Sysprep とは

発行: 2009年10月

更新日: 2009年10月

適用対象: Windows 7

システム準備 (Sysprep) ツールは、複製、監査、および顧客向けの納入のために、Windows® のインストールを準備します。複製 (イメージングとも呼びます) を使用すると、組織内で再使用できるカスタマイズされた Windows イメージをキャプチャすることができます。監査モードでは、追加のデバイス ドライバーまたはアプリケーションを Windows インストールに追加できます。追加のドライバーとアプリケーションをインストールした後、Windows インストールの整合性をテストすることができます。また、顧客に納入するイメージを準備することもできます。顧客が Windows を起動すると、[Windows へようこそ] が起動します。

Sysprep は、Windows の新しいインストールの構成にのみ使用してください。Windows のインストールの構築と構成に必要であれば、Sysprep を何回でも実行できます。ただし、Windows ライセンス認証をリセットできるのは 3 回までです。Sysprep を使用して、既に展開された Windows の既存のインストールを再構成しないでください。

Important重要
Windows イメージを別のコンピューターに転送する場合、コンピューターのハードウェア構成が同じ場合でも、/generalize オプションを指定して sysprep コマンドを実行する必要があります。sysprep /generalize コマンドによって、Windows インストールからコンピューター固有の情報が削除され、そのイメージを別のコンピューターで再利用できるようになります。ハードウェア構成が同じコンピューターに Windows イメージをインストールする場合、応答ファイル内で PersistAllDeviceInstalls の設定を使用することにより、デバイス ドライバーのインストールを Windows イメージ内に保持できます。詳細については、無人 Windows セットアップに関するリファレンス (Unattend.chm) を参照してください。

次回 Windows イメージを起動するとき、specialize 構成パスが実行されます。この構成パスでは、多くのコンポーネントについて、Windows イメージを新しいコンピューターで起動したときに処理する必要のあるアクションが適用されます。

イメージング、ハード ディスクの複製、その他の方法など、Windows イメージを新しいコンピューターに移行するための方法を実行する前に、/generalize オプションを指定して Sysprep を実行する必要があります。sysprep /generalize コマンドを実行せずに Windows イメージを別のコンピューターに移動またはコピーすることは、サポートされていません。

このトピックの内容

Sysprep の利点

Sysprep には次のような利点があります。

  • Windows からシステム固有のデータを削除します。Sysprep を使用すると、インストール済みの Windows イメージから、コンピューターのセキュリティ識別子 (SID) などのシステム固有の情報をすべて削除できます。その後で Windows インストールをキャプチャすると、組織全体でインストールすることができます。

  • 監査モードで起動するように Windows を構成します。監査モードでは、サード パーティのアプリケーションやデバイス ドライバーをインストールすることができるほか、コンピューターの機能をテストすることもできます。

  • [Windows へようこそ] が起動するように Windows を構成します。コンピューターの次回起動時に [Windows へようこそ] が起動するように、Windows インストールを構成します。[Windows へようこそ] が起動するようにシステムを構成するのは、一般的には、コンピューターを顧客に納入する直前です。

  • Windows 製品のライセンス認証をリセットします。Sysprep では Windows 製品のライセンス認証を 3 回までリセットできます。

一般的な Sysprep のシナリオ

Sysprep ツールは、一般に次のようなシナリオで使用します。

BTP (ビルド ツー プラン) 用の Windows イメージを作成する

BTP シナリオでは、Windows 参照イメージを 1 つだけ作成して、同一のハードウェア構成を使用している複数のコンピューターにインストールします。Windows をインストールしてからドライバーとアプリケーションを追加して、単一の Windows 参照インストールをカスタマイズします。その後で、Windows イメージをキャプチャし、各コンピューターへのインストールに使用します。このイメージに変更を加えることはありません。

このシナリオには次の段階があります。

  1. 参照コンピューターに Windows をインストールします。

  2. インストールが完了したら、コンピューターを起動し、追加のデバイス ドライバーやアプリケーションをインストールします。

  3. Windows インストールを更新した後、sysprep /oobe /generalize コマンドを実行します。/generalize オプションは、Windows インストールからシステム固有のデータを削除するよう、Sysprep に対して指示するためのものです。システム固有の情報には、イベント ログ、一意なセキュリティ識別子 (SID)、およびその他の一意な情報があります。固有のシステム情報の削除が完了すると、コンピューターはシャットダウンします。/oobe オプションは、コンピューターの次回起動時に [Windows へようこそ] を実行するよう、Windows インストールに対して指示するためのものです。

  4. コンピューターがシャットダウンした後、そのコンピューターでは、Windows PE か別のオペレーティング システムを起動することができます。

  5. 次に、ImageX を使用して Windows インストールをキャプチャします。これで、同一のハードウェア構成を持つ複数のコンピューターにインストールする参照イメージが作成されます。

BTO (ビルド ツー オーダー) 用の Windows イメージを作成する

BTO シナリオでは、Windows 参照イメージを基にして作業を開始します。その参照イメージをインストールしてから、インストール先のコンピューターに固有の更新を Windows インストールに追加します。一般に、これは顧客から要求されたアプリケーションや更新です。監査モードで起動することで、コンピューター固有の追加デバイスやアプリケーションをインストールできます。

BTO シナリオが BTP シナリオと異なる点は、コンピューターに固有の変更を Windows 参照インストールに追加する点です。

このシナリオには次の段階があります。

  1. まず組織内のすべてのコンピューターに適用できる Windows 参照イメージを用意します。

  2. Windows 参照イメージを、顧客に納入する必要があるコンピューターにインストールします。

  3. インストールが完了したら、sysprep /audit /generalize /shutdown コマンドを実行し、コンピューターを監査モードで起動するよう Windows を構成します。その後、別のパーティションに起動するか、または Windows PE を使用して、Windows イメージをキャプチャできます。

    この結果、イメージは、保存しておくと同じ構成のコンピューターにインストールすることができる参照イメージになります。

  4. 新しい参照イメージは、別の新しいコンピューターへのインストールに使用できます。インストールを行うと、Windows イメージがコンピューターに適用され、Windows が監査モードで起動します。

  5. 顧客からの注文に応じて追加のアプリケーションとその他の更新をインストールすることができます。また、コンピューターをテストして、すべてのコンポーネントが正常に動作しているかどうかを確認することもできます。

    noteメモ
    sysprep /generalize /oobe コマンドを使用して Windows イメージをインストールした場合、ユーザーにとって必ずしも最適な環境ではなくなることに注意してください。sysprep /generalize /oobe を実行した場合、次回再起動時には、[Windows へようこそ] が起動する前に、specialize 構成パス、プラグ アンド プレイ、およびその他のセットアップ タスクが Windows によって実行されます。このプロセスに時間がかかり、顧客の初回ログオンまでに必要な時間が長くなることがあります。

  6. Windows インストールを更新した後、sysprep /oobe /shutdown コマンドを実行します。

  7. コンピューターを梱包し、顧客に納入します。

  8. コンピューターの次回起動時には [Windows へようこそ] が実行されます。

監査モードで起動する

監査モードを使用すると、OEM および企業は Windows インストールをすばやくカスタマイズできます。監査モードでは、アプリケーションのインストール、デバイス ドライバーの追加、スクリプトの実行、および Windows インストールの有効性テストを行うことができます。監査モードでは [Windows へようこそ] の設定を適用する必要がありません。

通常、Windows はインストール後すぐに [Windows へようこそ] を起動します。しかし、監査モードで起動すると、[Windows へようこそ] を表示しないでコンピューターを直接デスクトップに起動できます。これにより、可能な限りすばやくカスタマイズ プロセスを開始できます。

監査モードを使用すると、顧客への納入前にコンピューターの動作を確認することもできます。エンド ユーザーの初回起動時の動作が予期したとおりの動作になるかどうかを確認し、OEM 設定や自社のサポート オプションに関する情報が存在しているかどうかを確認することができます。

監査モードで起動する方法は、いくつかあります。

  • 有人インストールでは、[Windows へようこそ] 画面で Ctrl キーと Shift キーを押しながら F3 キーを押します。

  • 無人インストールでは、Microsoft-Windows-Deployment コンポーネントを oobeSystem 構成パスに追加します。Reseal\ Mode の設定で Audit を指定します。インストールが完了したら、コンピューターは監査モードで再起動します。この設定の詳細については、無人 Windows セットアップに関するリファレンス (Unattend.chm) を参照してください。

  • コマンド プロンプト ウィンドウで sysprep /audit コマンドを実行します。

監査モードの詳細については、「Windows を監査モードでカスタマイズする」を参照してください。

Windows インストールの構成が完了したら、sysprep /oobe コマンドを実行して、顧客に納入できるようにコンピューターを準備できます。/oobe オプションは、コンピューターの次回起動時に [Windows へようこそ] を実行するよう、Windows に対して指示するためのものです。

Sysprep の制限事項

Sysprep には次の制限事項があります。

  • 構成しようとしている Windows イメージにインストールされている Sysprep ツールのみを使用する必要があります。Sysprep は、インストールした個々の Windows に含まれています。Sysprep は常に %WINDIR%\system32\sysprep ディレクトリから実行する必要があります。

  • Sysprep ツールは、インストールの種類がアップグレード インストールである場合には使用しないでください。Sysprep は新規インストール時にのみ実行してください。

  • imagex /apply コマンドを使用して Windows イメージをコンピューターに適用する場合は、参照コンピューターとセットアップ先のコンピューターでパーティション レイアウトが同じでなければなりません。たとえば、カスタム Windows イメージをドライブ D でキャプチャした場合、そのイメージは常にセットアップ先のコンピューターのドライブ D に展開する必要があります。次の一覧は、imagex /apply コマンドを使用する場合に、参照コンピューターとセットアップ先のコンピューターで同じなければならないパーティション設定を示しています。

    • パーティションの種類 (プライマリ、拡張、または論理) が一致している必要があります。

    • 参照コンピューターでパーティションがアクティブに設定されている場合、セットアップ先のコンピューターでも同様にパーティションがアクティブに設定されている必要があります。

    複数のパーティションを適用する場合、BCDBoot ツールを使用して、ブート構成データをシステム パーティションにコピーできます。詳細については、「ImageX を使用してイメージを適用する」を参照してください。

    noteメモ
    Windows イメージの再キャプチャ前にインストールするカスタム アプリケーションには、一貫して同じドライブ文字を使用することが必要な場合もあります。一部のアプリケーションでは、システムのドライブ文字を含むパスが保存されています。システムのドライブ文字がアプリケーションに指定されているドライブ文字と一致していない場合、アンインストール、サービス、修復の各シナリオが適切に機能しないことがあります。

  • すべてのサーバーの役割で Sysprep がサポートされるわけではありません。特定のサーバーの役割が構成された Windows Server® 2008 または Windows Server® 2008 R2 のインストールに対して sysprep /generalize コマンドを実行すると、イメージングおよび展開の後にそれらのサーバーの役割が機能しなくなる可能性があります。詳細については、「サーバー役割の Sysprep サポート」を参照してください。

  • コンピューター間で Windows イメージをコピーする際、参照コンピューターとセットアップ先のコンピューターで互換性のあるハードウェア アブストラクション レイヤー (HAL) を使用する必要はありません。ブート構成データ (BCD) の /detecthal オプションによって、Sysprep が既に実行されているシステムに、正しい HAL をインストールできます。

  • 参照コンピューターとセットアップ先のコンピューターでプラグ アンド プレイ デバイス (モデム、サウンド カード、ネットワーク アダプター、ビデオ カードなど) の製造元が同じである必要はありません。ただし、これらのデバイスのドライバーがインストールに含まれている必要があります。

  • auditUser 構成パスで RunSynchronous コマンドを使って Sysprep の実行を自動化することはできません。ただし、Microsoft-Windows-Deployment コンポーネントの generalize 設定を使用すると、インストール後に、コンピューターをイメージング用に自動的に準備することができます。

  • ライセンス認証用の時計は、Windows を初めて起動したときにカウントダウンを始めます。Sysprep を使用して Windows 製品のライセンス認証用の時計をリセットできる回数は、最大 3 回です。Sysprep を 3 回実行すると、時計をリセットできなくなります。

  • イメージ ベース セットアップには、ImageX、サード パーティのディスク イメージング ソフトウェア、またはディスク複製用ハードウェア デバイスが必要です。これらの製品を利用すると、コンピューターのハード ディスクのバイナリ イメージを作成して、そのイメージを別のハード ディスクに複製したり、独立したディスク上にファイルとして格納したりできます。

  • Sysprep ツールが実行されるのは、コンピューターがドメインのメンバーではなく、ワークグループのメンバーである場合だけです。コンピューターがドメインに参加している場合、Sysprep はそのコンピューターをドメインから削除します。

  • 暗号化されたファイルまたはフォルダーを含む NTFS ファイル システム パーティションで Sysprep を実行すると、それらのフォルダー内のデータは完全に読み取りも回復もできなくなります。

  • Sysprep は %COMPUTERNAME% 環境変数の値をすべて大文字に変換します。ただし、コンピューターの実際の名前が変更されるわけではありません。

  • Sysprep を実行すると、[Windows へようこそ] でプロダクト キーの入力が要求されます。応答ファイルを Sysprep と共に使用して、[Windows へようこそ] でプロダクト キーの入力が要求されないようにすることができます。specialize 構成パスの実行中に Microsoft-Windows-Shell-Setup コンポーネントの ProductKey 設定で有効なプロダクト キーを指定すると、[Windows へようこそ] でプロダクト キーの入力が要求されなくなります。

  • コンピューターがドメインに参加しており、ドメインのグループ ポリシーで強力なアカウント パスワード ポリシーがそのコンピューターに割り当てられている場合、すべてのユーザー アカウントには強力なパスワードが必要になります。Sysprep または [Windows へようこそ] を実行しても、強力なパスワード ポリシーは削除されません。

    Sysprep または [Windows へようこそ] を実行する前に、強力なパスワードをユーザー アカウントに割り当てないと、そのコンピューターにログオンできない場合があります。ユーザー アカウントに対しては、強力なパスワードを必ず使用することをお勧めします。

Sysprep の依存関係

Sysprep には次の依存関係があります。

  • Sysprep は Windows セットアップを実行した後で使用します。

  • インストールのイメージをキャプチャするために、ImageX などのイメージング ツールが必要です。

Sysprep に関連するテクノロジ

Sysprep ツールには、次のテクノロジが関連しています。

ImageX

ImageX とは、相手先ブランド供給の製造元 (OEMs) および企業が Windows イメージをキャプチャ、変更、適用して、展開をすばやく行えるようにするコマンド ライン ツールのことです。ImageX は Windows イメージ (.wim) ファイルを処理し、セットアップ先のコンピューターにイメージを直接コピーします。また、.wim ファイルを使用するその他のテクノロジと連携することもできます。ImageX に含まれるキャプチャ機能や低レベルの機能を必要としていない企業でも、無人インストール、グループ ポリシー、Systems Management Server (SMS) などの関連テクノロジを利用することができます。

Windows ソフトウェア保護プラットフォーム (SPP)

Windows ソフトウェア保護プラットフォーム (SPP) は、マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項の遵守を確実なものにし、これによって Windows の違法コピーを減らします。以前のバージョンの Windows では、これは Windows 製品のライセンス認証 (WPA) と呼ばれていました。製品のライセンス認証では、プロダクト キーと、ソフトウェアがインストールされている個々のコンピューターが照合されます。つまり、プロダクト キーを検証し、そのプロダクト キーが、ライセンスを供与された数よりも多いコンピューターで使用されていないことを確認します。

Windows セットアップ

Windows セットアップは、Windows のインストールや、以前のバージョンの Windows からのアップグレードを実行するプログラムです。

無人 Windows セットアップ応答ファイル

無人 Windows セットアップ応答ファイル (通常は Unattend.xml という名前です) は、Windows セットアップ用の応答ファイルです。これは Windows システム イメージ マネージャー (Windows SIM) を使用して作成します。この応答ファイルを使用すると、Windows の既定の設定を構成できるほか、ドライバー、ソフトウェア更新プログラム、およびその他のアプリケーションを追加することができます。OEM および企業は、この応答ファイルを使用して Windows セットアップの処理をカスタマイズできます。たとえば、ディスクの構成を指定したり、Internet Explorer® の既定値を変更したり、追加のドライバーをインストールしたりできます。

noteメモ
この単一の応答ファイルは、以前のバージョンの Windows で使用されていたすべての応答ファイル (Unattend.txt、Winbom.ini、Oobeinfo.ini、および Sysprep.inf) に代わるものです。

Windows システム イメージ マネージャー

Windows システム イメージ マネージャー (Windows SIM) を使用すると、Windows イメージをカスタマイズできます。Windows SIM では、Windows イメージに含まれる設定をカスタマイズできます。カスタム構成に応じて無人 Windows セットアップ応答ファイル (通常は Unattend.xml という名前です) を作成することができます。この応答ファイルは、Windows セットアップの実行時に、カスタム構成を Windows に適用するために使用されます。応答ファイルには、オペレーティング システムの既定のコンポーネントに加える変更を指定したり、サードパーティ製のドライバーや製品更新プログラムなどのソフトウェアを追加したりすることができます。

Sysprep プロバイダー

ソフトウェア開発者およびハードウェア開発者 (例: 一般企業の社内開発者、独立系ソフトウェア ベンダー (ISV)、独立系ハードウェア ベンダー (IHV)) は、Sysprep プロバイダーを作成して、自社製アプリケーションをイメージング シナリオと展開シナリオに対応させることができます。アプリケーションで現在、Sysprep ツールを使用した一般化処理がサポートされていない場合、ソフトウェアおよびハードウェアに固有の情報をアプリケーションからすべて削除する Sysprep プロバイダーを作成できます。

noteメモ
Sysprep プロバイダーの詳細については、「Sysprep Provider Developer’s Guide for Windows 7」(英語) を参照してください。

関連項目

コミュニティの追加

追加
表示: