Windows Hardware Error Architecture (WHEA) Cmdlets in Windows PowerShell

Windows PowerShell® は、特にシステム管理用に設計された、タスク ベースのコマンド ライン シェルおよびスクリプト言語です。情報技術 (IT) プロフェッショナル向けのこの参照トピックは、スクリプトを作成してタスクを自動化するために Windows PowerShell コマンドレットを活用するうえでのサポートとなります。

Windows Hardware Error Architecture (WHEA) Cmdlets

This reference provides cmdlet descriptions and syntax for all Windows Hardware Error Architecuture (WHEA) cmdlets. It lists the cmdlets in alphabetical order based on the verb at the beginning of the cmdlet.

 

Cmdlet Description

Get-WheaMemoryPolicy

Retrieves the WHEA memory policies in effect on a local or remote computer.

Set-WheaMemoryPolicy

Sets the WHEA memory policy on a local or remote computer.

noteNote
To list all the cmdlets that are available, use the Get-Command –Module Whea cmdlet.

任意のコマンドレットの詳細について、またはコマンドレットの構文の詳細については、Get-Help <コマンドレット名> コマンドレットを使用します。ここで、<コマンドレット名> は、調べようとするコマンドレットの名前です。詳細については、次のコマンドレットを実行できます。

Get-Help <コマンドレット名> -Detailed
Get-Help <コマンドレット名> -Examples
Get-Help <コマンドレット名> -Full

More Information

For more information about the cmdlets, see WHEA – Windows Hardware Error Architecture on MSDN.

コミュニティの追加

追加
表示: