Start-SilLogging

Windows Server 2012 R2 and Windows 8.1

Start-SilLogging

Starts Software Inventory Logging hourly logging. Windows Server 2012 R2 with KB3000850 applied. For more information, see http://support.microsoft.com/kb/3000850.

構文

Parameter Set: Default
Start-SilLogging [[-CimSession] <CimSession[]> ] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Start-SilLogging cmdlet starts Software Inventory Logging hourly logging. Once logging is started, Software Inventory Logging collects data hourly from Software Inventory Logging data sources, and then forwards this data over the network to an aggregation server. Specify an aggregation server and certificate thumbprint by using the Set-SilLogging cmdlet.

パラメーター

-CimSession<CimSession[]>

リモート セッションまたはリモート コンピューターでコマンドレットを実行します。New-CimSession コマンドレットや Get-CimSession コマンドレットの出力など、コンピューター名またはセッション オブジェクトを入力します。既定値は、ローカル コンピューターで実行中の現在のセッションです。


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

1

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

Example 1: Start logging

This command starts Software Inventory Logging for the current computer.


PS C:\> Start-SilLogging

関連トピック

表示: