WinSxS フォルダーの実際のサイズの特定

更新日: 2013年10月

適用対象: Windows 8.1, Windows Server 2012 R2

WinSxS フォルダーは、なぜこれほど巨大なのでしょうか。このよくたずねられる質問の簡単な答えは、コンポーネント ストア (WinSxS フォルダー) には、システムを操作できるように Windows を構成するすべてのコンポーネントが含まれているから、ということです。これらのコンポーネントは、問題のある変更をロールバックしたり、破損したファイルを修復したりするために保持されます。コンポーネント ストアについて詳しくは、「コンポーネント ストアの管理」をご覧ください。WinSxS フォルダーのファイルの削除方法については、「WinSxS フォルダーのクリーンアップ」をご覧ください。

オペレーティング システム ファイルの場合は、ファイルの同じバージョンの複数のコピーがオペレーティング システムの複数の場所に格納されていることがありますが、通常はファイルの実際のコピーは 1 つだけです。その他のコピーは、コンポーネント ストアからのハード リンクによって単に "投影" されているだけです。ハード リンクは、2 つのファイルがディスク上の同じ場所を参照できるようにするファイル システム オブジェクトです。エクスプローラーのような一部のツールは、ディレクトリのサイズを判断するときに、含まれているファイルがハード リンクかもしれないということを考慮しません。そのため、WinSxS フォルダーが実際よりも多くのディスク領域を占有していると思われてしまう場合もあります。

Warning警告
一部の重要なシステム ファイルは WinSxS フォルダーだけに存在します。WinSxS フォルダーからファイルを削除したり、WinSxS フォルダー全体を削除したりすると、システムが正常に動作しなくなり、PC の再起動や更新ができなくなる可能性があります。

Windows 8.1 の DISM ツールに、WinSxS フォルダーが実際に使っているディスク領域の量を判断しやすくするための新しいオプションが追加されました。

  1. 管理者特権のコマンド プロンプト ウィンドウを開き、次のように入力します。

    Dism.exe /Online /Cleanup-Image /AnalyzeComponentStore
    
    noteメモ
    /AnalyzeComponentStore オプションは、Windows 8 以前では認識されません。

    次の情報が返されます。

     

    タイトル 説明

    エクスプローラーによって検出されたコンポーネント ストアのサイズ

    この値は、エクスプローラーによって計算された場合の WinSxS フォルダーのサイズです。この値は、WinSxS フォルダー内のハード リンクの使用を考慮していません。

    コンポーネント ストアの実際のサイズ

    この値は、WinSxS フォルダー内のハード リンクを考慮しています。ハード リンクを使って Windows と共有されているファイルを除外しません。

    Windows と共有

    この値は、コンポーネント ストアと他の場所 (Windows の通常の操作用) の両方に表示されるようにハード リンクされているファイルのサイズを示します。実際のサイズに含まれますが、コンポーネント ストア オーバーヘッドの一部として考えるべきではありません。

    バックアップおよび無効な機能

    これは、より新しいコンポーネントのエラーに対処したり、より多くの機能を有効にするオプションを提供したりするために維持されるコンポーネントのサイズです。コンポーネント ストア メタデータとサイドバイサイド コンポーネントのサイズも含まれます。

    実際のサイズに含まれ、コンポーネント ストア オーバーヘッドの一部です。

    キャッシュおよび一時的なデータ

    これは、コンポーネント サービス操作を高速にするためにコンポーネント ストアによって内部的に使われるファイルのサイズです。実際のサイズに含まれ、コンポーネント ストア オーバーヘッドの一部です。

    前回のクリーンアップ日

    これはコンポーネント ストアのクリーンアップが完了した最新の日付です。

    再利用できるパッケージの数

    これは、コンポーネント クリーンアップで削除できる、システム上の古くなったパッケージの数です。

    コンポーネント ストアのクリーンアップを推奨

    これは、コンポーネント ストアのクリーンアップの推奨です。クリーンアップをお勧めするのは、クリーンアップ処理を行うことによってコンポーネント ストア オーバーヘッドのサイズを減らせる場合です。

    この分析に基づいて、バックアップと無効化された機能のサイズをキャッシュと一時データのサイズと合計することにより、WinSxS フォルダーのオーバーヘッドを判断できます。

    出力の例:

    C:\>dism /online /cleanup-image /analyzecomponentstore
    
    Deployment Image Servicing and Management tool
    Version: 6.3.XXXX.0
    
    Image Version: 6.3.XXXX.0
    
    [==========================100.0%==========================]
    
    Component Store (WinSxS) information:
    
    Windows Explorer Reported Size of Component Store : 4.98 GB
    
    Actual Size of Component Store : 4.88 GB
    
        Shared with Windows : 4.38 GB
        Backups and Disabled Features : 506.90 MB
        Cache and Temporary Data : 279.52 KB
    
    Date of Last Cleanup : 2013-06-10 23:32:22
    
    Number of Reclaimable Packages : 0
    Component Store Cleanup Recommended : No
    
    The operation completed successfully.
    
    

    この例では、WinSxS フォルダーは 4.98 GB であるように見えますが、実際のオーバーヘッド (バックアップと無効化された機能のサイズと、キャッシュと一時データのサイズの合計) は 786.42 MB です。

  1. 管理者特権のコマンド プロンプト ウィンドウを開き、次のように入力します。

    Dism.exe /Online /Cleanup-Image /AnalyzeComponentStore
    
  2. クリーンアップを勧められた場合は、関連トピック「WinSxS フォルダーのクリーンアップ」の手順に従います。

関連項目

表示: