WinSxS フォルダーのクリーンアップ

更新日: 2013年10月

適用対象: Windows 8.1, Windows Server 2012 R2

よくある質問の 1 つは、ディスク領域を増やすために WinSxS フォルダーを削除してよいかというものです。簡単に言えば、答えは "いいえ" です。ただし、WinSxS フォルダーのサイズを減らす方法はいくつかあります。WinSxS フォルダーについて詳しくは、「コンポーネント ストアの管理」をご覧ください。このトピックは、実行中のバージョンの Windows 8.1 上で WinSxS フォルダーのサイズを減らすためのさまざまな方法についての情報を提供するために記述されました。

Windows 8.1 と Windows Server 2012 R2 は、このトピックで説明されているのと同じような方法で自動的に WinSxS のサイズを減らしますが、それらの方法には内部プロセスも含まれます。たとえば、より新しいバージョンの他のコンポーネントに置き換えられたコンポーネントを持つパッケージのアンインストールと削除などです。一部のコンポーネントの以前のバージョンは、必要に応じてロールバックできるように、一定の期間システムに保持されます。一定期間の経過後、これらのコンポーネントはインストールから削除されます。

オフラインの Windows イメージ内のコンポーネント ストアのサイズの削減」で説明されているように、同じ手法の一部を使って Windows イメージのサイズを減らすこともできます。

Warning警告
WinSxS フォルダーからファイルを削除したり、WinSxS フォルダー全体を削除したりすると、システムが正常に動作しなくなり、PC の再起動や更新ができなくなる可能性があります。

Windows 8.1 と Windows Server 2012 R2 では、コンポーネント ストアのクリーンアップを始めるために、次のような多くの方法があります。それらの方法では、WinSxS フォルダーをクリーンアップするために、パッケージの削除とコンポーネントの圧縮の組み合わせを使います。

Windows 8 では、システムが使われていない場合にコンポーネントを定期的に自動クリーンアップするように、StartComponentCleanup タスクが作られました。このタスクは、オペレーティング システムによってトリガーされたときに自動的に実行されるように設定されています。このタスクは、自動的に実行された場合、更新されたコンポーネントがインストールされた後、以前のバージョンのコンポーネントをアンインストールするまで、少なくとも 30 日間待機します。

このタスクの実行を選んだ場合、タスクには 1 時間のタイムアウトが設定されていて、すべてのファイルのクリーンアップを完了できない場合があります。

  1. タスク スケジューラが開かれていない場合は、タスク スケジューラを起動します。詳しくは、「タスク スケジューラを起動する」をご覧ください。

  2. コンソール ツリーを展開し、Task Scheduler Library\Microsoft\Windows\Servicing\StartComponentCleanup に移動します。

  3. [選択された項目][実行] をクリックします。

noteメモ
StartComponentCleanup タスクは、次のようにして、コマンド ラインから開始することもできます。

schtasks.exe /Run /TN "\Microsoft\Windows\Servicing\StartComponentCleanup"

展開イメージのサービスと管理 (DISM) は、Windows の機能、パッケージ、ドライバー、地域と言語の設定をインストール、アンインストール、構成、更新することができるコマンド ライン ツールです。Dism.exe/Cleanup-Image パラメーターには、上級ユーザー向けのより多くのオプションがあり、さらに WinSxS フォルダーのサイズを減らすことができます。詳しくは、「DISM オペレーティング システムのパッケージ サービスのコマンド ライン オプション」をご覧ください。

  1. 実行中のバージョンの Windows 8.1 上で Dism.exe の /StartComponentCleanup パラメーターを使うと、タスク スケジューラStartComponentCleanup タスクを実行するのと同様の結果を得ることができます。ただし、更新されたコンポーネントの以前のバージョンは直ちに削除され (30 日の猶予期間はありません)、1 時間のタイムアウト制限もありません。

    管理者特権のコマンド プロンプトで次のように入力します。

    Dism.exe /online /Cleanup-Image /StartComponentCleanup
    

  1. 実行中のバージョンの Windows 8.1 上で DISM.exe の /StartComponentCleanup パラメーターと共に /ResetBase スイッチを使うと、コンポーネント ストアの各コンポーネントのすべての古いバージョンが削除されます。

    管理者特権のコマンド プロンプトで次のように入力します。

    Dism.exe /online /Cleanup-Image /StartComponentCleanup /ResetBase
    
    Warning警告
    このコマンドの完了後は、既にあるサービス パックと更新プログラムをアンインストールすることはできません。将来のサービス パックと更新プログラムのアンインストールはブロックされません。

  1. Service Pack によって使われる領域を減らすには、実行中のバージョンの Windows 8.1 上で Dism.exe の /SPSuperseded パラメーターを使って、サービス パックのアンインストールに必要なバックアップ コンポーネントを削除します。サービス パックは、Windows の特定のリリース用の累積的な更新プログラムのコレクションです。

    管理者特権のコマンド プロンプトで次のように入力します。

    Dism.exe /online /Cleanup-Image /SPSuperseded
    
    Warning警告
    このコマンドの完了後にサービス パックをアンインストールすることはできません。

ディスクのクリーンアップを使ってドライブ上の不要なファイルの数を減らすと、PC をより高速に実行できるようになります。ディスクのクリーンアップでは、一時ファイルとシステム ファイルが削除され、ごみ箱が空になり、必要でなくなった各種のアイテムが削除されます。更新プログラムをクリーンアップするオプションは、コンポーネント ストアのサイズを減らすために役立ちます。

関連項目

表示: