New-MsmqMessage

New-MsmqMessage

Creates a message object.

構文

Parameter Set: Default
New-MsmqMessage [[-Body] <Object> ] [-AdminQueuePath <String> ] [-Authenticated] [-Journaling] [-Label <String> ] [-Recoverable] [-ResponseQueuePath <String> ] [-TimeToBeReceived <TimeSpan> ] [-TimeToReachQueue <TimeSpan> ] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The New-MsmqMessage cmdlet creates a System.Messaging.Message object that includes properties specified by parameters.

パラメーター

-AdminQueuePath<String>

Specifies a path. The queue that the path specifies receives the acknowledgement messages that Message Queuing generates. The default value is an empty string.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Authenticated

Indicates that the cmdlet sends the message as an authenticated message.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Body<Object>

Specifies the body of the message. The default value is an empty body.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

1

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

true (ByValue)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Journaling

Indicates that the originating computer keeps a copy of the message in a journal.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Label<String>

Specifies a label. The label that this parameter specifies describes the message. The default value is an empty string.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Recoverable

Indicates that the cmdlet sets the recoverable property of a message object.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-ResponseQueuePath<String>

Specifies a path. The queue that this parameter specifies receives application-generated response messages. The default value is an empty string.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-TimeToBeReceived<TimeSpan>

Specifies the maximum amount of time, in milliseconds, for the message to be received from the destination queue. The default value is 49.17:02:47.295.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-TimeToReachQueue<TimeSpan>

Specifies the maximum amount of time, in milliseconds, for the message to reach the queue. The default value is 49.17:02:47.295.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

Example 1

PS C:\> New-MsmqMessage -Body "Test Message" -AdminQueue ".\private$\adminqueue" -Recoverable 

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: