Get-WssRecoveryItem

Get-WssRecoveryItem

Gets child recovery items from a parent recovery item.

構文

Parameter Set: Default
Get-WssRecoveryItem [-Parent] <RecoveryItem> [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Get-WssRecoveryItem cmdlet gets child recovery items from a parent recovery item. When you restore a file or folder, this cmdlet helps you locate the file or folder to restore by browsing from the root folder to the child folders, until you locate the missing folder.

パラメーター

-Parent<RecoveryItem>

Specifies the parent recovery item.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

1

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

  • Microsoft.WindowsServerSolutions.DataProtection.ServerBackup.ObjectModel.RecoveryItem

    This cmdlet generates a recovery item.


Example 1: Get child recovery items

This command gets child recovery options from the parent node that is stored in the variable named $ContosoRecOptions05Parent and stores those options in the variable named $ContosoRecOptions05Child.


PS C:\> $ContosoRecOptions05Child = Get-WssRecoveryItem -Parent $ContosoRecOptions05Parent 

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: