Office 2013 の MAK クライアントのライセンス認証します。

Office 2013
 

適用先:Office 2013

トピックの最終更新日:2016-12-16

概要: Office 2013 のボリューム ライセンスのマルチ ライセンス認証キー (MAK) クライアントの構成を用意する方法です。

対象ユーザー: IT 担当者

マルチ ライセンス認証キー (MAK) のライセンス認証は、インターネットまたは電話により、Microsoft がホストしているライセンス認証サービスで 1 度のライセンス認証に使用されます。

MAK を使用する場合は、次のサポートされている方法のいずれかを使用して、MAK キーを入力します。

重要重要:
必要な MAK キーは製品ごとに異なるので、製品の MAK キーが正しいことを最初に確認する必要があります。

OCT を使用して MAK キーを入力して、以下の手順を実行します。

  1. [25 文字の有効なボリューム ライセンス キーを入力してください (スペースは含めないでください)] フィールドに MAK キー (5 桁の数字または文字を 5 つ並べたもの) を入力し、Enter キーを押します。

  2. 後、OCT でその他の必要な変更を加える, .msp ファイルを Updates フォルダーに保存します。

メモメモ:
OCT で MAK キーを使用するときに、AUTO_ACTIVATE プロパティ値を 1 に設定することで、MAK キーをインストールすると同時に Office 2013 をライセンス認証することができます。 詳細については、「Office 2013 の Office カスタマイズ ツール (OCT) リファレンス」の「使用許諾契約とユーザー インターフェイス 」を参照してください。

KMS ライセンス認証を使用する場合は、OCT でのプロダクト キーの入力は不要です。 OCT を使用する方法の詳細については、「Office 2013 の Office カスタマイズ ツール (OCT) リファレンス」を参照してください。

Config.xml ファイル (Office 2013 の Config.xml ファイル参照) を使用してMAK キーを登録するには、次の手順に従います。

  1. Config.xml ファイルに次の行を追加します。

    <PIDKEY Value="AAAAABBBBBCCCCCDDDDDEEEEE" />

    AAAAABBBBBCCCCCDDDDDEEEEE は 25 文字のプロダクト キーです。

  2. Config.xml の設定を適用するには、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

    Setup.exe /config <Config.xml ファイルのパス>

メモメモ:
AUTO_ACTIVATE プロパティ値を 1 に設定することで、MAK キーをインストールすると同時に Office 2013 をライセンス認証することができます。詳細については、「Office 2013 の Config.xml ファイル参照」の「Setting 要素」を参照してください。

KMS ライセンス認証を使用している場合は、MAK キーを Config.xml ファイルに入力する必要はありません。

インストール後に複数の Office 2013 クライアントのプロダクト キーを変更する必要がある場合は、ボリューム ライセンス認証管理ツール (VAMT) 3.0 を使用することをお勧めします。VAMT 3.0 の詳細については、「ボリューム ライセンス認証管理ツールのテクニカル リファレンス」を参照してください。

1 台のコンピューターだけでは、プロダクト キーの変更。

  1. Office 2013 アプリケーションを開きます。

  2. [ファイル] タブをクリックします。

  3. アカウントを選択します。

  4. [プロダクト キーの変更] をクリックし、プロダクト キーを入力します。

使用して、プロダクト キーを入力する方法については、 ospp.vbs スクリプトを参照してください 、ospp.vbs スクリプト

管理者は、標準ユーザー (管理者以外のユーザー) が MAK キーを適用して Office 2013 アプリケーションをライセンス認証できるようにするレジストリ キーを作成できます。 つまり、標準ユーザーは KMS クライアントを MAK ライセンス認証に切り替え、手動でコンピューターのライセンス認証を行い、必要に応じて既存の MAK を新しい MAK キーに置き換えることができます。既定では、この機能はボリューム ラインセンス版のすべての Office 2013 で無効になっています。この機能を有効にするには、次の行を Config.xml ファイルに追加します。

<Setting Id="USEROPERATIONS" Value="1" />

または、次のレジストリ キーを設定し、標準ユーザー (管理者以外のユーザー) によるライセンス認証を有効または無効にできます。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\OfficeSoftwareProtectionPlatform


標準ユーザーによるライセンス認証を有効にする: "UserOperations"=dword:00000001
標準ユーザーによるライセンス認証を無効にする: "UserOperations"=dword:00000000 (Office 2013ボリューム ライセンス製品の既定の設定)

表示: