ネイティブ ブート仮想ハード ディスクをブート メニューに追加する

発行: 2009年10月

更新日: 2009年10月

適用対象: Windows 7, Windows Server 2008 R2

次の手順では、BCDedit ツールを使用して、ネイティブ ブート仮想ハード ディスク (VHD) をブート メニューに追加する方法について説明します。既に Windows® 7 がインストールされたコンピューターに VHD を追加する場合、メニューにブート エントリを追加する必要があります。Windows Server® 2008 などの古いバージョンの Windows を実行するコンピューターに VHD を追加する場合、BCDboot ツールを使用してシステム パーティションを更新してから、BCDedit ツールを使用してブート メニューを編集する必要があります。

BIOS ベースのコンピューターを更新して Windows 7 ブート メニューを追加するには

Windows 7 ブート メニューがない BIOS ベースのコンピューター (実行するオペレーティング システムとして Windows Server 2008 を使用するコンピューターなど) に VHD を展開する場合、ネイティブ ブート VHD 用にシステムを構成するには、Windows プレインストール環境 (Windows PE) ディスクを使用してブート環境を更新する必要があります。

  1. .vhd ファイルを、対象となるコンピューターにコピーします。たとえば、コマンド プロンプトで次のように入力します。

    copy N:\VHDs\windows7.vhd C:
    
  2. Windows PE で DiskPart ツールを使用して、対象となるコンピューターで VHD をアタッチします。VHD は Attach vdisk コマンドを使用してアタッチできます。これにより VHD がアクティブ化され、VHD は .vhd ファイルではなくディスク ドライバーとしてホスト上に表示されます。コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力します。

    diskpart
    select vdisk file=c:\windows7.vhd
    attach vdisk
    list volume
    select volume <volume_number_of_attached_VHD>
    assign letter=v
    exit
    
  3. VHD イメージの \System32 ディレクトリか Windows PE にある BCDboot ツールを使用して、VHD の \Windows ディレクトリのブート環境ファイルとブート構成データ (BCD) の構成をシステム パーティションにコピーします。BIOS ファームウェア搭載のコンピューターでは、システム パーティションは最初のハード ディスクのアクティブなパーティションになります。たとえば、VHD イメージの BCDboot を使用するには、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。

    cd v:\windows\system32
    bcdboot v:\windows
    

BCDboot ツールにより、BCD の更新時に既存のインストールの情報が自動的にインポートされます。上記の手順で、Windows 7 ブート環境が追加され、コンピューターが更新されました。これで、このトピックの後半のセクション「既存の Windows 7 ブート メニューにネイティブ ブート VHD を追加するには」の手順に従って操作できます。

UEFI ベースのコンピューターを更新して Windows 7 ブート メニューを追加するには

Windows 7 ブート メニューがない UEFI ベースのコンピューター (実行するオペレーティング システムとして Windows Server 2008 を使用するコンピューターなど) に VHD を展開する場合、ネイティブ ブート VHD を使用するようにシステムを構成するには、Windows PE ディスクを使用してブート環境を更新する必要があります。

  1. .vhd ファイルを、対象となるコンピューターにコピーします。たとえば、コマンド プロンプトで、次のように入力します。

    copy N:\VHDs\windows7.vhd C:
    
  2. Windows PE で DiskPart ツールを使用して、対象となるコンピューターで VHD をアタッチします。VHD は Attach vdisk コマンドを使用してアタッチできます。これにより VHD がアクティブ化され、VHD は .vhd ファイルではなくディスク ドライバーとしてホスト上に表示されます。コマンド プロンプトで、次のように入力します。

    diskpart
    select vdisk file=C:\windows7.vhd
    attach vdisk
    list volume
    select volume <volume_number_of_attached_VHD>
    assign letter=v
    exit
    
    
  3. UEFI ベースのコンピューターでは、システム パーティションは既定で非表示になっており、BCDboot ツールを実行する前にドライブ文字を割り当てる必要があります。EFI システム パーティションを指定してドライブ文字を割り当てるには、DiskPart ツールを使用します。コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力します。

    diskpart
    select disk 0
    list partition
    select partition <x>
    assign letter=s
    exit
    
    
    ここで、<x> は FAT でフォーマットされた 100 MB の EFI システム パーティションです。

  4. VHD イメージの \System32 ディレクトリか Windows PE にある BCDboot ツールを使用して、VHD の \Windows ディレクトリのブート環境ファイルと BCD の構成をシステム パーティションにコピーします。たとえば、VHD イメージの BCDboot を使用するには、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。

    cd v:\windows\system32
    bcdboot v:\windows /s s:
    

BCDboot ツールにより、BCD の更新時に既存のインストールの情報が自動的にインポートされます。上記の手順で、Windows 7 ブート環境が追加され、コンピューターが更新されました。これで、既存の Windows 7 ブート メニューにネイティブ ブート VHD を追加する手順に従って操作できます。

既存の Windows 7 ブート メニューにネイティブ ブート VHD を追加するには

Windows 7 または Windows Server® 2008 R2 がインストールされたコンピューターに VHD を展開する場合、新しい VHD をブート可能にし、ブート メニューに追加するには、BCDedit ツールを使用します。BCDedit ツールの使用方法の詳細については、Microsoft Web サイト (英語の可能性あり) を参照してください。

noteメモ
開始する前に、BCDedit ツールを /export オプションを指定して実行し、BCD ストアをバックアップできます。たとえば、コマンド プロンプトで次のように入力します。bcdedit /export c:\bcdbackup

  1. Windows 7 インストールの既存のブート エントリをコピーします。次に、このコピーを VHD ブート エントリとして使用できるように変更します。コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力します。

    bcdedit /copy {default} /d "vhd boot (locate)"
    
    BCDedit コマンドが正常に実行されると、コマンド プロンプト ウインドウの出力で {GUID} が返されます。

  2. 前のコマンドのコマンド プロンプトの出力で {GUID} を探します。GUID (かっこ付き) をコピーし、次の手順で使用します。

  3. VHD ブート エントリに device オプションと osdevice オプションを設定します。コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力します。

    bcdedit /set {guid} device vhd=[locate]\windows7.vhd
    bcdedit /set {guid} osdevice vhd=[locate]\windows7.vhd
    
  4. VHD のブート エントリを既定のブート エントリとして設定します。コンピューターが再起動されると、ブート メニューにコンピューター上の Windows インストールがすべて表示され、オペレーティング システムの選択のカウントダウンが終わると VHD が起動します。コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力します。

    bcdedit /default {guid}
    
  5. 一部の x86 ベース システムでは、一定のハードウェア情報を検出し、VHD から正常にネイティブ ブートするために、カーネルのブート構成オプションが必要です。コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力します。

    bcdedit /set {guid} detecthal on
    

関連項目

コミュニティの追加

追加
表示: