50179d6ac

EFI システム パーティション (ESP)

2

100

EFI

2

2

FAT32

System

Microsoft 予約パーティション

3

128

MSR

3

3

Windows

4

True

Primary

4

4

NTFS

Windows

W

noteメモ
この例では、ドライブ文字の衝突を避けるため、Windows パーティションに文字 "W" が割り当てられます。コンピューターの再起動後、プライマリ ハード ディスクには、自動的に文字 "C" が再割り当てされます。

次のコードは、イメージベースの展開の場合に DiskPart コマンドで使用するスクリプトです。このスクリプトによって、パーティション構造例が作成されます。

select disk 0
clean
convert gpt
create partition primary size=250

format quick fs=ntfs label="Recovery"
set id="de94bba4-06d1-4d40-a16a-bfd50179d6ac"
assign letter="R"
create partition efi size=100
format quick fs=fat32 label="System"
assign letter="S"
create partition msr size=128
create partition primary
format quick fs=ntfs label="Windows"
assign letter="W"

Windows エクスプローラーに表示されないドライブ

既定では、システム パーティションとユーティリティ パーティションは Windows エクスプローラーには表示されません。これらのパーティションがセットアップ先のコンピューターに存在することを確認するには、次の操作を行います。

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コンピューター] を右クリックして、[管理] をクリックします。コントロール パネルの [コンピューターの管理] が開きます。

  2. [ディスクの管理] をクリックします。利用可能なディスクとパーティションの一覧が表示されます。

  3. パーティションの一覧で、システム パーティションまたはユーティリティ パーティションが存在しており、ドライブ文字が割り当てられていないことを確認します。

関連項目

コミュニティの追加

追加
表示: