Set-WssReportSection

Windows Server 2012 R2 and Windows 8.1

Set-WssReportSection

Sets the sections to include in a health report.

構文

Parameter Set: Default
Set-WssReportSection [-Section] <WssReportSection> {All | None | ShowBackups | ShowCriticalAlertsAndWarnings | ShowErrorsInEventLog | ShowSecurityAndUpdates | ShowServiceNotRunning | ShowStorage} [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Set-WssReportSection cmdlet sets the sections to include in a health report.

パラメーター

-Section<WssReportSection>

Specifies the sections to include in a health report.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

1

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

Example 1: Set the report sections for a health report

This command sets the report sections for a health report on a server where you run the cmdlet.


PS C:\> Set-WssReportSection ShowCriticalAlertsAndWarnings,ShowBackups

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: