Set-MsmqQueueManager

Set-MsmqQueueManager

Configures the queue manager.

構文

Parameter Set: All
Set-MsmqQueueManager [-JournalQuota <UInt64> ] [-LogMsgStore <String> ] [-MessageQuota <UInt64> ] [-MsgStore <String> ] [-RenewEncryptionKey] [-TransactionLogStore <String> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: Connect
Set-MsmqQueueManager [-Connect] [-JournalQuota <UInt64> ] [-LogMsgStore <String> ] [-MessageQuota <UInt64> ] [-MsgStore <String> ] [-RenewEncryptionKey] [-TransactionLogStore <String> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: Disconnect
Set-MsmqQueueManager [-Disconnect] [-JournalQuota <UInt64> ] [-LogMsgStore <String> ] [-MessageQuota <UInt64> ] [-MsgStore <String> ] [-RenewEncryptionKey] [-TransactionLogStore <String> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Set-MsmqQueueManager cmdlet configures the properties of the Message Queuing (also known as MSMQ) queue manager. This cmdlet returns a QueueManager object that represents the modified local queue manager. If you specify the RenewEncryptionKey parameter to renew keys, you must restart the Message Queuing service for the new keys to become effective.

パラメーター

-Connect

Indicates that this cmdlet connects the computer to the network and to the directory service. If you specify this parameter, you cannot specify the Disconnect parameter.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Disconnect

Indicates that this cmdlet disconnects the computer from the network and from the directory service. If you specify this parameter, you cannot specify the Connect parameter.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-JournalQuota<UInt64>

Specifies the total Journal Message Storage quota for Message Queuing.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-LogMsgStore<String>

Specifies a new message logger storage location. The cmdlet moves all the message logger files to the new location.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-MessageQuota<UInt64>

Specifies the total Message Storage quota for Message Queuing.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-MsgStore<String>

Specifies a new message storage location. The cmdlet moves all the message files to the new location.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-RenewEncryptionKey

Indicates that this cmdlet renews the public encryption key.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-TransactionLogStore<String>

Specifies a new transaction logger storage location. This cmdlet moves over all the transaction logger files to the new location.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Confirm

コマンドレットを実行する前に、ユーザーに確認を求めます。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-WhatIf

コマンドレットを実行するとどのような結果になるかを表示します。コマンドレットは実行されません。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

Example 1

PS C:\> Set-MsmqQueueManager -MessageQuota 2048576 -MsgStore "C:\MSMQ\MessageFiles" -TransactionLogStore "C:\MSMQ\TransactionLogs"

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: