Set-WssDomainNameConfiguration

Set-WssDomainNameConfiguration

Changes the domain name configuration of the server.

構文

Parameter Set: Default
Set-WssDomainNameConfiguration [-DomainName] <String> [-CertificatePath] <String> [[-CertificateFilePassword] <SecureString> ] [-NoCertificateVerification] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Set-WssDomainNameConfiguration cmdlet changes the domain name configuration settings of the server. You can use this cmdlet to change the domain name of the server and configure the Secure Sockets Layer (SSL) certificate binding to the Web Server, terminal server, and virtual private network (VPN) server.

パラメーター

-CertificateFilePassword<SecureString>

Specifies the password, as a secure string, for the SSL certificate file.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

3

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-CertificatePath<String>

Specifies the path of the SSL certificate file. If the cmdlet cannot find the certificate file in this path, the cmdlet searches in the root of each hard drive on the computer.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

2

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-DomainName<String>

Specifies the domain name for the server.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

1

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-NoCertificateVerification

Indicates that the server skips verification of the SSL certificate.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

Example 1: Change the domain name configuration of the server

The first command converts the plain text string "P@ssW0rD!" into a secure string and stores the result in the $SecureString_pwd variable.

The second command specifies the domain name of the server, sets the password stored in the $SecureString_pwd variable, sets the path for the SSL certificate file, and specifies that the server skips verification of the SSL certificate.


PS C:\> $SecureString_pwd = convertto-securestring "P@ssW0rD!" -Asplaintext -Force
PS C:\> Set-WssDomainNameConfiguration -CertificateFilePassword $SecureString_pwd -CertificatePath "c:\cert.pfx" -DomainName "Contoso.com" -NoCertificateVerification

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: