Set-SyncShare

Windows Server 2012 R2 and Windows 8.1

Set-SyncShare

Modifies the settings for a sync share.

構文

Parameter Set: Query (cdxml)
Set-SyncShare [-Name] <String[]> [-AsJob] [-CimSession <CimSession[]> ] [-Description <String> ] [-FallbackEnterpriseID <String> ] [-InheritParentFolderPermission] [-MaxUploadFile <UInt64> ] [-PassThru] [-PasswordAutolockExcludeDomain <String[]> ] [-RequireEncryption <Boolean> ] [-RequirePasswordAutoLock <Boolean> ] [-ThrottleLimit <Int32> ] [-User <String[]> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: InputObject (cdxml)
Set-SyncShare -InputObject <CimInstance[]> [-AsJob] [-CimSession <CimSession[]> ] [-Description <String> ] [-FallbackEnterpriseID <String> ] [-InheritParentFolderPermission] [-MaxUploadFile <UInt64> ] [-PassThru] [-PasswordAutolockExcludeDomain <String[]> ] [-RequireEncryption <Boolean> ] [-RequirePasswordAutoLock <Boolean> ] [-ThrottleLimit <Int32> ] [-User <String[]> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Set-SyncShare cmdlet modifies the settings for a sync share.

パラメーター

-AsJob

エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-CimSession<CimSession[]>

リモート セッションまたはリモート コンピューターでコマンドレットを実行します。New-CimSession コマンドレットや Get-CimSession コマンドレットの出力など、コンピューター名またはセッション オブジェクトを入力します。既定値は、ローカル コンピューターで実行中の現在のセッションです。


エイリアス

Session

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Description<String>

Specifies a description for a sync share configuration. The description appears in サーバー マネージャー and in Windows PowerShell® but is not visible to end users. The description can have a maximum of a 150 characters.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-FallbackEnterpriseID<String>

Specifies the fallback Enterprise ID that the sync share uses if it cannot successfully query Active Directory® ドメイン サービス (). If the server cannot successfully query , the server uses the fully qualified domain name (FQDN) of the sync server as the fallback Enterprise ID unless you specify a different Enterprise ID by using this parameter. The Enterprise ID is issued by the Work Folders client to encrypt data on the PC or device.

The Enterprise ID is typically constructed by querying for the primary SMTP address of the user, removing the username and ampersand (user@), and sending the remainder to the client as the Enterprise ID. For example, EvanNarvaez@Contoso.com yields the contoso.com Enterprise ID.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-InheritParentFolderPermission

Indicates that the sync share inherits the permissions of the parent folder. If you specify this parameter, the user folder inherits permissions from the parent folder of the sync share, and administrators can access the data. If you do not specify this parameter, by default each user is granted exclusive access to their user folder, and administrators have no access rights.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-InputObject<CimInstance[]>

Specifies the SyncShare object to use as input to this cmdlet. You can use this parameter, or you can use the pipeline operator to pass input to this cmdlet.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByValue)

ワイルドカード文字を許可する

false

-MaxUploadFile<UInt64>

Specifies the maximum file size, in bytes, that users can upload to the server. The minimum value that you can specify is 1 MB.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Name<String[]>

Specifies a name for the sync share. The name that you specify has the following requirements:

-- The name must be unique on the sync server
-- The name can have a maximum of 75 characters
-- You cannot start or end a name with a space
-- You cannot end a name with a period
-- You cannot used a reserved name, such as COM1, LPT1, or NUL
-- You cannot use the following characters: <>:\"/\\|?*


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

2

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-PassThru

作業中の項目を表すオブジェクトを返します。既定では、このコマンドレットによる出力はありません。


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-PasswordAutolockExcludeDomain<String[]>

Specifies a list of domain names in FQDN format whose clients are to be exempted from the password policy. If the RequirePasswordAutoLock property on the sync share is false, then this parameter has no effect. If RequirePasswordAutoLock is true, then clients that are members of the specified domains are not requested by Work Folders to enforce password length and lock policies on the device. It is assumed that their security is managed by the Group Policy of their domain.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-RequireEncryption<Boolean>

Indicates whether the sync server requests that the contents of Work Folders be encrypted on each PC and device that accesses the sync share.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-RequirePasswordAutoLock<Boolean>

Indicates whether the device meet the following policies:

-- Password minimum length of six characters
-- Lock screen activates after a maximum of 15 minutes
-- User account lockout after a maximum of 10 failed sign-in attempts


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-ThrottleLimit<Int32>

このコマンドレットを実行するために確立できる最大同時操作数を指定します。このパラメーターを省略するか、値として 0 を入力した場合、Windows PowerShell® では、コンピューターで実行している CIM コマンドレットの数に基づいて、コマンドレットに対する最適なスロットル制限を計算します。スロットル制限は現在のコマンドレットのみに適用され、セッションまたはコンピューターには適用されません。


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-User<String[]>

Specifies an array of security groups or users who are allowed to sync data with this sync share. Add accounts or security groups in Security Accounts Manager (SAM) account format.


エイリアス

AllowedAccount,AllowedUser

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Confirm

コマンドレットを実行する前に、ユーザーに確認を求めます。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-WhatIf

コマンドレットを実行するとどのような結果になるかを表示します。コマンドレットは実行されません。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

  • SyncShare

    You can pass an array of SyncShare objects to the InputObject parameter by using the pipeline operator.


出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

  • SyncShare

    If you specify the PassThru parameter, this cmdlet outputs an object that represents the modified sync shares.


Example 1: Modify a sync share to enable inherited permissions

This command modifies settings on the share named Share01, and sets KeepParentFolderPermission to enable the share to inherit permissions from the parent folder.


PS C:\> Set-SyncShare Share01 -KeepParentFolderPermission 

Example 2: Modify the sync share to change the user group

This command modifies settings on the share named Share01, and sets the user group to ContosoGroup.


PS C:\> Set-SyncShare Share01 -User "ContosoGroup"

Example 3: Modify a sync share to add a user group

This example modifies settings on the share named Share01, and enables the user group named ContosoEngGroup to access the share.

The first command uses the Get-SyncShare cmdlet to retrieve the sync share for Share01, and assigns the results to the variable $Current.

The second command uses the Set-SyncShare cmdlet to modify the sync share and add the current user and the ContosoEngGroup to the list of users allowed to access the share.

The third command uses the Get-SyncShare cmdlet to verify the results.


PS C:\> $Current = Get-SyncShare Share01
PS C:\> Set-SyncShare Share01 -User $Current.user,"ContosoEngGroup"
PS C:\> Get-SyncShare Share01

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: