Import-BinaryMiLog

Windows Server 2012 R2 and Windows 8.1

Import-BinaryMiLog

Imports a binary MI log file and creates the corresponding objects in Windows PowerShell.

構文

Parameter Set: Default
Import-BinaryMiLog [-Path] <String> [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Import-BinaryMILog cmdlet imports a binary MI log file that was created by using the Export-BinaryMILog command that contains data representing objects and then creates the objects in Windows PowerShell.

パラメーター

-Path<String>

Specified the log file to import.

The Path parameter supports wild cards, and relative paths. The cmdlet generates an error if the path resolves to more than one file.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

1

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

-------------------------- EXAMPLE 1 --------------------------

Description

-----------

This example recreates the CimInstances from the data file created in the example for Export-BinaryMILog and saves it to a PowerShell variable.


PS C:\> $processes = Import-BinaryMiLog -Path Processes.bmil

関連トピック


Export-BinaryMILog

コミュニティの追加

追加
表示: