Debug-MMAppPrelaunch

Windows Server 2012 R2 and Windows 8.1

Debug-MMAppPrelaunch

Provides the ability to debug the application prelaunch of a specific application by triggering the prelaunch to occur and to exit debug mode for the application.

構文

Parameter Set: Debug0
Debug-MMAppPrelaunch -PackageFullName <String> -PackageRelativeAppId <String> [-AsJob] [-CimSession <CimSession[]> ] [-DisableDebugMode] [-ThrottleLimit <Int32> ] [ <CommonParameters>]




詳細説明

Prelaunching is a new feature added in Windows® 8.1 that improves the launch performance of apps from the Windows Store by proactively launching frequently used apps in the background if they are not already running or suspended. This makes starting an app as fast as switching to a suspended app from the user’s perspective. This command enables you to prelaunch an app into debug mode.

You identify the application to prelaunch by including the –PackageFullName and -PackageRelativeAppId parameters.

To turn off debugging, specify the application and also include the –DisableDebugMode.

パラメーター

-DisableDebugMode

Specifies that debug mode for the selected application is turned off.


エイリアス

ddm

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-PackageFullName<String>

Specifies the AppX package full name containing the application to be prelaunched in debug mode.


エイリアス

pfn

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-PackageRelativeAppId<String>

Specifies the application ID of the application within the AppX package to be prelaunched. The application ID is found in the package manifest file.


エイリアス

praid

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-AsJob

エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-CimSession<CimSession[]>

リモート セッションまたはリモート コンピューターでコマンドレットを実行します。New-CimSession コマンドレットや Get-CimSession コマンドレットの出力など、コンピューター名またはセッション オブジェクトを入力します。既定値は、ローカル コンピューターで実行中の現在のセッションです。


エイリアス

Session

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-ThrottleLimit<Int32>

このコマンドレットを実行するために確立できる最大同時操作数を指定します。このパラメーターを省略するか、値として 0 を入力した場合、Windows PowerShell® では、コンピューターで実行している CIM コマンドレットの数に基づいて、コマンドレットに対する最適なスロットル制限を計算します。スロットル制限は現在のコマンドレットのみに適用され、セッションまたはコンピューターには適用されません。


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

  • None


出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

  • None

Example 1: Prelaunch an app and enable debug mode

This command prelaunches an application in debug mode.


PS C:\> Debug-MmAppPreLaunch -PackageFullName Microsoft.ZuneMusic_2.0.94.0_x64__8wekyb3d8bbwe -PackageRelativeAppId Microsoft.ZuneMusic

Example 2: Clear debug mode from the prelaunch activated app

This command disables the debug mode from the app that you previously prelaunch activated.


PS C:\> Debug-MmAppPreLaunch -PackageFullName Microsoft.ZuneMusic_2.0.94.0_x64__8wekyb3d8bbwe -PackageRelativeAppId Microsoft.ZuneMusic -DisableDebugMode

Example 3: Getting the PackageFullName and PackageRelativeAppId of your App

This command shows how you can find the PackageFullName and PackageRelativeAppId information for your package.


PS C:\> ForEach ($Package in Get-AppxPackage) {ForEach ($AppRelativeId in (Get-AppxPackageManifest($Package)).Package.Applications.Application.Id) {'PackageFullName: ' + $Package.PackageFullName; 'PackageRelativeId: ' + $AppRelativeID; ''}}

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: