Set-CMAssetIntelligenceSynchronizationPoint

Set-CMAssetIntelligenceSynchronizationPoint

Enables or disables an Asset Intelligence synchronization point.

構文

Parameter Set: SetByName
Set-CMAssetIntelligenceSynchronizationPoint -SiteSystemServerName <String[]> [-Enabled <Boolean> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: SetByValueMandatory
Set-CMAssetIntelligenceSynchronizationPoint -InputObject <IResultObject> [-Enabled <Boolean> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Set-CMAssetIntelligenceSynchronizationPoint cmdlet enables or disables one or more Asset Intelligence synchronization points. You must enable the Asset Intelligence synchronization point to perform scheduled Asset Intelligence catalog synchronizations with System Center Online.

パラメーター

-Enabled<Boolean>

Indicates whether the Asset Intelligence synchronization point is enabled.


エイリアス

ProxyEnabled

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-InputObject<IResultObject>

Specifies an Asset Intelligence synchronization point object. To obtain a CMAssetIntelligenceSynchronizationPoint object, use the Get-CMAssetIntelligenceSynchronizationPoint cmdlet.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-SiteSystemServerName<String[]>

Specifies an array of fully qualified domain names (FQDN) of the servers that host the site system role.


エイリアス

ProxyName

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Confirm

コマンドレットを実行する前に、ユーザーに確認を求めます。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-WhatIf

コマンドレットを実行するとどのような結果になるかを表示します。コマンドレットは実行されません。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

Example 1: Enable an Asset Intelligence synchronization point

This command enables the Asset Intelligence synchronization point on the site server named CMDIV-WEST04.CORP.CONTOSO.COM.


PS C:\> Set-CMAssetIntelligenceSynchronizationPoint -SiteSystemServerName "CMDIV-WEST04.CORP.CONTOSO.COM" -Enabled $True

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: