Set-WinCultureFromLanguageListOptOut

Set-WinCultureFromLanguageListOptOut

Sets the Culture (User Locale) from language list opt out setting for the current user account.

構文

Parameter Set: Default
Set-WinCultureFromLanguageListOptOut [-OptOut] <Boolean> [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Set-WinCultureFromLanguageListOptOut cmdlet gets the Culture (User Locale) opt-out setting for the current user account. Setting this option to TRUE disables the action of dynamically setting the Culture (User Locale) for the current user based on changes to the Windows display language. Setting this option to FALSE activates the dynamic setting behavior. The default setting is FALSE.

パラメーター

-OptOut<Boolean>

エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

1

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

Example 1

This cmdlet blocks the dynamic setting behavior.


PS C:\> Set-WinCultureFromLanguageListOptOut 1

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: