BCDboot のコマンドライン オプション

発行: 2009年10月

更新日: 2009年10月

適用対象: Windows 7

BCDboot は、システム パーティションをすばやくセットアップするために、またはシステム パーティションにあるブート環境を修復するために使用するツールです。システム パーティションのセットアップは、インストール済みの Windows® イメージから一部のブート環境ファイルをコピーすることによって行います。また、BCDboot は新しいブート エントリを含むブート構成データ (BCD) ストアをシステム パーティションに作成します。これによって、ユーザーはインストールした Windows イメージで起動できるようになります。

BCDboot は、Windows® PE から実行できます。Windows PE の詳細については、「Windows PE のチュートリアル」を参照してください。

BCDboot は、Windows® 7 および Windows Server® 2008 R2 の %WINDIR%\System32 フォルダーにあります。また、BCDboot は Windows OEM プレインストール キット (OPK) および Windows 自動インストール キット (AIK) の %Program Files%\<version>\Tools (<version> は Windows OPK と Windows AIK のいずれか) ディレクトリでも利用できます。

BCDboot は、コンピューター上の既存の Windows イメージから一連のブート環境ファイルをコピーします。BCDboot は、Windows Vista®、Windows Server® 2008、Windows 7、または Windows Server 2008 R2 のイメージからブート環境ファイルをコピーできます。Windows イメージをシステムに適用する方法の詳細については、「Windows イメージをキャプチャおよび適用する」を参照してください。

BCDboot は、%WINDIR%\System32\Config\BCD-Template ファイルを使用して新しい BCD ストアを作成し、システム パーティションの BCD ブート環境ファイルを初期化します。BCD-Template ファイルに、特定の BCD 設定を定義することができます。このツールはまた、オペレーティング システム イメージの %WINDIR%\boot フォルダーおよび %WINDIR%\System32 フォルダーから最新版のブート環境ファイルをシステム パーティションにコピーします。

BCDboot は、ファームウェアによって指定される既定のシステム パーティションにファイルをコピーします。このパーティションは、DiskPart などのパーティション ツールを使用して作成できます。BCDboot が検出できるようにするために、このパーティションにドライブ文字を割り当てる必要はありません。詳細については、コマンドラインから DiskPart ヘルプを参照するか、Diskpart のコマンドライン構文に関するページ (英語の可能性あり) を参照してください。

  • BIOS ベースのシステムでは、システム パーティションは、マスター ブート レコード (MBR) ディスク フォーマットを使用しているディスク上のアクティブなパーティションです。BCDboot はシステム パーティションに \Boot ディレクトリを作成して、必要なすべてのブート環境ファイルをこのディレクトリにコピーします。

  • Unified Extensible Firmware Interface (UEFI) ベースのシステムでは、EFI システム パーティションは GUID パーティション テーブル (GPT) ディスク フォーマットを使用しているディスク上のシステム パーティションです。BCDboot は、\Efi\Microsoft\Boot ディレクトリを作成して、必要なすべてのブート環境ファイルをこのディレクトリにコピーします。

BCDboot は、既存のブート環境をシステム パーティションに更新することができます。Windows イメージから、新しいファイル バージョンがシステム パーティションにコピーされます。

システム パーティションに BCD ストアが既に存在する場合:

  • BCDboot は、BCD-Template ファイルの設定に基づいて既存の BCD ストアに新規ブート エントリを作成し、同じ Windows イメージを参照する重複ブート エントリがある場合は削除します。

  • Windows イメージ用のブート エントリが既に存在し、そのブート エントリの追加 BCD 設定が既定値を超えて有効になっている場合、BCDboot が /m オプションで次回実行されるまで、これらの設定を保持できます。この /m オプションは、OS ローダーの GUID で識別される既存のブート エントリを、BCDboot が作成した新しいブート エントリにマージするためのオプションです。

BCDboot のコマンドライン オプション

BCDboot.exe では、次のコマンドライン オプションを使用できます。

BCDBOOT source [/llocale] [/svolume-letter] [/v] [/m [{OS Loader GUID}]]

 

オプション 説明

source

ブート環境ファイルのコピー元として使用する Windows ディレクトリの位置を指定します。

/l

省略可能。ロケールを指定します。既定値は英語 (米国) です。

/s

省略可能。システム パーティションのボリューム文字を指定します。既定値は、ファームウェアによって指定されるシステム パーティションです。

/v

省略可能。詳細モードを有効にします。

/m

省略可能。既定では、グローバル オブジェクトのみをマージします。

OS Loader GUID が指定されると、ブート可能なエントリを作成するために、システム テンプレート内の特定のローダー オブジェクトをマージします。

  • この例では、C: ボリュームにインストールされているオペレーティング システム イメージのファイルを使用してシステム パーティションを初期化します。

    bcdboot C:\Windows
    
  • この例では、既定の BCD ロケールを日本語に設定し、DiskPart を使用して、ボリューム文字 S: が割り当てられたシステム パーティションに BCD ファイルをコピーします。

    bcdboot C:\Windows /l ja-jp /s S:
    
  • この例では、新しい BCD ストア内の指定された GUID で識別される、現在の BCD ストア内の OS ローダーをマージします。

    bcdboot c:\windows /m {d58d10c6-df53-11dc-878f-00064f4f4e08}
    

関連項目

コミュニティの追加

追加
表示: