Set-CMStatusSummarizer

Set-CMStatusSummarizer

Modifies settings of a Configuration Manager status summarizer.

構文

Parameter Set: SetAppDeploymentSummarizer
Set-CMStatusSummarizer -ApplicationDeploymentSummarizer -SiteCode <String> [-DayInterval <Int32> ] [-HourInterval <Int32> ] [-MinuteInterval <Int32> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: SetAppStatisticsSummarizer
Set-CMStatusSummarizer -ApplicationStatisticsSummarizer -SiteCode <String> [-DayInterval <Int32> ] [-HourInterval <Int32> ] [-MinuteInterval <Int32> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: SetComponentStatusSummarizer
Set-CMStatusSummarizer -ComponentStatusSummarizer -SiteCode <String> [-EnableStatusSummarizer <Boolean> ] [-ReplicateToParentSite <Boolean> ] [-ReplicationPriority <ReplicationPriorityType> {High | Low | Normal} ] [-ThresholdPeriod <String> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: SetSiteSystemStatusSummarizer
Set-CMStatusSummarizer -SiteCode <String> -SiteSystemStatusSummarizer [-CriticalSizeKB <Int32> ] [-EnableStatusSummarizer <Boolean> ] [-ReplicateToParentSite <Boolean> ] [-ReplicationPriority <ReplicationPriorityType> {High | Low | Normal} ] [-Schedule <IResultObject> ] [-WarningSizeKB <Int32> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Set-CMStatusSummarizer cmdlet modifies settings of a status summarizer. The Microsoft System Center 2012 Configuration Manager status summarizers apply to the areas of application deployment, application statistics, component status, and site system status.

パラメーター

-ApplicationDeploymentSummarizer

Indicates that the summarizer is an application deployment status summarizer.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-ApplicationStatisticsSummarizer

Indicates that the summarizer is an application statistics status summarizer.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-ComponentStatusSummarizer

Indicates that the summarizer is a component status summarizer.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-CriticalSizeKB<Int32>

Specifies the threshold, in kilobytes, of free space for a Critical message. This parameter applies to site system status summarizers.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-DayInterval<Int32>

Specifies the frequency of status updates, in days, for a deployment last modified more than 90 days previously. This parameter is valid for application deployment status summarizers and application statistics summarizers.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-EnableStatusSummarizer<Boolean>

Indicates whether to enable Configuration Manager to summarize status messages for the site. This parameter applies to component status summarizers and site system status summarizers.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-HourInterval<Int32>

Specifies the frequency of status updates, in hours, for a deployment last modified in the last 31 to 90 days. This parameter is valid for application deployment status summarizers and application statistics summarizers.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-MinuteInterval<Int32>

Specifies the frequency of status updates, in minutes, for a deployment last modified in the last 30 days. This parameter is valid for application deployment status summarizers and application statistics summarizers.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-ReplicateToParentSite<Boolean>

Indicates whether to pass summarization data from this site to its parent site. This parameter applies to component status summarizers and site system status summarizers. If you specify a value of $True for this parameter, specify a priority by using the ReplicationPriority parameter and a threshold period by using the ThresholdPeriod parameter.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-ReplicationPriority<ReplicationPriorityType>

Specifies the priority of replication to the parent site. Valid values are: Low, Normal, and High. Specify this value if you specified $True for the ReplicateToParentSite parameter.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Schedule<IResultObject>

Specifies a schedule object that determines how often to summarize site system status. To obtain a schedule object, use the New-CMSchedule cmdlet.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-SiteCode<String>

Specifies the site code for a Configuration Manager site.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-SiteSystemStatusSummarizer

Indicates that the summarizer is a site system status summarizer.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-ThresholdPeriod<String>

Specifies a threshold period for replicating summarization information to a parent site. Specify a value if you specified a value of $True for the ReplicateToParentSite parameter. This parameter applies to component status summarizers.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-WarningSizeKB<Int32>

Specifies the threshold, in kilobytes, of free space for a Warning message. This parameter applies to site system status summarizers.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Confirm

コマンドレットを実行する前に、ユーザーに確認を求めます。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-WhatIf

コマンドレットを実行するとどのような結果になるかを表示します。コマンドレットは実行されません。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: