Get-MsmqQueueACL

Get-MsmqQueueACL

Gets queue access control lists.

構文

Parameter Set: Default
Get-MsmqQueueACL [-InputObject] <MessageQueue[]> [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Get-MsmqQueueACL cmdlet gets MsmqQueueAcl objects. The cmdlet applies to private, public, system journal, system dead-letter, and system transactional dead-letter queues.

パラメーター

-InputObject<MessageQueue[]>

Specifies an array of MsmqQueue objects. The cmdlet gets access control list (ACL) information for queues that the MsmqQueue objects specify. This parameter accepts pipeline input.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

1

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

true (ByValue)

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

Example 1

PS C:\> Get-MsmqQueue -Name "Order*" | Get-MsmqQueueACL

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: