Disable-WssAlert

Disable-WssAlert

Disables and ignores an alert.

構文

Parameter Set: NameSet
Disable-WssAlert [-FeatureName] <String> [-HealthDefinitionName] <String> [[-MachineName] <String> ] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: AlertSet
Disable-WssAlert [-Alert] <Alert> [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Disable-WssAlert cmdlet disables and ignores an alert. When you disable and ignore an alert, the alert becomes inactive and the server does not include the alert in the overall health assessment of the computer in the network. Use the Enable-WssAlert cmdlet to activate an alert.

パラメーター

-Alert<Alert>

Specifies a WssAlert object. To obtain a WssAlert object, use the Get-WssAlert cmdlet.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

1

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByValue)

ワイルドカード文字を許可する

false

-FeatureName<String>

Specifies the name of the feature associated with the alert.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

1

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-HealthDefinitionName<String>

Specifies the name of the health definition associated with the alert.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

2

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-MachineName<String>

Specifies the name of the computer on which the server generated the alert.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

3

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

  • Microsoft.WindowsServerSolutions.NetworkHealth.AlertFramework.Alert

    Description: alert


出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

Example 1: Disable an alert

This command disables and ignores the alert associated with the feature named MicrosoftServicing and the health definition named MUOptIn.


PS C:\> Disable-WssAlert -FeatureName "MicrosoftServicing" -HealthDefinitionName "MUOptIn"

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: