New-CMMigrationJob

New-CMMigrationJob

Creates a migration job in System Center 2012 Configuration Manager.

構文

Parameter Set: NewMigrationJobByCollectionMigrateObject
New-CMMigrationJob -CollectionMigrationJobType -MigrateObjectWithSpecifiedCollection -MigrationCollection <IResultObject[]> -MigrationObject <IResultObject[]> -Name <String> -SecurityScope <IResultObject[]> [-CollectionLimitingMapping <Hashtable> ] [-ContentObjectsSiteCodeMapping <Hashtable> ] [-Description <String> ] [-EnableProgramAfterAdvertisementMigrated <Boolean> ] [-MigrationJobSchedule <DateTime> ] [-OverwriteAllObject <Boolean> ] [-SaveCollectionInfoPath <String> ] [-SaveObjectInfoPath <String> ] [-SiteCodeReplacementMapping <Hashtable> ] [-TransferOrganizationalFolderStructure <Boolean> ] [-UtcTime <Boolean> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: NewMigrationJobByCollectionNotMigrateObject
New-CMMigrationJob -CollectionMigrationJobType -MigrationCollection <IResultObject[]> -Name <String> -SecurityScope <IResultObject[]> [-CollectionLimitingMapping <Hashtable> ] [-Description <String> ] [-EnableProgramAfterAdvertisementMigrated <Boolean> ] [-MigrationJobSchedule <DateTime> ] [-OverwriteAllObject <Boolean> ] [-SaveCollectionInfoPath <String> ] [-SaveObjectInfoPath <String> ] [-SiteCodeReplacementMapping <Hashtable> ] [-TransferOrganizationalFolderStructure <Boolean> ] [-UtcTime <Boolean> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: NewMigrationJobByObject
New-CMMigrationJob -MigrationObject <IResultObject[]> -Name <String> -ObjectMigrationJobType -SecurityScope <IResultObject[]> [-ContentObjectsSiteCodeMapping <Hashtable> ] [-Description <String> ] [-MigrationJobSchedule <DateTime> ] [-OverwriteAllObject <Boolean> ] [-SaveObjectInfoPath <String> ] [-SiteCodeReplacementMapping <Hashtable> ] [-TransferOrganizationalFolderStructure <Boolean> ] [-UtcTime <Boolean> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: NewMigrationJobByObjectModified
New-CMMigrationJob -MigrationObject <IResultObject[]> -Name <String> -ObjectModifiedAfterMigrationJobType -SecurityScope <IResultObject[]> [-ContentObjectsSiteCodeMapping <Hashtable> ] [-Description <String> ] [-MigrationJobSchedule <DateTime> ] [-OverwriteAllObject <Boolean> ] [-SaveObjectInfoPath <String> ] [-SiteCodeReplacementMapping <Hashtable> ] [-TransferOrganizationalFolderStructure <Boolean> ] [-UtcTime <Boolean> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The New-CMMigrationJob cmdlet creates a migration job in Microsoft System Center 2012 Configuration Manager.

パラメーター

-CollectionLimitingMapping<Hashtable>

Specifies key-value pairings to limit a collection. Collection limiting prevents the addition of collection members you do want in the collection.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-CollectionMigrationJobType

Indicates that the job migrates collections, objects, or previously migrated objects.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-ContentObjectsSiteCodeMapping<Hashtable>

Specifies key-value pairs that map content objects in the new site.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Description<String>

Specifies a description for the migration job.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-EnableProgramAfterAdvertisementMigrated<Boolean>

Indicates whether to enable programs associated with an advertisement after they have migrated.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-MigrateObjectWithSpecifiedCollection

Indicates that you migrate associated objects with the collection.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-MigrationCollection<IResultObject[]>

Specifies an array of input objects.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-MigrationJobSchedule<DateTime>

Specifies a date time, in D.HH:MM:SS format, to schedule the migration job.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-MigrationObject<IResultObject[]>

Specifies an array of input objects.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Name<String>

Specifies the name of a migration job in Configuration Manager.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-ObjectMigrationJobType

Indicates that the job type is an object migration job.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-ObjectModifiedAfterMigrationJobType

Indicates that the new migration job only includes objects that were modified since the last migration.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-OverwriteAllObject<Boolean>

Indicates whether to overwrite objects in the destination database.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-SaveCollectionInfoPath<String>

Specifies a path for the collection information.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-SaveObjectInfoPath<String>

Specifies a path for the object information.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-SecurityScope<IResultObject[]>

Specifies an array of security scope objects. To obtain a security scope object, use the Get-CMSecurityScope cmdlet. The cmdlet applies the security scopes that you specify to data migrated to the destination hierarchy.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-SiteCodeReplacementMapping<Hashtable>

Specifies key-value pairs that map a migrated collection to a site in the destination.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-TransferOrganizationalFolderStructure<Boolean>

Indicates whether to migrate an empty collection. Configuration Manager converts the empty collection to an organizational folder.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-UtcTime<Boolean>

Indicates whether to use UTC time.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Confirm

コマンドレットを実行する前に、ユーザーに確認を求めます。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-WhatIf

コマンドレットを実行するとどのような結果になるかを表示します。コマンドレットは実行されません。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

Example 1: Create a migration job

The first command creates mappings of site codes and stores the result in the $Group variable.

The second command uses the Get-CMInitModifiableSecuredCategory cmdlet and stores the result in the $CategoryObjects variable.

The third command uses the Get-CMMigrationEntity cmdlet and stores the result in the $MigrationEntity variable.

The fourth command uses the New-CMMigrationJob cmdlet to create a migration job.


PS C:\> $Group = @{"122" = "123""234" = "123"}
PS C:\> $CategoryObjects = Get-CMInitModifiableSecuredCategory
PS C:\> $MigrationEntity = Get-CMMigrationEntity
PS C:\> New-CMMigrationJob -Name "123" -ObjectMigrationJobType -ContentObjectsSiteCodeMapping $Group -SecurityScope $CategoryObjects -MigrationObject $MigrationEntity

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: