Backup-CARoleService

Windows Server 2012 R2 and Windows 8.1

Backup-CARoleService

Backs up the CA database and private key information.

構文

Parameter Set: All
Backup-CARoleService [-Path] <String> [-Force] [-Incremental] [-KeepLog] [-Password <SecureString> ] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: Database
Backup-CARoleService [-Path] <String> -DatabaseOnly [-Force] [-Incremental] [-KeepLog] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: Key
Backup-CARoleService [-Path] <String> -KeyOnly [-Force] [-Password <SecureString> ] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Backup-CARoleService cmdlet backs up the certification authority (CA) database and private key information to a specified path.

パラメーター

-DatabaseOnly

Indicates that the cmdlet backs up only the certification authority database.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Force

ユーザーの確認を求めずにコマンドを強制的に実行します。


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByValue, ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Incremental

Indicates that the cmdlet performs incremental database back up.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-KeepLog

Indicates that the cmdlet does not truncate database logs.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-KeyOnly

Indicates that the cmdlet backs up only the CA private key and certificate.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Password<SecureString>

Specifies a password, as a secure string, to protect private key and certificate information. To obtain a secure string, use the ConvertTo-SecureString cmdlet. For more information, type Get-Help ConvertTo-SecureString.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Path<String>

Specifies the directory to which the cmdlet backs up the CA database and private key. If you back up the database, the cmdlet creates a new subdirectory named Database that contains the database backup. If you back up the private key, the cmdlet writes the private key to a .p12 file in the Database subdirectory in the path that you specify.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

2

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByValue, ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

Example 1: Back up the CA database and private key information

This command exports the CA database and private key information to the specified path.


PS C:\> Backup-CARoleService -Path "C:\CABackup"

Example 2: Back up the CA database only

This command exports the CA database to the specified path. The command does not back up the CA private key information.


PS C:\> Backup-CARoleService –Path "C:\CABackup" –DatabaseOnly

Example 3: Back up the CA key only

This command exports the CA private key information to the specified path. The command does not back up the CA database.


PS C:\> Backup-CARoleService –Path "C:\CABackup" -KeyOnly

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: