Publish-SilData

Windows Server 2012 R2 and Windows 8.1

Publish-SilData

Initiates a point in time collection of Software Inventory Logging data and forwards it, along with any accumulated historical data, to the aggregation server. Windows Server 2012 R2 with KB3000850 applied. For more information, see http://support.microsoft.com/kb/3000850.

構文

Parameter Set: CollectThenFlush
Publish-SilData [[-FileName] <String> ] [-AsJob] [-CheckCollectionHistory] [-CimSession <CimSession[]> ] [-ThrottleLimit <Int32> ] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: FlushOnly
Publish-SilData [-AsJob] [-CimSession <CimSession[]> ] [-ThrottleLimit <Int32> ] [-UseCacheOnly] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Publish-SilData cmdlet initiates a point in time collection of all Software Inventory Logging data, and forwards the data over the network to an aggregation server, if one is specified. To identify the aggregation server, specify the TargetUri parameter of the Set-SilLogging cmdlet. If Software Inventory Logging was started by an administrator by using the Start-SilLogging cmdlet, hourly collection and forwarding of data to the aggregation server commences. In cases where Software Inventory Logging does not receive an acknowledgement from the aggregation server that data forwarding was successfully received, the feature stores that data locally and attempts to forward both cached and current data during the next scheduled forward attempt. Once the cached and current data has been forwarded successfully, the feature deletes all historical data from the local server.

パラメーター

-AsJob

エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-CheckCollectionHistory

Indicates that this cmdlet checks whether the current data set varies from the previous collection results. If it does vary, this cmdlet publishes a full set of the data to the aggregation server at the target uniform resource identifier (URI). If the data set does not vary, this cmdlet publishes a small package of data that identifies the computer to the aggregation server.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-CimSession<CimSession[]>

リモート セッションまたはリモート コンピューターでコマンドレットを実行します。New-CimSession コマンドレットや Get-CimSession コマンドレットの出力など、コンピューター名またはセッション オブジェクトを入力します。既定値は、ローカル コンピューターで実行中の現在のセッションです。


エイリアス

Session

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-FileName<String>

Specifies the name of a file. This file is used by Software Inventory Logging to define the data sources. Because Software Inventory Logging has an inherent default value, you do not usually need to specify this parameter.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

1

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-ThrottleLimit<Int32>

このコマンドレットを実行するために確立できる最大同時操作数を指定します。このパラメーターを省略するか、値として 0 を入力した場合、Windows PowerShell® では、コンピューターで実行している CIM コマンドレットの数に基づいて、コマンドレットに対する最適なスロットル制限を計算します。スロットル制限は現在のコマンドレットのみに適用され、セッションまたはコンピューターには適用されません。


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-UseCacheOnly

Indicates that the server can publish stored data to the aggregation server without triggering a point in time collection of all Software Inventory Logging data.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

  • None

Example 1: Forward Software Inventory Logging data

This command initiates a point in time data collection of Software Inventory Logging data and forwards the data to an aggregation server. To identify the aggregation server, specify the TargetUri parameter of the Set-SilLogging cmdlet.


PS C:\> Publish-SilData

関連トピック

表示: