Register-WASImage

Register-WASImage

Imports an image into inventory.

構文

Parameter Set: Default
Register-WASImage [-ImagePath] <String> [[-ImageName] <String> ] [[-ImageType] <String> ] [[-DeploymentInfo] <String> ] [[-UnattendPath] <String> ] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Register-WASImage cmdlet imports images (specifically its metadata) into the inventory. The image that is being imported must be in the \relax\images share on the Windows Assessment Services server. By default, the cmdlet assumes images are .wim files and imports all images in the WIM file. If you are not using the WIM image format, you must specify the image type. The ImagePath parameter is required.

パラメーター

-DeploymentInfo<String>

Specifies a deployment solution other than . This parameter is ignored if the ImagePath parameter points to a WIM file. The format of the string is dictated by the alternative deployment solution you choose.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

4

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-ImageName<String>

Specifies the name of the image that you want to import. The full name of the image is required. Wildcards aren't accepted. If this parameter isn't specified, all images are imported. To get the name of the image inside the WIM file, use the DISM Get-Image command.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

2

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-ImagePath<String>

Specifies the path to the image file you want to register. This must be the full path to the image, using the fully qualified domain name of the server. This parameter is required.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

1

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-ImageType<String>

Specifies the type of image you want to import, if you are not using a WIM file. By default the only image type supported is WIM. For more information about using custom image types, see the documentation.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

3

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-UnattendPath<String>

Specifies the path to the unattended answer file. These files must be stored in the \relax\unattendfiles share on the server.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

5

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

Example 1

Imports the image with index 1 in the WasTestImage.wim, from the \relax\images\ share, into the inventory.


PS C:\> Register-WasImage -ImagePath 'C:\relax\images\WasTestImage.wim' -ImageName 'Windows Test Image' -ImageType 'wim' -DeploymentInfo 'imageindex=1'

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: