Set-CMEnrollmentPoint

Set-CMEnrollmentPoint

Sets an enrollment point in System Center 2012 Configuration Manager.

構文

Parameter Set: SetByName
Set-CMEnrollmentPoint -SiteCode <String> -SiteSystemServerName <String> [-UseComputerAccount] [-UserName <String> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: SetByValue
Set-CMEnrollmentPoint -InputObject <IResultObject> [-UseComputerAccount] [-UserName <String> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Set-CMEnrollmentPoint cmdlet sets an enrollment point in Microsoft System Center 2012 Configuration Manager. An enrollment point is a site system role that uses public key infrastructure (PKI) certificates to complete mobile device enrollment and to provision Intel AMT-based computers.

パラメーター

-InputObject<IResultObject>

Specifies an input object. To obtain an input object, use the Get-CMEnrollmentPoint cmdlet.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-SiteCode<String>

Specifies the site code for a System Center 2012 Configuration Manager site.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-SiteSystemServerName<String>

Specifies the fully qualified domain name (FQDN) of the server that hosts the site system role.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-UseComputerAccount

Indicates that you use the computer account to connect to the Configuration Manager database.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-UserName<String>

Specifies a user account that the enrollment point uses to connect to the Configuration Manager database.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Confirm

コマンドレットを実行する前に、ユーザーに確認を求めます。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-WhatIf

コマンドレットを実行するとどのような結果になるかを表示します。コマンドレットは実行されません。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

Example 1: Set an enrollment point

The command sets an enrollment point, and specifies an account name to use to connect to the Configuration Manager database.


PS C:\> Set-CMEnrollmentPoint -SiteSystemServerName "CM-Contoso.Contoso.Com" -SiteCode "CM2" -UserName "Contoso\ElisaDaugherty"

Example 2: Set an enrollment point with the computer account

The command sets an enrollment point by specifying the site system server and site code, and uses the computer account to connect to the Configuration Manager database.


PS C:\> Set-CMEnrollmentPoint -SiteSystemServerName "CM-Contoso.Contoso.Com" -SiteCode "CM2" -UseComputerAccount

Example 3: Set an enrollment point by using an input object

The first command uses the Get-CMEnrollmentPoint cmdlet to get an enrollment point, and stores the result in the $Ep variable.

The second command sets an enrollment point for a server by using the input object stored in the $Ep variable.


PS C:\> $Ep = Get-CMEnrollmentPoint -SiteSystemServerName "CM-Contoso.Contoso.Com" -SiteCode "CM2" 
PS C:\> Set-CMEnrollmentPoint -InputObject $Ep -UserName "Contoso\ElisaDaugherty"

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: