Set-WssReportEmailSetting

Windows Server 2012 R2 and Windows 8.1

Set-WssReportEmailSetting

Configures the email settings of health report.

構文

Parameter Set: Enable
Set-WssReportEmailSetting -Enable -From <String> -Port <Int32> -SmtpServer <String> -To <String> [-Credential <PSCredential> ] [-UseAuthentication] [-UseSsl] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: Disable
Set-WssReportEmailSetting -Disable [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Set-WssReportEmailSetting cmdlet configures the email settings of a health report.

パラメーター

-Credential<PSCredential>

Specifies a credential for SMTP authentication. To obtain a credential object, use the Get-Credential cmdlet.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Disable

Indicates that the email setting is disabled.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Enable

Indicates that the email setting is enabled.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-From<String>

Specifies the sender address of the health report. The sender of the email is the email address that you specify.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Port<Int32>

Specifies the TCP port number of SMTP service. The SMTP service listens on the port you specify.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-SmtpServer<String>

Specifies the SMTP server name.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-To<String>

Specifies the email addresses of recipients, separated by a semicolon (;). The recipients of the email are the email addresses that you specify.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-UseAuthentication

Indicates that the SMTP server requires authentication.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-UseSsl

Use this when SSL is required.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

  • System.Management.Automation.PSCredential,System.Management.Automation.SwitchParameter,System.Management.Automation.SwitchParameter,System.String,System.Int32,System.String,System.String,System.Management.Automation.SwitchParameter,System.Management.Automation.SwitchParameter



    Email settings



出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

Example 1: Set report email settings

The first command creates a $UserName variable.

The second command creates a password for the user by using a secure string conversion cmdlet.

The third command creates a credential for the user by using the New-Object cmdlet.

The last command sets the report email settings.


PS C:\> $UserName = "ContosoUser"
PS C:\> $Password = ConvertTo-SecureString "passw0rd" -AsPlainText -Force
PS C:\> $Cred = New-Object System.Management.Automation.PSCredential($UserName, $Password)
PS C:\> Set-WssReportEmailSetting -Enable -From "Contoso-Admin@contoso.com" -SMTPServer "smtphost" -Port 25 -UseAuthentication -Credential $Cred

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: