REAgentC のコマンド ライン オプション

発行: 2009年10月

更新日: 2009年10月

適用対象: Windows 7

REAgentC.exe は、カスタムの Windows® 回復環境 (Windows RE) を展開する場合、およびイメージ回復ソリューションを有効にする場合に使用します。

オフライン Windows イメージまたは実行中の Windows オペレーティング システムに対して、REAgentC コマンドを実行できます。

Windows PE 2.X を使用してオフライン Windows® 7 イメージの回復を構成している場合は、Windows OEM プレインストール キット (Windows OPK) の Recovery フォルダーから Winrecfg.exe を実行します。Winrecfg.exe は、REAgentC.exe がサポートするオフライン操作しかサポートしません。また、Windows 自動インストール キット (Windows AIK) には含まれていません。

REAgentC コマンド

REAgentC には、次の規則が使用されます。

REAgentC {option} [argument]

 

オプション オンライン/オフライン 説明

/setreimage /path <Windows_RE_location> [/target <offline_OS>] [/bootkey<scancode>]

両方

カスタム Windows RE イメージの場所を、現在実行中のシステムまたはオフラインの Windows 7 イメージに保存します。場所を指定すると、/enable オプションを使用して Windows RE を有効にできます。

設定をオフラインで適用する場合は、/target 引数を使用して Windows 7 イメージの場所を指定します。

reagentc /setreimage /path S:\Recovery\WindowsRE\winre.wim /target C:\Windows

/bootkey は、"スタートアップ中に特定のキーを押すと Windows RE およびカスタム回復アプリケーションが起動する" ということを指定する引数です。

reagentc /setreimage /path S:\Recovery\WindowsRE\winre.wim /target C:\Windows /bootkey 3b00

次の表に、さまざまなキーに対するスキャン コードの例を示します。

 

キー スキャン コード

F1

0x3b00

F2

0x3c00

F3

0x3d00

F4

0x3e00

F5

使用しない (予約済み)

F6

0x4000

F7

0x4100

F8

使用しない (予約済み)

F9

0x4300

F10

0x4400

F11

0x8500

F12

0x8600

ブートストラップ アクションをカスタマイズする方法の詳細については、「カスタム ブートストラップ アクション」を参照してください。

/enable [/auditmode]

オンラインのみ

/setreimage オプションで指定したカスタム Windows RE を有効にします。回復イメージを指定しなかった場合、\Windows\System32\Recovery にある既定の Winre.wim を使用して Windows RE を有効にする処理が試みられます。

既定では、Windows が監査モードの場合は、/enable オプションは何も実行しません。この既定の動作を変更し、監査モードで Windows RE を有効にするには、/auditmode 引数を指定します (監査モードで /enable オプションを使用した後でイメージを一般化した場合、/enable オプションを再度使用するかまたは OOBE が完了するまでの間、Windows RE は無効になります)。

/disable

オンラインのみ

現在実行中の Windows 7 システムにマップされているアクティブな Windows RE をすべて無効にします。

/boottore

オンラインのみ

システムの次回起動時に Windows RE が自動的に起動するように指定します。

/setosimage /path <recovery_image>|/customtool [/target<offline_OS>]

両方

/path 引数と共に使用した場合、回復イメージの場所を、現在実行中のシステムまたはオフラインの Windows 7 イメージに保存します。回復イメージは、Windows イメージ形式になっている必要があり、Windows セットアップを使用してインストールできます。

また、カスタム回復アプリケーションを Windows RE に追加した場合は、/customtool 引数を使用します。

設定をオフラインで適用する場合は、/target 引数を使用して Windows 7 イメージの場所を指定します。

/info [/target<offline_OS>]

両方

現在実行中のシステム上またはオフラインの Windows 7 イメージ上にある、Windows RE および使用可能なすべての回復イメージに関する現在の状態を表示します。設定をオフラインで適用する場合は、/target 引数を使用して Windows 7 イメージの場所を指定します。

関連項目

コミュニティの追加

追加
表示: