Get-AssignedAccess

Windows Server 2012 R2 and Windows 8.1

Get-AssignedAccess

Retrieves the current configuration for assigned access.

構文


Get-AssignedAccess [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Get-AssignedAccess cmdlet retrieves the current configuration for assigned access, including the user name, user SID, app friendly name, and app ID.

パラメーター

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

  • None.

    You cannot pipe input to this cmdlet.


出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

  • None.

    This cmdlet does not generate any output.


EXAMPLE 1

This example shows how to retrieve the current configuration for assigned access.


PS C:\> Get-AssignedAccessUser Name: MYPC\UserNameUser SID:  S-1-5-21-594534509-2542345234-234523453-1004AUMID:     Microsoft.Media.PlayReadyClient_2.3.1678.0_x64__8wekyb3d8bbweApp Name:  Microsoft.Media.PlayReadyClient

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: