Skip-WASJobInstance

Skip-WASJobInstance

Drops a computer from the running job instance.

構文

Parameter Set: Default
Skip-WASJobInstance [-Computer] <WASComputer[]> [-JobInstance] <WASJobInstance[]> [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Skip-WASJobInstance cmdlet drops a computer from the running job instance. The computer is removed from the job instance but is still available. The job instance continues to run on other computers included in the job.

パラメーター

-Computer<WASComputer[]>

Specifies the computer to drop from the specified job instance. The computer can be in any state.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

1

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-JobInstance<WASJobInstance[]>

Specifies the job instance object that includes the computer you want to drop.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

2

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

true (ByValue)

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

Example 1

This command gets the computer, and saves it as a variable. It then gets all running job instances of jobs with "automated" in the name, and drops the computer from all running job instances.


PS C:\> $computer = get-wascomputer testcomputer-toast2
PS C:\> $instance = get-wasjob *automated* | get-wasjobinstance | where { $_.IsComplete -eq $false }
PS C:\> Skip-WASJobInstance -computer $computer -jobinstance $instance

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: