この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Windows Server のフェールオーバー クラスタ リングの新機能します。

 

適用対象: Windows Server 2012 R2,Windows Server 2012

このトピックで追加または変更であるフェールオーバー クラスタ リング機能について説明 Windows Server 2012 R2します。

フェールオーバー クラスターは、さまざまなサーバー ワークロードに高い可用性とスケーラビリティを提供します。 こうしたワークロードには、Microsoft Exchange Server、Hyper-V、Microsoft SQL Server、ファイル サーバーなどのサーバー アプリケーションが含まれます。 サーバー アプリケーションは、物理サーバーでも仮想マシンでも実行できます。 フェールオーバー クラスターの 1 つ以上のクラスター化されたサーバー (ノード) が失敗すると、他のノードがサービスの提供を開始します。 このプロセスは、フェールオーバーと呼びます。

このトピックの内容:

Windows Server 2012 R2, 、次の領域におけるサポートが強化されたフェールオーバー クラスタ リングは用意されています。

機能

新機能か強化された機能か

説明

共有のバーチャル ハード ディスク (ゲスト クラスター用)

new

.Vhdx ファイルをゲスト クラスター内の共有記憶域として使用できます。

シャット ダウン時に仮想マシンのドレイン

new

HYPER-V ホスト コンピューターがシャット ダウンした場合に、実行中の仮想マシンを自動的にライブ移行を有効にします。

バーチャル マシン ネットワークの正常性の検出

new

保護された仮想ネットワークでネットワーク切断が発生した場合、仮想マシンを自動的にライブ マイグレーションを HYPER-V ホストを有効にします。

最適化された CSV 配置ポリシー

強化された機能

CSV の所有権をフェールオーバー クラスター ノードに均等に分散します。

CSV の復元機能が強化

強化された機能

複数のサーバー サービスのインスタンスごとのクラスター ノードと CSV は、サーバー サービスの監視より弾力性を提供します。

CSV キャッシュの割り当て

強化された機能

CSV キャッシュとして割り当てることのできるメモリが増加します。

CSV な

強化された機能

ノードごと、および I/O リダイレクトの原因の CSV の状態を表示できます。

CSV の相互運用性

強化された機能

その他の CSV サポートが追加されて Windows Server 2012 R2 機能します。

Active Directory からデタッチされたクラスターをデプロイします。

new

Active Directory ドメイン サービスに以下の依存関係とフェールオーバー クラスターを展開できます。

動的なミラーリング監視サーバー

new

現在のクラスター メンバーシップの投票ノード数に基づいて監視の投票を動的に調整します。

クォーラムのユーザー インターフェイスの強化点

強化された機能

フェールオーバー クラスター マネージャーに割り当てられているクォーラム投票プロパティと各ノードの現在のクォーラムの投票を簡単に表示できます。

強制クォーラムの回復性

new

パーティション分割されたフェールオーバー クラスターの場合、自動回復を有効にします。

タイ ブレーカー 50% のノードの分割

new

どちら側には通常必要があるクォーラム クラスター split の場合の実行を継続するクラスターの一方の側を有効にします。

グローバル更新マネージャー モードを構成します。

new

クラスターのノード 1 つ以上の遅延がある場合に機能し続けることができます。

クラスター ノードの正常性の検出

強化された機能

HYPER-V クラスターで実行されている仮想マシンの一時的なネットワーク エラーが発生した回復性が向上します。

クラスターのノード間の通信に IPsec の暗号化をオフにします。

new

防ぐことができます、クラスター グループ ポリシーの更新の遅延が大きい影響を受けます。

クラスターのダッシュ ボード

new

すべての管理されているフェールオーバー クラスターでは、フェールオーバー クラスター マネージャーのヘルスを確認する便利な手段を提供します。

バーチャル マシン用の新しい高可用性機能の概要を次のセクションで Windows Server 2012 R2します。

複数の仮想マシン間で、.vhdx ファイル形式の) バーチャル ハード ディスク ファイルを共有できます。 使える .vhdx ファイル共有記憶域として、仮想マシンのフェールオーバー クラスターとも呼ばれます、 ゲスト クラスターします。 たとえば、データ ディスクとディスクのミラーリング監視サーバーの共有 .vhdx ファイルを作成できます。 (はないファイルを使用する共有 .vhdx オペレーティング システムの仮想ハード_ディスクのです。)

この変更の利点

Windows Server 2012, 、仮想ファイバー チャネルまたは iSCSI によって、ゲスト オペレーティング システムで提供されている共有記憶域を使用してゲスト クラスターを展開することができます。 これらの構成では、基になるストレージが仮想マシンのユーザーに公開されました。 プライベートまたはパブリック クラウドの展開ではあります多くの場合、基礎となるファブリックのユーザーまたはテナント管理者の詳細を非表示にする必要が。 共有 .vhdx 記憶域は、その抽象化レイヤーを提供します。

この変更では、ゲスト クラスターの構成の簡単な展開こともできます。 共有 .vhdx ファイルの構成は、仮想ファイバー チャネルまたは iSCSI などのソリューションより容易に展開します。 共有 .vhdx ファイルを使用する仮想マシンを構成するときに、ゾーニングと LUN マスキングなど記憶域構成を変更する必要はありません。

動作の相違点

Windows Server 2012, 、共有バーチャル ハード_ディスクがご利用いただけません。Windows Server 2012 R2 この機能を追加します。

Windows Server 2012 R2, 、仮想マシンに SCSI ハード_ディスクを追加すると、この仮想 SCSI ディスクは、ようになりました仮想 SAS ディスクとして表示されます。 これには、両方の共有および非共有のバーチャル ハード ディスク ファイルが含まれます。 たとえば、サーバー マネージャーでディスクを表示する場合は、SAS とバスの種類が一覧表示します。

共有仮想ハード_ディスクの詳細については、次を参照してください。 仮想ハード ディスクの共有の概要共有仮想ハード ディスクを使用したゲスト クラスターを展開するです。

Windows Server 2012 R2, すべて最初に配置すること、ノードをすべて実行しているクラスター化された役割、あるクラスターを今すぐをドレインするメンテナンス モードに自動的にライブ移行せず、HYPER-V フェールオーバー クラスター ノードをシャット ダウンする場合は、コンピューターのシャット ダウンする前に、別のホストに仮想マシンを実行します。

System_CAPS_noteメモ

ありません 1 つ以上の仮想マシンで仮想マシンのクラスター化された役割を確認します。 以降で Windows Server 2012, 、この構成はサポートされていません。 このシナリオの例では、複数の仮想マシンがクラスターの共有ボリュームの一部ではない共通の物理ディスク上のファイルをあります。 1 つのクラスター化された役割に対して単一の仮想マシンという構成にすることによって、クラスター化された環境での仮想マシンの管理性と機能 (仮想マシンのモビリティなど) が向上します。

この変更の利点

この変更は、サーバーのシャット ダウン (または、クラスター サービスを停止するアクション) が実行されている仮想マシンの計画外のダウンタイムを引き起こさないことを確認する安全なメカニズムを提供します。 これにより、ゲスト オペレーティング システム内で実行されるアプリケーションの可用性が向上します。

System_CAPS_important重要

ノードをメンテナンス モードに切り替えるまたはクラスター ノードをシャット ダウンする前に、すべての仮想マシンを他のノードに移動することもお勧めします。 これは、任意の実行中のクラスター化された役割のドレインを実行する最も安全な方法です。

動作の相違点

Windows Server 2012, 場合は、ノードを空にせず、クラスター ノードをシャット ダウンすると、仮想マシンが保存された状態しし、その他のノードに移動および再開されます。 これは仮想マシンの可用性を中断があることを意味します。 仮想マシンの状態を保存する時間がかかる場合は、無効になり、別のノードで再起動可能性があります。Windows Server 2012 R2, に自動的にライブのクラスターがシャット ダウンする前に実行されているすべての仮想マシンを移行します。

有効またはこの機能を無効にする、構成、 DrainOnShutdown クラスターの一般的なプロパティです。 既定では、このプロパティが有効になっている (「1」の値に設定)。

プロパティの値を表示するには、管理者は、Windows PowerShell を起動し、次のコマンドを入力します。

(Get-Cluster).DrainOnShutdown

ネットワーク正常性の検出と回復は、HYPER-V ホスト クラスターの仮想マシン レベルでは使用可能なようになりました。 保護された仮想ネットワークでネットワーク切断が発生する場合、クラスターがライブに外部仮想ネットワークが利用可能なホストに影響を受ける仮想マシンを移行します。 この場合がある複数のネットワーク パスのクラスター ノード間。

System_CAPS_noteメモ

利用できるネットワークのクラスターの他のノードに接続しない場合は、クラスターはノードのクラスター メンバーシップから削除バーチャル マシン ファイルの所有権を転送し、別のノード上のバーチャル マシンを再起動します。

この変更の利点

この変更は、ネットワークの問題がある場合に、仮想マシンの可用性を向上します。 ライブ マイグレーションが発生した場合はダウンタイム ライブ マイグレーションはバーチャル マシンのセッション状態を保持するためです。

動作の相違点

Windows Server 2012, 、仮想マシン レベルでネットワーク切断された場合は、仮想マシンは引き続き、仮想マシンがユーザーに利用可能な存在しない場合でも、そのコンピューターで実行します。

Windows Server 2012 R2, 、現時点で、 保護されたネットワーク バーチャル マシンの設定] チェック ボックスです。 この設定は、ネットワーク アダプターの高度な機能で使用できます。 既定では、設定が有効にします。 各仮想マシンの各ネットワークごとに、この設定を構成できます。 そのため、優先順位の低いネットワーク テスト用またはバックアップに使用されたものなどがある場合は、それらのネットワーク、ネットワーク切断が発生する場合、仮想マシンのライブ マイグレーションが選択できます。

Protected network setting for a virtual machine

図 1.  ネットワーク設定の保護

CSV の新しい機能の概要を次のセクションで Windows Server 2012 R2します。

CSV の所有権が今すぐに自動的に配布され、フェールオーバー クラスター ノード間の不整合します。

この変更の利点

フェールオーバー クラスターの 1 つのノードは所有者と見なされます「コーディネーター ノード」を CSV 用です。 コーディネーター ノードでは、論理ユニット (LUN) に関連付けられている物理ディスク リソースを所有します。 ファイル システムに固有のすべての I/O 操作では、コーディネーター ノードを使用します。 CSV 所有権の分散は、負荷分散、ディスク I/O をできるようにするために、ディスクのパフォーマンスを向上します。

CSV の所有権はクラスター ノード間でバランス今すぐ、ために、1 つのノードは Csv の不均衡な数を所有しません。 そのため、ノードが失敗した場合、CSV の所有権を別のノードへの移行が潜在的に効率的です。

この機能は、スケール アウト ファイル サーバー記憶域スペースの所有権を分散することを確認するために、記憶域スペースを使用するのに便利です。

動作の相違点

Windows Server 2012, 、コーディネーター ノードの割り当ての自動再分配はありません。 たとえば、すべての Lun は、同じノードによって所有可能性があります。Windows Server 2012 R2, 、CSV の所有権は、各ノードが所有する Csv の数に基づいて、フェールオーバー クラスター ノードに均等に分散します。

また、 Windows Server 2012 R2, 、CSV のフェールオーバーなどの条件がある、ノードがクラスターに再度参加、クラスターに新しいノードを追加する、クラスター ノードを再起動またはシャット ダウン後に、フェールオーバー クラスターを開始する場合、所有権が自動的に再分配します。

Windows Server 2012 R2 CSV の回復性を向上させる次の機能強化が含まれています。

  • フェールオーバー クラスター ノードごとに複数サーバーのサービス インスタンス。 標準のファイル共有にアクセスするサーバー メッセージ ブロック (SMB) クライアントからの着信トラフィックを処理する既定のインスタンスとノードの間の CSV トラフィックを処理する 2 番目の CSV インスタンスがあります。 このノード間のトラフィックは、メタデータへのアクセスとリダイレクトされた I/O トラフィックで構成されます。

  • サーバー サービスの CSV ヘルスの監視

この変更の利点

CSV では、トランスポートとして SMB が使用して、クラスター内のノード間の I/O 転送、およびメタデータの更新のオーケストレーション。 サーバー サービスが異常になると、I/O のパフォーマンスとストレージにアクセスする権限に影響する可能性です。 クラスター ノードには、ここでは複数のサーバーのサービス インスタンスがあるためこれにより大きい回復性を CSV 用の既定のインスタンスに問題がある場合。 さらに、この変更では、CSV ノード間で SMB トラフィックをノード間のスケーラビリティが向上します。

サーバー サービスが異常になった場合は、CSV コーディネーター ノードの他のノードからの I/O 要求を受信し、メタデータの更新のオーケストレーションを実行する能力に影響ことができます。Windows Server 2012 R2, 、CSV の所有権が自動的に回復力の大きいことを確認する別のノードに移行サーバー サービスがノードの異常になった場合。

動作の相違点

Windows Server 2012, 、ノードごとのサーバー サービスの 1 つだけのインスタンスが発生しました。 また、されなかったサーバー サービスの監視。

Windows Server 2012 R2, 、今すぐに CSV キャッシュに合計物理メモリの割合を引き上げるを割り当てることができます。 CSV キャッシュは、ライト スルー キャッシュとしてのシステム メモリを使用するサーバーを使用します。

この変更の利点

CSV キャッシュの制限を増やすことは、スケール アウト ファイル サーバーのシナリオに便利です。 スケールアウト ファイル サーバーは通常メモリの制約を受けないため、CSV キャッシュ用に追加のメモリを使用してパフォーマンスを大幅に向上させることができます。

System_CAPS_tipヒント

スケール アウト ファイル サーバーの展開の割り当てを大きい値をすべてクラスター化された Hyper-v ホストとスケール アウト ファイル サーバー展開で CSV キャッシュを有効にすることをお勧めします。

動作の相違点

Windows Server 2012, 、CSV キャッシュへの物理 RAM の合計の 20% のみを割り当てることができます。 これで最大 80% を割り当てることができます。

Windows Server 2012, 、CSV キャッシュは既定で無効にされました。Windows Server 2012 R2, 、既定で有効になっています。 クラスターの物理ディスク リソースのプライベート プロパティの名前が変更されても、 CsvEnableBlockCacheEnableBlockCacheします。

まだに予約するブロック キャッシュのサイズを割り当てる必要があります。 これを行うには、値を設定、 BlockCacheSize クラスターの一般的なプロパティです。 (からこのプロパティの名前が変更された SharedVolumeBlockCacheSizeInMB で Windows Server 2012.) 詳細については、次を参照してください。 読み取りが集中するワークロード CSV キャッシュを有効にするします。

これで、ノードごとに、CSV の状態を表示できます。 たとえば、I/O は、直接的にも、リダイレクトされたかどうかや、CSV が使用できるかどうかを確認できます。 CSV が I/O リダイレクト モードの場合は、理由を表示することもできます。

この変更の利点

この変更では、CSV の状態を簡単に判断できるので、クラスター構成を最適化することができます。

動作の相違点

新しい Windows PowerShell コマンドレットを使用する Get-clustersharedvolumestate 状態情報を表示する (直接またはリダイレクトなど) とリダイレクト理由です。 状態情報を参照してください、 StateInfo プロパティです。 I/O リダイレクトのためでは、次を参照してください。、 FileSystemRedirectedIOReason プロパティおよび BlockRedirectedIOReason プロパティです。

Windows Server 2012 R2, 、CSV 機能が次の機能をサポートするように強化されました。

  • Resilient File System (ReFS)

  • 重複除去

  • パリティ記憶域スペース

  • 階層型記憶域スペース

  • 記憶域スペースのライトバック キャッシュ

この変更の利点

この追加サポートでは、シナリオ、Csv を使用してこれらの機能で導入された効率性を活用することができますを展開します。

動作の相違点

ReFS、重複除去、およびパリティの記憶域サポートされていませんでしたが Csv を Windows Server 2012します。 新機能で階層化された記憶域スペースと記憶域スペースのライト バック キャッシュ Windows Server 2012 R2します。

Windows Server 2012 R2, 、Active Directory ドメイン サービス (AD DS) のネットワーク名で依存関係のないフェールオーバー クラスターを展開することができます。 これを、"Active Directory からデタッチされたクラスター" と呼びます。 このメソッドは、クラスター ネットワーク名を使用してクラスターをデプロイする (とも呼ばれます、 管理アクセス ポイント) とクライアント アクセス ポイントとクラスター化された役割は任意のネットワーク名がドメイン ネーム システム (DNS) に登録されます。 ただし、AD DS にクラスターのコンピューター オブジェクトは作成されません。 これには、クラスターとも呼ばれる、クラスター名オブジェクト (CNO)、自体のコンピューター オブジェクトとコンピューター オブジェクトを AD DS とも呼ばれる仮想コンピューター オブジェクト (Vco) のクライアント アクセス ポイントを持つ通常は、クラスター化された役割の両方が含まれます。

System_CAPS_noteメモ

まだ、クラスター ノードは、Active Directory ドメインに参加する必要があります。

この変更の利点

この展開方法には、AD DS または、Active Directory 管理者は、AD DS でコンピューター オブジェクトをあらかじめステージをリクエストする必要性にコンピューター オブジェクトを作成する前に必要なアクセス許可がないフェールオーバー クラスターを作成できます。 また、管理して、クラスターのクラスター コンピューター オブジェクトをメンテナンスする必要はありません。 たとえば、Active Directory 管理者が誤ってクラスターのワークロードの可用性に影響するクラスター コンピューター オブジェクトを削除、考えられる問題を回避できます。

動作の相違点

Active Directory からデタッチされたクラスターを作成するオプションでは使用できません Windows Server 2012します。Windows Server 2012, 、のみ、クラスターのネットワーク名は DNS と AD DS の両方であるフェールオーバー クラスターを展開することができます。

Active Directory からデタッチされたクラスターは、クラスター内の通信に Kerberos 認証を使用します。 ただし、クラスター ネットワーク名に対する認証が要求されると、クラスターは NTLM 認証を使用します。

System_CAPS_important重要

Kerberos 認証を必要とするシナリオでは、この展開方法は避けてください。

この種類のクラスターを展開するには、Windows PowerShell を使用する必要があります。 展開の情報と詳細については、何がサポートされていてこの展開方法でサポートされていません、「 Active Directory からデタッチされたクラスターを展開するします。

クラスター クォーラムの機能強化の概要を次のセクションで Windows Server 2012 R2します。

Windows Server 2012 R2, 、クラスターの動的なクォーラム (既定値) の使用が構成されている場合、監視の投票もに基づいて動的に調整現在のクラスター メンバーシップの投票ノード数。 投票の数が奇数の場合は、クォーラム監視には、投票はありません。 投票数が偶数の場合、クォーラム監視は、投票を持ちます。

クォーラム監視の投票は、ミラーリング監視サーバーのリソースの状態に基づいて動的に調整されます。 クラスターが「0」にミラーリング監視サーバーの状態を設定、監視リソースがオフラインまたは失敗の場合は、

この変更の利点

動的なミラーリング監視サーバーは、ミラーリング監視サーバーのエラーのため、クラスターが下がりますリスクを大幅に削減します。 クラスターは、クラスターで使用可能な投票ノード数に基づいて監視の投票を使用するかどうかを決定します。

この変更には、クォーラム監視の構成も大幅に簡略化します。 不要になったために、クォーラム監視を構成するかどうかを決定する必要がある推奨では、 Windows Server 2012 R2 常にクォーラム監視を構成することです。 自動的に、クラスターでは、使用するタイミングを決定します。

System_CAPS_important重要

Windows Server 2012 R2, 、常にクォーラム監視を構成することをお勧めします。

動作の相違点

Windows Server 2012, 、監視を構成するかを判断する必要があり、数が奇数の投票の合計数を保持するノードのメンバーシップが変更された場合に、クォーラム構成を手動で調整する必要があります。 この追加またはクラスター ノードを削除するたびに含まれています。

これで、ノードのメンバーシップが変更された場合に、クォーラム構成を手動で調整する必要がなくなります。 既定では、クラスターはクォーラム管理オプションは、クォーラム監視を含むを決定します。

Windows Server 2012 R2 また、新しいが含まれます WitnessDynamicWeight クラスターのクォーラム監視の投票を表示するのに使用できる共通のプロパティです。

プロパティの値を表示するには、管理者は、Windows PowerShell を起動し、次のコマンドを入力します。

(Get-Cluster).WitnessDynamicWeight

「0」の値は、ミラーリング監視サーバーが、投票を持たないことを示します。 「1」の値は、ミラーリング監視サーバーが、投票を持つことを示します。

Windows Server 2012 R2, 、時点で、フェールオーバー クラスター マネージャーのユーザー インターフェイス (UI) で割り当てられているクォーラム投票プロパティと各クラスター ノードの現在のクォーラムの投票を表示します。 また、クォーラム モード用語が簡素化されています。

この変更の利点

どのノードがある、投票、ui を簡単に確認でき、投票するかどうかが有効にします。 クリックすると、 ノード フェールオーバー クラスター マネージャーで、投票の割り当てを確認できます。

Node vote assignment in the UI

図 2.ノードの投票の割り当て

動作の相違点

Windows Server 2012, 、検証レポートのクォーラム構成の検証を実行したり、Windows PowerShell を使用して投票の状態を表示する必要があります。 これらのメソッドを使用することができます Windows Server 2012 R2します。

Windows Server 2012 R2, 、クォーラム構成の検証レポートとパラメーターを Set-clusterquorum 不要になったノード マジョリティ (監視なし)、ノード マジョリティと監視 (ディスクまたはファイル共有) またはマジョリティなし (ディスク監視のみ) などのクォーラム モードの用語を使用する Windows PowerShell コマンドレットが簡略化します。

Windows Server 2012 R2, 後に問題があるを使用する例については、クラスターを起動するクォーラムを手動で強制する、 /fq 接続が復元されると、スイッチは、クラスター サービスは、クラスターを自動的に起動するときは、パーティションを検出します。 クォーラムを強制使用を開始した、パーティションは権限を持つようになりましたと判断します。 フェールオーバー クラスター間の通信を再開するとパーティション分割されたノードは自動的にクラスター サービスを再起動し、クラスターに再度参加します。 クラスターがメンバーシップの単一のビューに戻されます。

この変更の利点

この変更には、パーティションのフェールオーバー クラスターがクォーラムの強制によるノードのサブセットをどこから開始された場合の自動回復が有効になります。 パーティション分割されたフェールオーバー クラスターは、分割クラスターまたはクラスターを「スプリット ブレイン」とも呼ばれます。

System_CAPS_noteメモ

パーティション分割されたクラスターは、クラスターが互いに対応していないサブセットにブレークするときに発生します。 たとえば、1 つのサイト内の次の 3 つのノードと、他の 2 つのノードのマルチサイト クラスターを使用します。 ネットワークの問題では、クラスター間の通信が切断されます。 次の 3 つのノードを持つサイトはクォーラムがあるために実行したままです。 クォーラムを使用せず、2 つのノードのサイトはシャット ダウンします。 3 つのノードでサイトにいないこと、外部との接続に対し、2 つのノードのサイトを指定します。 したがって、サービスを復元するユーザーに、使用する、 /fq スイッチを 2 つのノードのサイトを開始します。 ネットワーク接続が復元されると、パーティション分割されたクラスターがあります。

動作の相違点

パーティション分割されたクラスターがある場合 Windows Server 2012, 、接続が復元された後に強制されたクォーラムのサブセットの一部ではない任意のパーティション分割されたノードを手動で再起動する必要があります、 /pq クォーラムに準拠しないスイッチです。 理想的には、行うようにこのできるだけ早くします。

Windows Server 2012 R2, 両方の側があるクラスター メンバーシップのビュー、および接続が復元されると、自動的に調整します。 強制クォーラムを使用開始側が権限を持つと見なされでパーティション分割されたノードを自動的に再起動、 /pq クォーラムに準拠しないスイッチです。

動的なクォーラム機能への機能拡張、としてクラスターここで動的に調整できます実行中のノードの投票数が奇数の投票の合計数を保持します。 この機能は、動的なミラーリング監視サーバーとシームレスに連携します。 投票の数が奇数を維持するには、場合は、クラスターにクォーラム監視の投票を動的にミラーリング監視サーバーを調整してされます。 ただし、クォーラム監視が利用できない場合、クラスターはノードの投票を調整できます。 たとえば、次のように入力します。

  1. ファイル共有監視では、6 つのノード クラスターがあります。 クラスターは、各サイト内の次の 3 つのノードと 2 つのサイト間で引き伸ばされます。 クラスターは、7 つの投票の合計です。

  2. ファイル共有監視は失敗します。 クラスターは、動的なミラーリング監視サーバーを使用しているため、クラスターは自動的に監視の投票を削除します。 クラスターでは、6 つの投票の合計できるようになりました。

  3. 投票の数が奇数を維持するために、クラスターはクォーラム投票を削除するノードをランダムに選択します。 2 つの投票が 1 つのサイトとその他のサイトには 3 つです。

  4. ネットワークの問題では、2 つのサイト間の通信が切断されます。 したがって、クラスターは 3 つのノードの 2 つのセットに均等に分割します。 2 つの投票を使用して、サイト内のパーティションがダウンをしました。 次の 3 つの投票を使用して、サイト内のパーティションでは引き続き機能します。

この機能だけでなくは、新しいサイトで回収されなかったを確認するのにはしてクラスター共通プロパティがある場合、50% のノードの分割どちらのサイトにクォーラムがある場所です。 設定することができます、クラスターのクォーラム投票を削除するノードをランダムに選択する代わりに、 LowerQuorumPriorityNodeID のどのノードを事前に定義するプロパティは、削除、投票が持つされます。

この変更の利点

この機能により、クラスターの一方の側は引き続き実行 50% ノード split の場合、どちら側には通常クォーラムを持っています。

必要に応じて設定して、 LowerQuorumPriorityNodeID 制御するプロパティには、どちらの側がこのシナリオでは異常です。 たとえば、プライマリ サイトが実行されていることと、障害復旧サイトのシャット ダウンを指定できます。

動作の相違点

Windows Server 2012, 、ある場合は、50% の分割どちらのサイトがクォーラムは、両方の側が下がります。

Windows Server 2012 R2, 、割り当てることができます、 LowerQuorumPriorityNodeID 、プライマリ サイトが実行中になるように、セカンダリ サイト内のクラスター ノードに共通のプロパティをクラスターです。 サイト内の 1 つのノードには、このプロパティを設定します。

プロパティを設定、管理者は、Windows PowerShell を起動し、次のコマンドを入力する場所"1"重要度の低いを考慮する、サイト内のノードの例のノード id を指定します。

(Get-Cluster).LowerQuorumPriorityNodeID = 1
System_CAPS_tipヒント

ノード ID を特定する、管理者は、Windows PowerShell を起動し、次のコマンドを入力する場所"Node1"クラスター ノードの名前を表します。

(Get-ClusterNode –Name "Node1").Id

すべてのクラスター ノード名、ノード Id およびノードの状態を返す、次のコマンドを使用することもできます。

Get-ClusterNode | ft

状態変更には、クラスター リソースがオフラインになったなどが発生してフェールオーバー クラスター内のノードの変更の通知を受け取る必要があります、クラスターでは、その変更をデータベースにコミットする前に確認します。 グローバルの更新プログラム マネージャーは、これらクラスター データベースの更新の管理を担当します。Windows Server 2012 R2, 、クラスターがグローバルの更新プログラムを管理する方法を構成することができます。 既定では、グローバルの更新マネージャーがフェールオーバー クラスターのワークロードの次のモードを使用 Windows Server 2012 R2:

  • すべて (書き込み) とローカル (読み取り)します。 このモードですべてのクラスター ノードは受信し、クラスターがコミットされた変更を検討する前に、更新を処理する必要があります。 読み取るときに、データベース要求が発生すると、クラスターがローカル ノードのクラスター データベースからデータを読み取ります。 この場合、すべてのノードが表示され、更新を処理するために、一貫性を維持するローカルの読み取りが必要です。 これは、HYPER-V 以外のすべてのワークロードの既定の設定です。

    System_CAPS_noteメモ

    これは、グローバルの更新プログラムのすべてのワークロードに対して動作 Windows Server 2012します。

  • マジョリティ (読み取りし、書き込み)します。 この新しいモードで実行中のクラスター ノードの過半数が受信し、クラスターでは、その変更をデータベースにコミットする前に、更新を処理する必要があります。 読み取るときに、データベース、クラスターが実行中のノードの過半数から最新のタイムスタンプを比較し、最新のタイムスタンプを持つデータを使用して、要求が発生します。 これは、HYPER-V フェールオーバー クラスターの既定の設定です。

System_CAPS_noteメモ

新しい「マジョリティ (書き込み) とローカル (読み取り)」モードもあります。 ただし、このモードは、任意のワークロードの既定では使用されませんが。 詳細については、「動作の相違」セクションを参照してください。

この変更の利点

グローバル更新マネージャーの新しい構成モードのシナリオでクラスター データベースのパフォーマンスを大幅に向上させるがストレッチ マルチサイト クラスターのなどのクラスター ノード間にはかなりのネットワーク待機時間がある場合。 アソシエーションによってこれらのシナリオで SQL Server または Exchange Server など、クラスターのワークロードのパフォーマンスが向上します。 この機能を使用せず、クラスター データベースは、最も低速なノードのペースで実行します。

新しい構成モードは、ソフトウェアまたはハードウェアの問題に関連付けられている遅延がある場合にも役立ちます。 たとえば、ローカル レジストリの更新には、ハードウェアの問題があるノードで遅れる可能性があります。 ノードの過半数に基づく更新プログラムを実行するグローバル更新マネージャー モードを使用すると、クラスターはすべてのノードの通知を受け取るし、次のトランザクションを処理できる状態になる前に、状態の変化を確認するための待機ありません。

動作の相違点

Windows Server 2012, 、グローバル更新マネージャー モードを構成することはできません。 すべてのクラスターのワークロードの Windows Server 2012, と、すべてのクラスター ノードが受信する必要がありますプロセスまで、クラスターに更新がコミットされた変更を考慮します。Windows Server 2012 R2, 、3 つの値をグローバル更新マネージャー モードを構成することができます。Windows Server 2012 R2, 、大部分 (読み取りし、書き込み) モードは、HYPER-V フェールオーバー クラスターの既定のモードではようになりました。

グローバル更新マネージャー モードを構成するには新しい DatabaseReadWriteMode クラスターの一般的なプロパティです。 グローバル更新マネージャー モードを表示するには、管理者は、Windows PowerShell を起動して、次のコマンドを入力します。

(Get-Cluster).DatabaseReadWriteMode

次の表は、使用可能な値を示します。

value

説明

0 = すべて (書き込み) とローカル (読み取り)

  • 既定の設定 Windows Server 2012 R2 HYPER-V だけでなくすべてのワークロード用です。

  • すべてのクラスター ノードは、受信し、クラスターの変更をデータベースにコミットする前に、更新を処理する必要があります。

  • データベースの読み取りは、ローカル ノードで発生します。 データベースがすべてのノードで一致しているので、データが最新でないか「古い」リスクはありません。

1 = マジョリティ (読み取りし、書き込み)

  • 既定の設定 Windows Server 2012 R2 HYPER-V フェールオーバー クラスター用です。

  • クラスター ノードの過半数が表示され、クラスターでは、その変更をデータベースにコミットする前に、更新を処理する必要があります。

  • データベースの読み取りには、クラスターは、過半数の実行中のノードから最新のタイムスタンプを比較し、最新のタイムスタンプを持つデータを使用しています。

2 = マジョリティ (書き込み) とローカル (読み取り)

  • クラスター ノードの過半数が表示され、クラスターでは、その変更をデータベースにコミットする前に、更新を処理する必要があります。

  • データベースの読み取りは、ローカル ノードで発生します。 データで、クラスターがノードの過半数の最新のタイムスタンプを比較しないため、ある最新でないか「古い」場合があります。

System_CAPS_warning警告

クラスター データベースから強力な一貫性の保証を必要とするシナリオをほとんどモード (1 または 2) のいずれかを使用しないでください。 たとえば、または Microsoft Exchange Server の AlwaysOn 可用性グループを使用する Microsoft SQL Server フェールオーバー クラスターのするこれらのモードは使わないでください。

既定では、クラスター ノードは 1 つの 1 秒ごとにハートビートを交換します。 フェールオーバーが発生する前に無視されるハートビートの数と呼ばれる、 ハートビートしきい値します。Windows Server 2012 R2, 、HYPER-V フェールオーバー クラスターの既定のハートビートのしきい値が増加しました。

この変更の利点

この変更により、HYPER-V クラスターで実行されている仮想マシンの一時的なネットワーク エラーに対する回復力が向上します。 たとえば、クラスターで多くの場合、短期的なネットワークの中断が発生する場合は、回復操作を実行しない場合があります。 仮想マシンで実行されているアプリケーションは、短いネットワークの障害は、TCP のためは非常にシームレスなでは多くの場合、ウィンドウを再接続します。

動作の相違点

既定では、[ Windows Server 2012, 、5 秒以内に応答しない場合、ノードがダウンと見なされます。Windows Server 2012 R2, 20 秒が異なるサブネット内のノードをクラスターや HYPER-V フェールオーバー クラスターの既定のしきい値が同じサブネット内のクラスター ノードに対して 10 秒に引き上げられました。

次の表に、既定値で Windows Server 2012 R2します。

クラスターの共通プロパティ

Hyper V を除くすべてのクラスター化された役割の既定値

HYPER-V のクラスター化された役割の既定値

SameSubnetThreshold

5 秒

10 秒

CrossSubnetThreshold

5 秒

20 秒

System_CAPS_important重要

次のお勧めします。

  • これを超える場合は、TCP タイムアウト ウィンドウためには 20 秒より大きくハートビートのしきい値は構成しないでください。 20 秒を超える値は可用性を向上していないと、ノードが停止したことを検出するために、クラスターの他のノードにかかる時間に影響を与えます。

  • ハートビートのしきい値を、スケールアウト ファイル サーバーの既定値より大きくしないください。 スケールアウト ファイル サーバーは、既にシームレスな回復を提供しています。 ノードがダウンしたと見なされると、ノードはフェールオーバーされ、別のノード上で SMB セッションが回復されます。 この回復操作は、SMB セッション タイムアウト時間内で行われる必要があります。 ハートビートのしきい値を増やすと、ノードの検出にかかる時間が長くなります。 SMB セッションのタイムアウト値を超えた場合、回復はシームレスではなくなる場合があります。

Windows Server 2012 R2, 、クラスター ハートビートなどのクラスターのノード間通信のインターネット プロトコル セキュリティ (IPsec) 暗号化をオフにすることができます。

この変更の利点

高待機時間がグループ ポリシーの更新の処理には、Active Directory ドメイン サービス (AD DS) が一時的に使用できなくなる可能性があります。 このような状況で IPsec の暗号化は、AD DS へのアクセスに依存するため、IPsec の暗号化、更新プログラムが完了するまで中断が。 クラスター間の通信は、IPsec の暗号化を使用している場合、この中断することには、送信されるからクラスターのノード間の通信 (ハートビート メッセージを含む) ができなくなります。 遅延がクラスター ノードのクラスター ハートビートのしきい値を超えている場合、クラスターは、クラスター メンバーシップから、ノードを削除します。 これは、同時に複数のノードで発生する場合は、クラスターのクォーラムが失われるをしまう可能性があります。

クラスターのノード間の通信に IPsec の暗号化をオフにしてこのトラフィックは、中断のないままです。 そのため、そのクラスター化された役割の高可用性を実現する、クラスターの機能は、高待機時間がグループ ポリシーの更新の影響を受けません。

動作の相違点

使用できるように、 NetFTIPSecEnabled クラスターのクラスターのノード間通信ポート 3343 で IPsec の暗号化をオフにする一般的なプロパティです。 既定では、 NetFTIPSecEnabled 設定が有効になっている (「1」に設定)。 「1」の値は、ノード間の通信を有効にすると、IPsec を適用する既存のグループ ポリシー設定がある場合に、IPsec の暗号化を意味します。

「0」のグループ ポリシー設定を上書きし、クラスターのノード間の通信に IPsec の暗号化をオフに、これに値を変更するには、管理者は、Windows PowerShell を起動し、次のコマンドを入力します。

(Get-Cluster). NetFTIPSecEnabled = 0
System_CAPS_warning警告

グループ ポリシーの更新の遅延が大きいため問題が発生した場合にのみ、クラスターのノード間通信の IPsec の暗号化を無効にすることをお勧めします。 設定をオフにするには、クラスターのパフォーマンスに影響を与えるため、変更を徹底的にテストすることを確認します。

フェールオーバー クラスター マネージャーには、すべての管理されているフェールオーバー クラスターの正常性状態をすばやく表示できるようにするクラスターのダッシュ ボードが含まれています。 クラスターが実行されているかどうかを示すアイコン、数とクラスター化された役割の状態、ノードの状態、およびイベントの状態を使用してフェールオーバー クラスターの名前を表示することができます。

この変更の利点

複数のフェールオーバー クラスターを管理している場合、このダッシュ ボードは、フェールオーバー クラスターのヘルスをすばやく確認するための便利な方法を提供します。

動作の相違点

Windows Server 2012, 、ステータス情報を表示する各フェールオーバー クラスター名をクリックする必要がありました。 クリックすると、 フェールオーバー クラスター マネージャー ナビゲーション ツリーでは、 クラスター すべての管理対象クラスターを表示する中央のウィンドウでダッシュ ボード。

Cluster dashboard showing two managed clusters

図 3.クラスターのダッシュ ボード

Windows Server 2012 フェールオーバー クラスタ リングは、次の領域におけるサポートの強化を提供します。

機能

新機能か強化された機能か

説明

クラスターのスケーラビリティ

強化された機能

クラスターあたり最大 64 ノード/8,000 仮想マシンまで拡張できます。

サーバー マネージャーとフェールオーバー クラスター マネージャーによる大規模クラスターの管理

new

大規模クラスターの管理と操作を効率化する GUI ツールが用意されています。

クラスター化された仮想マシンおよびその他のクラスター化された役割の管理とモビリティ

new

クラスター化された仮想マシンおよびその他のクラスター化された役割へのクラスター リソースの割り当てを支援します。

クラスター共有ボリューム

強化された機能

CSV のセットアップが容易になり、より多くのクラスター ワークロードのセキュリティ、パフォーマンス、ファイル システムの可用性が強化されます。

スケールアウト ファイル サーバーのサポート

new

CSV 記憶域の提供およびファイル サービス機能との統合により、継続的に使用可能かつスケーラブルなアプリケーション記憶域をサポートします。

クラスター対応更新

new

可用性を保ったまま、複数のクラスター ノードでソフトウェア更新プログラムを適用できます。

仮想マシンのアプリケーションの監視と管理

new

クラスター化された仮想マシンの監視が、クラスター化された仮想マシンで実行されているアプリケーションにまで拡張されます。

クラスターの検証テスト

強化された機能

Hyper-V と CSV の機能を検証できます。パフォーマンスも向上しています。

Active Directory ドメイン サービスの統合

強化された機能

クラスターの回復性が強化され、より多くの展開がサポートされます。

クォーラム構成と動的なクォーラム

強化された機能

クォーラムの設定が簡略化され、障害のシナリオでクラスターの可用性が向上します。

クラスターのアップグレードと移行

強化された機能

仮想マシンの移行が可能 Windows Server 2008 R2, 、Csv、および既存の記憶域の再利用への移行

タスク スケジューラとの統合

new

フェールオーバー クラスタリングとその他のサーバー機能が統合されます。

Windows PowerShell のサポート

強化された機能

導入されたフェールオーバー クラスタ リングの機能のスクリプトで使用できます。 Windows Server 2012

削除された機能または推奨されなくなった機能」も参照してください。

フェールオーバー クラスター Windows Server 2012 ノードとバーチャル マシンの数が、クラスターでより大きい値に拡張できる Windows Server 2008 R2, 、次の表に示すようにします。

クラスターの上限

Windows Server 2012

Windows Server 2008 R2

ノード

64

16

仮想マシンまたはクラスター化された役割

8,000 (ノードあたりの上限は 1,024)

1,000

サーバー マネージャーとフェールオーバー クラスター マネージャーでの新しい機能を提供 Windows Server 2012 大規模なクラスターを管理します。

サーバー マネージャーでは、クラスターのノードを検出して管理できます。 これにより、リモートのマルチサーバー管理や、役割と機能のリモート インストールが実現されます。サーバー マネージャーの GUI からフェールオーバー クラスター マネージャーを起動することもできます。 詳細については、「サーバー マネージャーを使用して複数のリモート サーバーを管理する」を参照してください。

フェールオーバー クラスター マネージャーには、次のような新機能が追加されています。これにより、クラスター化された仮想マシンおよびその他のクラスター化された役割が大規模に展開されている場合も簡単に管理できます。

  • 検索ビュー、フィルタリング ビュー、カスタム ビュー クラスター化された仮想マシンやその他のクラスター化された役割を大量に管理および操作できます。

  • 複数選択 管理者は、特定の複数の仮想マシンを選択して必要な操作 (ライブ マイグレーション、保存、シャットダウン、起動など) を実行できます。

  • 仮想マシンと仮想マシンの記憶域に関するライブ マイグレーションとクイック マイグレーションの簡略化 ライブ マイグレーションとクイック マイグレーションをより簡単に実行できるようになりました。

  • クラスターの共有ボリューム (CSV) に関する構成の簡略化 構成が [記憶域] ウィンドウで右クリックするだけの簡単な操作で済むようになりました。 Csv に説明されている追加の改善点がある クラスター共有ボリューム このトピックで後述します。

  • Hyper-V レプリカのサポート Hyper-V レプリカは、記憶域システム、クラスター、データ センター間の仮想マシンのポイントインタイム レプリケーションを提供して障害回復を実現します。

この変更の利点

これらのスケーラビリティ機能 Windows Server 2012 構成、管理、および大規模な物理クラスターや HYPER-V フェールオーバー クラスターのメンテナンスを向上します。

Windows Server 2012, 、管理者が設定を構成、起動または配置する仮想マシンとクラスター化された役割クラスター ノード上に効率的に優先順位を割り当てるリソースをクラスター化されたワークロード。 これらの設定を次の表に示します。

設定

説明

スコープ

優先順位の設定: 高、中 (既定)、低、自動起動しない

  • クラスター化された役割のうち優先度の高いものは、優先度の低いものよりも先に起動してノードに配置されます。

  • "自動起動しない" という優先順位が割り当てられている場合、その役割は障害の発生後に自動的にオンラインになりません。リソースは使用できる状態に保たれるので、他の役割は起動できます。

クラスター化されたすべての役割 (クラスター化された仮想マシンを含む)

優先順位に基づく仮想マシンのプリエンプション

  • ノード障害後に優先度の高い仮想マシンを起動するために必要なメモリやその他のリソースを確保できない場合、クラスター サービスでは優先度の低い仮想マシンをオフラインにします。 これにより、解放されたリソースを優先度の高い仮想マシンに割り当てることができます。

  • プリエンプションは、優先度が最も低い仮想マシンから順番に、必要に応じて行われます。

  • プリエンプションの対象となった仮想マシンは、優先順位に基づいて後で再起動されます。

クラスター化された仮想マシン

メモリ対応の仮想マシン配置

  • 仮想マシンは、Non-Uniform Memory Access (NUMA) 構成、既に実行されているワークロード、各ノードで使用できるリソースに基づいて配置されます。

    仮想マシンを正常に起動させるために必要となるフェールオーバーの試行回数が減少し、 仮想マシンの稼働時間が長くなります。

クラスター化された仮想マシン

仮想マシンのモビリティ機能

  • 複数のライブ マイグレーションを同時に開始できます。 クラスターは可能な限り多くのライブ マイグレーションを実行し、残りのマイグレーションは後で完了できるようにキューに配置します。 失敗したマイグレーションは自動的に再試行されます。

  • 仮想マシンのマイグレーションは、メモリやその他のリソースが十分にあるノードに対して行われます。

  • 実行中の仮想マシンをフェールオーバー クラスターに追加したり、フェールオーバー クラスターから削除したりできます。

  • 仮想マシンの記憶域のライブ マイグレーションも可能です。

クラスター化された仮想マシン

自動化されたノード ドレイン

  • ノードをメンテナンス モードにしたりノードにその他の変更を加えたりする前に自動的にノードのドレインが行われます (ノードで実行されているクラスター化された役割が別のノードに移動されます)。

  • 役割は、メンテナンス操作が完了すると元のノードにフェールバックします。

  • 管理者はフェールオーバー クラスター マネージャーで、または Windows PowerShell コマンドレットの Suspend-ClusterNode を使用し、1 回の操作でノードをドレインできます。 クラスター化された役割の移動先のノードも指定できます。

  • クラスター対応更新では、クラスター ノードにソフトウェア更新プログラムを適用する自動プロセスでノード ドレインが使われます。 詳細については、後述する「クラスター対応更新」を参照してください。

クラスター化されたすべての役割 (クラスター化された仮想マシンを含む)

この変更の利点

これらの機能で Windows Server 2012 大規模な物理クラスターや HYPER-V フェールオーバー クラスターでクラスター リソース (特にときの起動やメンテナンスのノード) の割り当てを改善します。

クラスター共有ボリューム (Csv) がで導入された Windows Server 2008 R2 をクラスター化された仮想マシンの一般的な記憶域を提供します。Windows Server 2012, 、Csv はクラスター化された役割の追加の記憶域を提供することができます。 CSV を使うと、クラスター内の複数のノードが同じ NTFS ファイル システムに同時にアクセスできます。ハードウェア、ファイルの種類、ディレクトリ構造などの制限もありません。 CSV では、複数のクラスター化された仮想マシンで同じ LUN を使用でき、相互に依存せずにノード間でライブ マイグレーションやクイック マイグレーションを行うこともできます。

CSV の新しい機能の概要を次に示します Windows Server 2012します。

  • 広範なクラスター化された役割の記憶域機能します。HYPER-V および Microsoft SQL Server などのアプリケーションの継続的に可能かつスケーラブルなファイル ベース (SMB 3.0) サーバーの記憶域を提供するアプリケーション データのスケール アウト ファイル サーバーが含まれています。 詳細については、後述する「スケールアウト ファイル サーバーのサポート」を参照してください。

  • CSV プロキシ ファイル システム (CSVFS) 基になるファイル システムは NTFS のまま、一貫性のある 1 つのファイル名前空間を持つクラスターの共有記憶域を提供します。

  • BitLocker ドライブ暗号化のサポート クラスターのコンピューター アカウント (クラスター名オブジェクト (CNO) とも呼ばれます) の共通 ID を使って暗号化を解除できます。 これにより、セキュリティで保護されたデータ センターの外部に展開されている場合にも物理的なセキュリティを確保でき、ボリュームレベルの暗号化に関するコンプライアンスの要件が満たされます。

  • 容易なファイル バックアップ 実行しているバックアップ要求側をサポートしている Windows Server 2008 R2 または Windows Server 2012 バックアップします。 アプリケーション間での整合性およびクラッシュ前後の整合性が維持されるボリューム シャドウ コピー サービス (VSS) スナップショットをバックアップで使用できます。

  • ダイレクト I/O によるファイル データ アクセス (スパース ファイルを含む) 仮想マシンの作成やコピーのパフォーマンスが向上します。

  • 外部の認証に依存しない CSV のパフォーマンスと回復性が向上します。

  • SMB マルチチャネルおよび SMB ダイレクトとの統合 SMB 3.0 の新しい機能を使うことにより、CSV トラフィックがクラスター内の複数のネットワークを経由でき、リモート ダイレクト メモリ アクセス (RDMA) をサポートするネットワーク アダプターを有効活用することができます。 詳細については、「Server Message Block Overview」を参照してください。

  • 記憶域の可視性を一部のノードに限定する機能 アプリケーション ノードとデータ ノードを含むクラスター展開が実現されます。

  • 記憶域スペースとの統合 安価なディスクのグループ上でクラスター記憶域を仮想化できます。 記憶域スペース機能 Windows Server 2012 データへのスケール アウト アクセスを許可するように Csv と統合できます。 詳細については、「記憶域スペースの概要」を参照してください。

  • オフライン時間ゼロでボリュームをスキャンして修復する機能 NTFS ファイル システムで異常の検出、記録、修復が行われている間も CSV の可用性が維持されます。

この変更の利点

以上に挙げた新機能によって、CSV のセットアップが容易になり、ワークロードのサポート範囲が広がるほか、より多様な展開でセキュリティとパフォーマンスが強化され、ファイル システムの可用性が向上します。

動作の相違点

CSV は、NTFS ではなく CSV ファイル システム (CSVFS) として表示されます。

スケールアウト ファイル サーバーは、SMB 3.0 プロトコルを使い、継続的に使用可能かつスケーラブルな記憶域をホストすることができます。 フェールオーバー クラスター Windows Server 2012 この種類のファイル サーバーをサポートする次の基本的な機能を提供します。

  • スケールアウト ファイル サーバーに接続するクライアントのアクセス ポイントとなる分散ネットワーク名 (DNN)。

  • スケール アウト ファイル サービスをサポートするスケールアウト ファイル サーバー リソース タイプ。

  • クラスターの共有ボリューム (CSV) による記憶域。 詳細については、このトピックで前述した「クラスター共有ボリューム」を参照してください。

  • スケールアウト ファイル サーバーのクラスター化された役割を構成するためのファイル サービス機能との統合。

この変更の利点

以上の機能によって、継続的に使用可能かつ容易に拡張できる、アプリケーション用およびエンド ユーザー用のファイル サービスが実現されます。 詳細については、「アプリケーション データに対応するスケールアウト ファイル サーバーの概要」を参照してください。

クラスター対応更新 (CAU) は、可用性を維持したまま、クラスター化されたサーバーのホスト オペレーティング システムやその他のシステム コンポーネントに更新プログラムを自動で適用できる機能です。 更新プロセス中は、ノードごとに自動化されたドレインとフェールバックが利用されます。 また、既定では、Windows Update エージェント インフラストラクチャがその更新プログラムの供給元として使われます。 CAU 機能の概要については、次を参照してください。 クラスター対応更新を使って可用性を維持したままフェールオーバー クラスターを更新する: シナリオの概要します。

この変更の利点

CAU によって、高可用性サービスの稼働時間が増え、フェールオーバー クラスターのメンテナンスがしやすくなります。IT プロセスの信頼性と一貫性も向上します。

実行するクラスターで Windows Server 2012, 、管理者を実行しているクラスター化された仮想マシン上のサービスを監視できます Windows Server 2012します。 この機能を拡張に実装されているバーチャル マシンの高度な監視 Windows Server 2008 R2 フェールオーバー クラスター。 仮想マシン内の監視対象のサービスに障害が発生した場合、サービスの再起動設定やクラスターのフェールオーバー設定に応じて、サービスが再開するか、あるいは、クラスター化された仮想マシンが再起動するか、または別のノードに移動します。

この変更の利点

この機能によって、フェールオーバー クラスター内の仮想マシン上で動作する高可用性サービスの稼働時間が増えます。

構成の検証ウィザード (フェールオーバー クラスター マネージャー内) を使用すると、複数のサーバーに対してハードウェアおよびソフトウェアをフェールオーバー クラスターで使用できるかどうかを確認する検証プロセスが簡略化します。 大規模なフェールオーバー クラスターでのパフォーマンスが向上し、新しいテストが追加されました。

検証関連の強化された機能を以下に示します。

  • パフォーマンスの向上 実行速度 (特に記憶域のテストの実行速度) が大幅に向上しました。

  • 新しい LUN を対象とする検証 記憶域を検証するときに、すべての LUN (ディスク) をテストする代わりに新しい LUN を指定できます。

  • WMI との統合 クラスター検証の状況が Windows Management Instrumentation (WMI) を介してアプリケーションとスクリプトに公開されます。

  • 新しい検証テスト 検証テストで CSV と Hyper-V および仮想マシン (Hyper-V の役割がインストールされている場合) がサポートされています。

  • ハードウェアを認識する検証テストにレプリケートされます。 マルチサイト環境に対応できます。

この変更の利点

新しい検証テストが追加されたことで、クラスター内のサーバーが (特に仮想マシンを) ホストからホストへとスムーズにフェールオーバーできるかどうかが確認しやすくなりました。

Active Directory ドメイン サービス (AD DS) のフェールオーバー クラスターの統合がより堅牢に加えられた Windows Server 2012 で、次の機能。

  • 目的の組織単位 (OU) またはクラスター ノードと同じ OU にクラスター コンピューター オブジェクトを作成する機能 これによって、AD DS へのフェールオーバー クラスターの依存関係と、多くの IT 組織で使われている委任されたドメイン管理モデルとの整合性が保たれます。

  • 誤って削除されたクラスターの仮想コンピューター オブジェクト (VCO) の自動修復

  • 読み取り専用ドメイン コントローラーに限定されたクラスター アクセス これにより、ブランチ オフィスや境界ネットワークのシナリオでクラスターを展開できるようになります。

  • AD DS の依存関係がない状態でクラスターを起動する機能 これにより、一部の仮想化データ センターのシナリオが実現されます。

System_CAPS_noteメモ

フェールオーバー クラスターでは、グループの管理されたサービス アカウントはサポートされていません。

この変更の利点

これらの機能により、フェールオーバー クラスターの構成と回復性が強化されます。

次の機能で Windows Server 2012 管理と、クラスター クォーラムの機能を強化します。

  • クラスター クォーラム構成ウィザード クォーラムの構成を簡略化します。新機能および既存のクォーラム機能とも統合されています。

  • 投票の割り当て クォーラムの判断において票を持つノードを指定できます (既定ではすべてのノードが票を持ちます)。

  • 動的なクォーラム ノードのクォーラム投票の割り当てをそのノードの状態に基づいて自動的に管理することができます。 ノードがシャットダウンしたりクラッシュしたりするとクォーラム投票が失われ、 ノードがクラスターに復帰するとクォーラム投票が回復されます。 クォーラム投票の割り当てを動的に調整して、クラスターの実行を継続するために必要なクォーラム投票の数を増減させることにより、 ノードの障害やシャットダウンが連続的に発生した場合にクラスターの可用性を維持することができます。

この変更の利点

これらの機能強化により、クォーラムの設定が簡略化され、障害のシナリオでクラスターの可用性が向上します。

使用して、更新されたクラスターの移行ウィザードで Windows Server 2012, 、管理者が実行しているクラスターからクラスター化された役割 (以前のクラスター化されたサービスとアプリケーション) の構成設定を移行できます Windows Server 2012, 、Windows Server 2008 R2, 、または Windows Server 2008です。 移行の強化点 Windows Server 2012 が含まれます。

  • Hyper-V 仮想マシンのエクスポートと再インポート

  • CSV ディスクへの移行。

  • 記憶域と仮想ネットワークのマッピング。

  • 既存の記憶域の再利用。

この変更の利点

クラスターの移行ウィザードを使って、フェールオーバー クラスターの展開、アップグレード、および移行を簡単に、柔軟に実行できます。

Windows Server 2012, 、タスク スケジューラがフェールオーバー クラスタ リングを使用するクラスター化されたタスクを構成する管理者と統合されています。 クラスター化されたタスクとは、すべてのクラスター ノードに登録されるタスク スケジューラのタスクです。 タスクは、すべてのノードで有効にすることも、一部のノードで有効にすることもできます。

クラスター化されたタスクは、次の 3 つの方法で構成できます。

  • クラスター全体です。すべてのクラスター ノードでタスクをスケジュールするとします。

  • 任意のノード 無作為に選ばれる 1 つのノードでタスクがスケジュールされます。

  • リソース固有 指定したクラスター リソースを持つノードでのみタスクがスケジュールされます。

管理者が構成し、次を使用して、クラスター化されたタスクを管理 Windows PowerShell コマンドレット。

  • レジスタ ClusteredScheduledTask

  • セット ClusteredScheduledTask

  • Get ClusteredScheduledTask

  • 登録を解除 ClusteredScheduledTask

この変更の利点

クラスター化されたタスクは、クラスター リソースを使ってアプリケーションやプロセスをスケジュールに基づいて実行するための柔軟なメカニズムを提供します。

使用する、 Windows PowerShell フェールオーバー クラスタ リングのコマンドレットについては、フェールオーバー クラスター モジュールをインストールする必要があります Windows PowerShell フェールオーバー クラスタ リング ツールに組み込まれています。 コマンドレットの一覧については、次を参照してください。 フェールオーバー クラスタ リング コマンドレットは、Windows PowerShell でします。

新しい Windows PowerShell コマンドレットは、フェールオーバー クラスタ リング機能をサポート Windows Server 2012 以下します。

  • 暗号化チェックポイントなど、クラスター レジストリ チェックポイントを管理します。

  • スケールアウト ファイル サーバーを作成する。

  • 仮想マシンのアプリケーションを監視する。

  • 分散ネットワーク名リソースのプロパティを更新する。

  • クラスター化されたタスクを作成および管理する。

  • 高可用性を実現する iSCSI ターゲット サーバーを作成します。

この変更の利点

新しい Windows PowerShell コマンドレットは、管理機能とスクリプトでのフェールオーバー クラスタ リング機能のサポートを提供 Windows Server 2012します。

動作の相違点

テスト ClusterResourceFailure コマンドレット取って代わります 失敗 ClusterResourceします。

  • Cluster.exe コマンド ライン ツールは推奨されなくなりましたが、必要に応じてフェールオーバー クラスタリング ツールと共にインストールできます。Windows PowerShell フェールオーバー クラスタ リング用コマンドレットは、Cluster.exe コマンドとほぼ同等の機能を提供します。 詳細については、次を参照してください。 フェールオーバー クラスター用の Windows PowerShell コマンドレットへの Cluster.exe コマンドのマッピングします。

  • Cluster Automation Server (MSClus) COM インターフェイスは推奨されなくなりましたが、必要に応じてフェールオーバー クラスタリング ツールと共にインストールできます。

  • 32 ビットのクラスター リソース DLL に対するサポートは推奨されなくなりました。ただし、必要に応じて 32 ビット DLL をインストールすることはできます。 クラスター リソースの DLL は 64 ビットに更新する必要があります。

  • プリント サーバーの役割は高可用性ウィザードから削除されます。フェールオーバー クラスター マネージャーでは構成できません。

  • 追加 ClusterPrintServerRole コマンドレットが非推奨し、ではサポートされていません Windows Server 2012します。

表示: