Export-BinaryMiLog

Windows Server 2012 R2 and Windows 8.1

Export-BinaryMiLog

Creates a binary encoded representation of an object or objects and stores it in a file.

構文

Parameter Set: Default
Export-BinaryMiLog [-Path] <String> [-InputObject <CimInstance> ] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Export-BinaryMILog cmdlet creates an binary-based representation of an object or objects and stores it in a file. You can then use the Import-BinaryMILog cmdlet to re-create the saved object based on the contents of that file.

This cmdlet is similar to Import-CliXML, except that Export-BinaryMILog stores the resulting object in a binary encoded file.

パラメーター

-InputObject<CimInstance>

このコマンドレットへの入力を指定します。このパラメーターを使用するか、パイプを使用して入力をこのコマンドレットに渡すことができます。


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByValue)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Path<String>

Specifies the path to the file where the binary representation of the object will be stored.

The Path parameter supports wild cards and relative paths. The cmdlet generates an error if the path resolves to more than one file.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

1

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

-------------------------- EXAMPLE 1 --------------------------

Description

-----------

This example exports CimInstances to a binary MI log file specified by the -Path parameter. See the example for Import-BinaryMILog to see how to recreate the CimInstances by importing this file.


PS C:\> Get-CimInstance Win32_Process | Export-BinaryMiLog -Path Processes.bmil

関連トピック


Import-BinaryMILog

コミュニティの追加

追加
表示: