New-MsmqQueue

New-MsmqQueue

Creates public or private queues.

構文

Parameter Set: Default
New-MsmqQueue [-Name] <String[]> [-Authenticate] [-Journaling] [-JournalQuota <Int64> ] [-Label <String> ] [-MulticastAddress <String> ] [-PrivacyLevel <EncryptionRequired> ] [-QueueQuota <Int64> ] [-QueueType <QueueType> ] [-Transactional] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The New-MsmqQueue cmdlet creates public or private queues. The cmdlet returns System.Messaging.MessageQueue objects that represent the new queues. If you do not specify QueueType parameter, the cmdlet creates a private queue.

パラメーター

-Authenticate

Indicates that the queue accepts only authenticated messages.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-JournalQuota<Int64>

Specifies the maximum size of the journal queue. Specify a value in kilobytes. If you do not specify a value, this cmdlet uses the default journal queue quota.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Journaling

Indicates that received messages are copied to the journal queue.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Label<String>

Specifies a label. The label that this parameter specifies describes the queue. The default value is an empty string.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-MulticastAddress<String>

Specifies the multicast address associated with the queue. If you do not specify a multicast address, the cmdlet does not assign a multicast address to this queue.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Name<String[]>

Specifies an array of names of queues. This parameter specifies friendly names of queues. This parameter does not support wildcard characters.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

1

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

true (ByValue)

ワイルドカード文字を許可する

false

-PrivacyLevel<EncryptionRequired>

Specifies the privacy level associated with the queue. The default value is Optional.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-QueueQuota<Int64>

Specifies the maximum size, in kilobytes, of the queue. If you do not specify a value, this cmdlet uses the default queue quota.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-QueueType<QueueType>

Specifies a queue type. このパラメーターに対して使用できる値:

-- Private. The cmdlet creates a private queue with the name that the Name parameter specifies.
-- Public. The cmdlet creates a public queue with the name that the Name parameter specifies.

The default value is Private.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Transactional

Indicates that the cmdlet creates a transactional queue at the specified path.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

Example 1

PS C:\> New-MsmqQueue -Name "OrderQueue" -QueueType Public

Example 2

PS C:\> New-MsmqQueue -Name "OrderQueue" -Authenticate -MulticastAddress "234.12.3:8001" -QueueQuota 200000

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: