ImageX テクニカル リファレンス

発行: 2009年10月

更新日: 2009年10月

適用対象: Windows 7

ImageX は、最新の Windows® イメージ (.wim) ファイルを操作するコマンドライン ツールです。.wim ファイルには、Windows オペレーティング システム用の 1 つまたは複数のボリューム イメージが格納されています。ボリューム イメージとは、Windows オペレーティング システムのボリュームまたはパーティションをキャプチャしたものです。ImageX ツールの主な目的は、製造環境または企業の IT 環境で展開するイメージをキャプチャ、変更、適用することです。

通常、ImageX ツールは、Windows Imaging File System Filter (WIM FS Filter) ドライバーと共に使用します。WIM FS Filter ドライバーを使用すると、イメージをディレクトリにマウントし、このディレクトリ内でエクスプローラーなどのファイル管理ツールからファイルを参照、コピー、貼り付け、編集することができます。この際、イメージの抽出や再作成を行う必要はありません。通常の場合 ImageX は、イメージベース展開中に Windows PE 環境で使用します。

このセクションの内容

 

ImageX とは

ImageX に関連する利点、一般的なシナリオ、制限事項、依存関係、およびサポートされるプラットフォームやテクノロジについて説明します。

ImageX のしくみ

アーキテクチャと ImageX のしくみについて説明します。

ImageX のコマンド ライン オプション

ImageX のコマンドライン オプションについて説明します。

Windows イメージ ファイル形式 (WIM)

Windows イメージ (.wim) ファイルの形式について説明します。

数種類のアーキテクチャ用の Windows イメージを作成する

異なる種類のアーキテクチャを対象として、複数のイメージを管理する方法について説明します。

ImageX 構成ファイルを作成する

イメージに含めるまたは除外するフォルダーやファイルを指定する構成ファイルの作成方法について説明します。

ボリューム イメージを既存イメージに追加する

/append オプションを使用して、ボリューム イメージを既存の .wim ファイルに追加する方法について説明します。

関連項目

コミュニティの追加

追加
表示: