Office 2013 の Active Directory によるライセンス認証

Office 2013
 

適用先:Office 2013

トピックの最終更新日:2016-12-16

概要: Office 2013 クライアントの Active Directory によるライセンス認証の基本事項について説明します。

対象ユーザー: IT 担当者

Active Directory ベースのライセンス認証 (ADBA) により、企業はドメインとの接続を通した社内ネットワークのコンピューター上で Office 2013 クライアントをライセンス認証することができます。ユーザーがコンピューターをドメインに接続すると、そのコンピューターに Generic Volume License Key (GVLK) がインストールされていれば、ADBA オブジェクトはコンピューターにインストールされた Office 2013 を自動的にライセンス認証します。ドメイン全体に配布されているため、ライセンス認証オブジェクトとして使用する 1 台の物理コンピューターは必要はありません。Active Directory ベースのライセンス認証の詳細については、「Active Directory によるライセンス認証の概要 」を参照してください。

Office の Active Directory ベースのライセンス認証は、Windows 8、Windows 8.1、Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2 で動作している Office 2013 クライアントのみに適用されます。Active Directory ベースのライセンス認証では、KMS で使用されるものと同じクライアント プロダクト キーおよびホスト キーが使用されます。Active Directory ベースのライセンス認証では、Active Directory によるライセンス認証試行が失敗すると、ソフトウェア保護プラットフォーム サービス (SPPSvc) が Active Directory ドメイン サービス (AD DS) のライセンス認証オブジェクト (AO) または検出可能な KMS ホストに対してプロダクト キーをライセンス認証する試行を定期的に実行します。Active Directory によるライセンス認証が成功すると、Office 2013 クライアントに 180 日間のライセンスが付与されます。

KMS キーをライセンス認証するには、Active Directory のホスト コンピューターの Administrators グループのメンバーである必要があります。

Office 2013 の Active Directory によるライセンス認証のホストを設定する
  1. Microsoft Office 2013 ボリューム ライセンス パック Web サイトで、office2013volumelicensepack_en-us_x86.exe をダウンロードします。

  2. ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてボリューム ライセンス認証ツール ウィザードを実行します。

  3. 最初のページで [次へ] を選択し、[ボリューム ライセンス認証方法の選択] ページで [Active Directory によるライセンス認証] を選択します。

    ライセンス認証オブジェクトの管理ページ
  4. ライセンス認証オブジェクトの管理] ページで、KMS ホスト キーを入力し、必要に応じて名前を付けます。

  5. ライセンス認証の方法として、オンラインまたは電話を選択し、ウィザードの手順に従って操作します。

  6. 完了すると、[ライセンス認証の完了] ページが表示されます。

表示: