Add-WdsDriverPackage

Windows Server 2012 R2 and Windows 8.1

Add-WdsDriverPackage

Adds an existing driver package to a driver group or injects it into a boot image.

構文

Parameter Set: IdIntoBootImageProperties
Add-WdsDriverPackage -Architecture <Architecture> -Id <Guid> -ImageName <String> [-AsJob] [-CimSession <CimSession[]> ] [-FileName <String> ] [-ThrottleLimit <Int32> ] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: IdIntoDriverGroupName
Add-WdsDriverPackage -GroupName <String> -Id <Guid> [-AsJob] [-CimSession <CimSession[]> ] [-ThrottleLimit <Int32> ] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: NameIntoBootImageProperties
Add-WdsDriverPackage -Architecture <Architecture> -ImageName <String> -Name <String> [-AsJob] [-CimSession <CimSession[]> ] [-FileName <String> ] [-ThrottleLimit <Int32> ] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: NameIntoDriverGroupName
Add-WdsDriverPackage -GroupName <String> -Name <String> [-AsJob] [-CimSession <CimSession[]> ] [-ThrottleLimit <Int32> ] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Add-WdsDriverPackage cmdlet adds an existing driver package to a driver group or injects a driver package into a boot image. Use the Import-WdsDriverPackage cmdlet to import driver packages into the Windows Deployment Services driver store. Specify a driver package by its unique name or ID.

To add a driver package to a driver group, specify the group name. Use the Remove-WdsDriverPackage to remove a drive package from a group.

To inject a driver package into a boot image, specify the image name and architecture. If the image name and architecture do not uniquely identify the boot image, specify the boot image file. After you inject a driver package into a boot image, Windows Deployment Services cannot remove the driver package.

パラメーター

-Architecture<Architecture>

Specifies an architecture. This is the architecture of the image. In order to inject a driver into a boot image, you must specify an architecture. このパラメーターに対して使用できる値:

-- Arm
-- Ia64
-- X64
-- X86


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-AsJob

エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-CimSession<CimSession[]>

リモート セッションまたはリモート コンピューターでコマンドレットを実行します。New-CimSession コマンドレットや Get-CimSession コマンドレットの出力など、コンピューター名またはセッション オブジェクトを入力します。既定値は、ローカル コンピューターで実行中の現在のセッションです。


エイリアス

Session

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-FileName<String>

Specifies a file name. This is the file name of the boot image. Use this parameter to specify the file name for the boot image if the boot image name and architecture do not uniquely identify the image.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-GroupName<String>

Specifies the name of a driver group. The cmdlet adds the driver package to this group.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Id<Guid>

Specifies an ID. This is the ID of the driver package to add.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-ImageName<String>

Specifies the name of an image. This is the name of the boot image. If this name is not unique, specify the file name of the boot image by using the FileName parameter.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Name<String>

Specifies a name. This is the unique name of the driver package. If this name is not unique, specify the driver package ID, instead, by using the Id parameter.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-ThrottleLimit<Int32>

このコマンドレットを実行するために確立できる最大同時操作数を指定します。このパラメーターを省略するか、値として 0 を入力した場合、Windows PowerShell® では、コンピューターで実行している CIM コマンドレットの数に基づいて、コマンドレットに対する最適なスロットル制限を計算します。スロットル制限は現在のコマンドレットのみに適用され、セッションまたはコンピューターには適用されません。


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

  • Microsoft.Management.Infrastructure.CimInstance#MSFT_WdsDriverPackage

Example 1: Add a driver package to a group by using the package ID

This command adds a driver package to the group named Drivers for Frabrikam Devices. The command specifies the ID of the driver package.


PS C:\> Add-WdsDriverPackage -Id 32d78628-07fb-4e18-adc4-f0ecf8b41bbe -GroupName "Drivers for Fabrikam Devices"

Example 2: Add a driver package to a group by using the package name

This command adds a driver package to the group named Drivers for Frabrikam Devices. The command specifies Fabrikam Device Driver (x64) as the name of the driver package.


PS C:\> Add-WdsDriverPackage -GroupName "Drivers for Fabrikam Devices" -Name "Fabrikam Device Driver (x64)"

Example 3: Inject a driver package into a boot image by using the package ID

This command injects the driver package into the boot image named Contoso general setup (x64). The command specifies the ID of the driver package.


PS C:\> Add-WdsDriverPackage -Architecture X64 -Id 32d78628-07fb-4e18-adc4-f0ecf8b41bbe -ImageName "Contoso general setup (x64)"

Example 4: Inject a driver package into a boot image by using the package name

This command injects the driver package into the boot image named Contoso general setup (x64). The command specifies Fabrikam Device Driver (x64) as the name of the driver package.


PS C:\> Add-WdsDriverPackage -Architecture X64 -ImageName "Contoso general setup (x64)" -Name "Fabrikam Device Driver (x64)"

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: