New-CMWiredProfileObject

New-CMWiredProfileObject

Creates a profile that specifies settings for AMT-based computers on a wired network.

構文

Parameter Set: NewWiredProfileObject
New-CMWiredProfileObject -ClientAuthenticationMethod <ClientAuthenticationMethodType> {EapTls | EapTtlsMschapv2 | Peapv0EapMschapv2} -ClientCertificateTemplate <String> -ClientCertificationAuthorityName <String> -ClientIssuingCertificationAuthority <String> -TrustedRootCertificate <X509Certificate2> [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The New-CMWiredProfileObject cmdlet creates a Microsoft System Center 2012 Configuration Manager profile that specifies settings that Intel Active Management Technology (Intel AMT)-based computers use on a wired network. These settings must match the configuration on your Remote Authentication Dial-In User Service (RADIUS) server. System Center 2012 Configuration Manager cannot validate that these settings with your RADIUS server.

パラメーター

-ClientAuthenticationMethod<ClientAuthenticationMethodType>

Specifies the client authentication method configured on your RADIUS server. Valid values are:

-- EapTls. EAP-TLS.
-- EapTtlsMschapv2. EAP-TTLS/MSCHAPv2.
-- Peapv0EapMschapv2. PEAPv0/EAP-MSCHAPv2.

The default authentication method is EAP-TLS.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-ClientCertificateTemplate<String>

Specifies a client certificate template.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-ClientCertificationAuthorityName<String>

Specifies a certification authority for the client.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-ClientIssuingCertificationAuthority<String>

Specifies an issuing certification authority for the client.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-TrustedRootCertificate<X509Certificate2>

Specifies the trusted root certificate that the RADIUS server uses as its server authentication certificate.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Confirm

コマンドレットを実行する前に、ユーザーに確認を求めます。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-WhatIf

コマンドレットを実行するとどのような結果になるかを表示します。コマンドレットは実行されません。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

Example 1: Create a profile for AMT-based computers on a wired network

This command creates a profile for Intel AMT-based computers on a wired network. The command specifies security settings, such as the client authentication method and information necessary for certificates. These settings must match the settings for the RADIUS server.


PS C:\> New-CMWiredProfileObject -ClientAuthenticationMethod EapTtlsMschapv2 -ClientCertificateTemplate "Contoso Wired User" -ClientCertificationAuthorityName "Contoso CA 1" -ClientIssuingCertificationAuthority "ContosoCA.Contoso.com" -TrustedRootCertificate "Contoso Root"

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: