Get-WheaMemoryPolicy

Get-WheaMemoryPolicy

Retrieves the Windows Hardware Error Architecture (WHEA) memory policies in effect on a local or remote computer.

構文

Parameter Set: Default
Get-WheaMemoryPolicy [-ComputerName <String> ] [ <CommonParameters>]




パラメーター

-ComputerName<String>

Name of the remote computer from which to retrieve policy information. If no computer name is specified, the command returns the policy of the local computer. You can use cn as an alias for ComputerName.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

Example: Get the WHEA memory policy settings from the local computer

Return WHEA memory policy values from the local computer, as a WheaMemoryPolicy object.


PS C:\> Get-WHEAMemoryPolicy

コミュニティの追加

追加
表示: