Assigned Access Cmdlets in Windows PowerShell

Windows Server 2012 R2 and Windows 8.1

Windows PowerShell® は、特にシステム管理用に設計された、タスク ベースのコマンド ライン シェルおよびスクリプト言語です。情報技術 (IT) プロフェッショナル向けのこの参照トピックは、スクリプトを作成してタスクを自動化するために Windows PowerShell コマンドレットを活用するうえでのサポートとなります。

AssignedAccess

The Windows PowerShell cmdlets for Assigned Access are designed to enable the administration of restricted app access to specific user accounts. When Assigned Access is configured on a user account, it can use only one Windows Store app. The user cannot exit the app, sign out, or access any system settings.

 

cmdlet Description

Clear-AssignedAccess

Removes the user account from assigned access.

Get-AssignedAccess

Retrieves the current configuration for assigned access.

Set-AssignedAccess

Configures a user to launch only one app.

noteNote
To list all the cmdlets that are available, use the Get-Command –Module AssignedAccess cmdlet.

任意のコマンドレットの詳細について、またはコマンドレットの構文の詳細については、Get-Help <コマンドレット名> コマンドレットを使用します。ここで、<コマンドレット名> は、調べようとするコマンドレットの名前です。詳細については、次のコマンドレットを実行できます。

Get-Help <コマンドレット名> -Detailed
Get-Help <コマンドレット名> -Examples
Get-Help <コマンドレット名> -Full

コミュニティの追加

追加
表示: