Enable-MSMQCertificate

Enable-MSMQCertificate

Registers a certificate with Active Directory ドメイン サービス.

構文

Parameter Set: InputObject
Enable-MSMQCertificate -InputObject <X509Certificate2> [ <CommonParameters>]

Parameter Set: RenewInternalCertificate
Enable-MSMQCertificate -RenewInternalCertificate [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Enable-MsmqCertificate cmdlet registers a certificate with Active Directory® ドメイン サービス. If you specify the RenewInternalCertificate parameter, the cmdlet generates a certificate in your personal certificate store and registers the certificate with Active Directory ドメイン サービス. The cmdlet returns a System.Security.Cryptography.X509Certificates.X509Certificate object that represents the enabled certificate.

パラメーター

-InputObject<X509Certificate2>

Specifies a certificate object that represents a certificate that this cmdlet registers with Active Directory ドメイン サービス. If you specify the RenewInternalCertificate parameter, you cannot specify this parameter.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

true (ByValue)

ワイルドカード文字を許可する

false

-RenewInternalCertificate

Indicates that this cmdlet generates a certificate in the personal certificate store of the user, and registers that certificate with Active Directory ドメイン サービス. If you pass a certificate to this cmdlet by using the pipeline operator, you cannot specify this parameter.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

Example 1

PS C:\> $_ | Enable-MsmqCertificate

Example 2

PS C:\> Enable-MsmqCertificate -RenewInternalCertificate

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: