Import-StartLayout

Windows Server 2012 R2 and Windows 8.1

Import-StartLayout

Imports the layout of the Start screen into a mounted Windows image.

構文

Parameter Set: LiteralPath
Import-StartLayout [-LayoutLiteralPath] <String> [-MountLiteralPath] <String> [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: Path
Import-StartLayout [-LayoutPath] <String> [-MountPath] <String> [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Import-StartLayout cmdlet imports the layout of the Start screen into a mounted Windows image. When you import a layout, it replaces the existing layout of the Start screen. Before you use this cmdlet, mount the Windows image file to import the layout into.

Use the Export-StartLayout cmdlet to create a .bin file, and then use this cmdlet to import that file. You must have administrator rights to import a layout.

The Export-StartLayout cmdlet also exports layouts as .xml files, but this cmdlet imports only .bin files.

パラメーター

-LayoutLiteralPath<String>

Specifies a literal path to a layout file. This parameter does not accept the wildcard character (*). If the path includes an escape character (\), enclose the string in single quotes (').


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

2

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-LayoutPath<String>

Specifies a path to a layout file.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

2

既定値

null

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-MountLiteralPath<String>

Specifies the literal path where you mounted the .wim file. This parameter does not accept the wildcard character (*). If the path includes an escape character (\), enclose the string in single quotes (').


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

3

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-MountPath<String>

Specifies the path where you mounted the .wim file.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

3

既定値

null

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Confirm

コマンドレットを実行する前に、ユーザーに確認を求めます。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-WhatIf

コマンドレットを実行するとどのような結果になるかを表示します。コマンドレットは実行されません。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

Example 1: Import a layout into a Windows image

This command imports a layout of the Start screen into a Windows image.


PS C:\> Import-StartLayout -LayoutPath "Layout.bin" -MountPath "E:\MountedImage\" 

Example 2: Validate the layout file and Windows image

This command validates the layout file and the Windows image by using the WhatIf parameter. Besides that parameter, the command is the same as the previous example, but this command makes no changes.


PS C:\> Import-StartLayout -LayoutPath "Layout.bin" -MountPath "E:\MountedImage" -WhatIf

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: