Set-CMManagementPointComponent

Set-CMManagementPointComponent

Sets a component for a management point in Configuration Manager.

構文

Parameter Set: SearchBySiteCodeMandatory
Set-CMManagementPointComponent -PublishDns <Boolean> -SiteCode <String> [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: SearchByNameMandatory
Set-CMManagementPointComponent -Name <String> -PublishDns <Boolean> [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: SearchByValueMandatory
Set-CMManagementPointComponent -InputObject <IResultObject> -PublishDns <Boolean> [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Set-CMManagementPointComponent cmdlet sets a component for a management point in Microsoft System Center 2012 Configuration Manager.

パラメーター

-InputObject<IResultObject>

Specifies an input object. To obtain an input object, use the Get-CMManagementPointComponent cmdlet.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Name<String>

Specifies a name in Configuration Manager.


エイリアス

SiteName

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-PublishDns<Boolean>

Indicates whether to publish resource records for the management point component in the Domain Name System (DNS). Configuration Manager clients use DNS service location resource records (SRV RR) to find a management point in a site.

For Configuration Manager to publish management points to DNS, your DNS servers must have version 8.1.2 of BIND, or later. Your DNS servers must be configured for automatic updates and support service location resource records. The fully qualified domain names (FQDNs) of management points must have host entries in DNS.

You must assign clients to a specific site and configure the clients to use the site code with the domain suffix of their management point.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-SiteCode<String>

Specifies a site code in Configuration Manager.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Confirm

コマンドレットを実行する前に、ユーザーに確認を求めます。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-WhatIf

コマンドレットを実行するとどのような結果になるかを表示します。コマンドレットは実行されません。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

Example 1: Set a management point component

The command uses the Set-CMManagementPointComponent cmdlet to set a management point component by using the SiteCode parameter. The command also sets the PublishDNS parameter to $True to publish the management point component in DNS.


PS C:\> Set-CMManagementPointComponent -SiteCode "CM1" -PublishDNS $True

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: